落ち着いた大人になろう!

旅行やら映画やらの独り言

GW 厦門4日間 その3

2017-05-18 23:06:13 | 旅行記・中国
5月3日(水)その2

②環島路散策

次に、島に戻って、なんとなく1周して、島の西側、台湾・金門島側へ。お金持ち中国人のためのリゾート地だ。道路の植樹がすっごいきれいだ。
【散策】というか、ちょっとだけバスを降りる。

↑6キロしか離れてない、台湾の小金門島へのアピール看板。

道はレンタサイクルが完備され、ジョギングする人もいれば、ビーチではバギーのアトラクションももある。
が、観光客目当てに揚げ菓子を売るおじさんもいる。
 

③シルク店でのショッピング
まあ、しょうがない。と思い、大きな建物に入っていったんだが、売ってる商品が3万円以上する、綿の代わりにシルクが入っている外布もシルクの掛布団のみ。
しかも、ショーのように商品を説明するお兄さんは中国語しか話さない。ので、現地ガイドさんが通訳。
この店のターゲットは裕福な中国人団体観光客みたいだ。


④厦門料理の夕食

まだ、厦門時間で17:30だけど・・・。まあ、朝早くて、昼も機内食だったから。

 
こんな感じで、なじみのある料理ばかり。
下の写真は、鶏肉の蒸したものと、湯葉。今から考えると、ここが一番美味しかったかも。
ビールは小瓶が10元。150円位。
でも、ここの店、本当は店の中で材料を見ながら、注文するパターンらしい。
 
なかなか、美味しそうでしょ。個人のグループで来たら、美味しくて楽しかったかも。
ここもそうだけど、厦門って、取り皿を1枚しかくれなくて、頼んでも断られるんだよ。ちょっとビックリ。

⑤ホテル:金威大酒店
チェックインはパスポート提出。現地ガイドさんがやってくれたけど、時間がかかった。部屋に入れたのは19:00頃。




 
この部屋ツインで個人で取れば6千円位。コンセントはマルチタイプで、USBもあるよ。Wi-Fiはパスワードなしで使い放題。
ただ、中国というお国柄、ラインはできない。まあ、こんなもんでしょ!というホテルでした。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GW 厦門4日間 その2 | トップ | 「スプリット」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。