落ち着いた大人になろう!

旅行やら映画やらの独り言

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

2017-01-04 21:54:58 | 映画


会社の男子が「面白かった!」と大絶賛!
中には「いやあ、まさか○○とは思わなかった!」と、しっかりネタばれした奴がいた。そいつには、ちゃんと「馬鹿野郎!」と言いました。



で、観て納得。これは、昔の、白黒の時の、戦争映画の作りです。もしくは、白黒映画の西部劇。これは男の子、喜びます。
男の子が大好きな、正統派ヒーローではない、ローグ達の戦友の物語りだ。



だからね、そんな結末なんだね。恋も良い想いも何も知らないまま・・・。「ディープ・インパクト」の父と娘みたいだったなあ。

残念なのは、イケメンが一人もいない事だ。



個人的には「ええっ~!ピーター・カッシング!」だったんだけど、似た姿勢の役者さん+CGですかあ。なんと言う世の中でしょう。かと、思ったら、CGかと思ったレイア姫は、スゥエーデンの女優さんかあ。後姿のシルエット、違ってたもんなあ。
反乱軍の惑星は、前はパレンケの遺跡の遠景をそのまま使ってたけど、今回はCG処理。
もちろん、R2-D2とc3-poにも、レイアの育ての父親にも気が付いたさ。



まあ、天寿を全うするのが難しい、A long time ago.

でも、これで、暗殺も厭わない過激組織一派は一掃できて、反乱軍としては、エピソードⅣに繋がっていくので、メデタシ・メデタシなんでしょうかねえ。



でさあ、私、今回も出てた反乱軍のショートカットの顔長めの女の人が、「(デス・スターの)設計図を手に入れるために、犠牲がありました」と言って顔を曇らせるシーンを、絶対にエピソードⅣで観た気がしてたんだんだよ。だから、なんとなく結末も予想してたんだ。
なので、家に帰ってから、エピソードⅣを観たんだが、R2-D2やレイアを助けたルーク達が、パレンケの遺跡の反乱軍に戻って、レイアがまだ下っ端でその他大勢の反乱軍と一緒に座ってて、ショートカットの女の人のそのシーンがあると思ったら、ない!
いきなり、パレンケの遺跡から、米軍の戦略説明会議みたいので、すぐ出撃。
ええっ~?
私が覚えてるシーンは?
ローグ・ワンの予告編だったのかなあ?
デジタル編集版と、劇場公開版のDVDを見直したけど、そんなシーンはなかった。劇場公開のVHSテープまで見なおしたよ。
ないよ~。私は何を覚えてだんだあ?



まさか、キャリー・フィッシャーが死んでしまうとは。
ペラペラ、言わなくてもいいSW裏話をしゃべり過ぎるから・・・。なんてね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ファンタスティック・ビー... | トップ | 「バイオハザード:ザ・ファ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。