落ち着いた大人になろう!

旅行やら映画やらの独り言

「ライフ」

2017-07-17 21:11:05 | 映画
ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソン、真田広之が出てるのに、B級SFサスペンスと評価が悪い作品だ。



ストーリーは、ほぼ「エイリアン」と一緒。「エイリアン」は地球に連れて帰るのが真の使命だってけど、こっちは頑張って阻止するぞ!の違い。
ただ、まどろこっしい。クルーも、所詮、80億人のバカの仲間だ。なんで、そこで、そんな事を・・・。
ホラーとしても「カルビン」に襲われる恐怖、次は誰?的な怖さもないなあ。
テキパキしてなくて、ドキドキも、ましてヒリヒリ感もない。



まあ、ラストはニヤリとさせられるけど。

国際宇宙ステーションの中の暮らしぶりは面白かった。



実際、ワイヤーで吊るして撮影したらしいが、無重力感が凄い! 
確かに、あそこに数日いただけで、筋肉が衰えるなあ、というのが良く分かる。
実際の宇宙飛行士の訓練で、プールで、スキューバーダイビングをするというのがあるあらしいが、確かにダイビングの移動に似てる。
あと、人種のゴチャゴチャ感とか、実際、あんな感じなのかな?



「カルビン」が火星で採取されて、地球の周りをまわってる国際宇宙ステーションが舞台というのは、考えると身近で怖いな。
まして、一部の人間しか隔離のレベルが高い時の対応を知らされてなかったとは。
映画は怖くなかったけど、題材は十分起こり得る内容だよなあ。

で、あのソユーズは無人だったんだろうか?
真田さん、子供が生まれた役には、やっぱり年を取ってるよなあ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「パイレーツ・オブ・カリビ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。