ツイッターでご紹介下さい!

★↑クリックでツイート★

フォローお願いします!


まずは、お友達から!



毎月第2・4金曜 午後6時半

Satoru SUZUKI


↑↓毎日の習慣1クリック!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑こちらも!にほんブログ村

ご意見をお聞かせ下さい!

気になる記事を探す

さとるをさとす!

気になるリンク

気になるカレンダー

気になる募金



気になる木


楽しい静岡つくりましょう!

ありがとうございました!

第三者機関を設置し、一票の格差是正と政令市選出県議会議員のあり方見直しを

 余り注目されていませんが、3月19日の閉会日に向け、約1年後に迫った県議選における選挙区割りと定数のあり方を巡る協議が大詰めを迎えています。  我が会派としては、衆議院小選挙区における1票の格差が2倍を超えるものは違憲状態という判断が最高裁判所の判決で出されている以上、県議会においても格差を2倍以内にするべきと考え、一部の選挙区の合区と定数の削減をこれまで主張してきました。 ※平成25年1 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加


一歩前進なるか!?広報委員会

 前述しましたように、決算特別委員会が始まった10月29日に、本年度2回目の広報委員会が開催されました。 ※平成24年度都道府県議会広聴広報予算一覧 ※都道府県議会における委員会インターネット中継の実施状況一覧  事前に意見を書面で提出しましたのは私だけでしたので、前述のように6点の意見について説明をしました。  厳しい財政の中、議会の広報におきましても、効率化すべきところは徹底して行 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加


改革なるか!?広報委員会

 10月29日に、平成25年度第2回静岡県議会広報委員会が開催されます。  実はこれは大変?画期的なことです。以前にもお伝えしましたが、現時点での静岡県議会の広報活動や広報委員会は、事実上、県議会事務局に丸投げの状態であり、議員から構成される広報委員会は、例年、年度初めと年度末の計2回しか開催されていません。  それはおかしいということで前回6月の委員会で意見を述べたところ、私の想いが通じたの . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加


議員の怠慢:広報委員会の「丸投げ」

 本日(28日)、6月県議会が開会し、本会議、建設委員会の後、本年度、会派を代表して委員を務める広報委員会に出席致しました。  県議会での広報は、年間5千万円弱の予算を用いて、県議会のホームページ、「県議会だより」の発行・配布、親子県議会の開催等を通じて行なわれています。そうした広報の年間計画等を決めるために、本年度最初の広報委員会が開催されたのですが、私は2点について提案・問題提起を致しました . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加


一身上の都合により…

※議会運営委員会資料(私の汚いメモ付き)  明日(17日)、1日だけの臨時議会が開会します。その議事順序を確定するための議会運営委員会が本日開催され、私はどうしても都合がつかない同僚議員に代わって出席しました。  明日の臨時議会は新年度最初の議会ということで、例年通り、常任委員会、特別委員会、議会運営委員会、県の監査委員(議員から選出される委員)等の新メンバーを決めるものですが、中心の議題は . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加


あるべき定数削減とは?-議員定数に関して

 ついに衆議院が解散される方向となりました。そのきっかけとなった14日の党首討論では、解散の条件として、野田総理は、一票の格差是正のための「0増5減」と共に「比例区における40減」を遅くとも来年の通常国会で実現することを主張し、自民党側もそうした削減の実現に向けて全面的に協力することを約束しました。  昨日も定数削減(静岡県職員)について述べましたが、定数削減はあくまでも手段であって目的ではあり . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加


アリバイ作り?これでいいのか決算特別委員会!

 9月議会は既に閉会しましたが、閉会中も随時、特別委員会等が開かれています。昨日(24日)から、本年度は私も所属している「決算特別委員会」が本格的に始まりました。また明日(25日)には、同じく私も委員である「食の安全・安心推進条例検討委員会」が開催されます。 ※10月25日静岡新聞記事   ※本日(10月25日)の決算特別委員会(教育委員会の決算に対する質疑)  決算特別委員会とは、昨年度 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加


再び問う!議長、副議長は何故1年で辞める!?

 明日(17日)、1日だけの臨時議会が召集されます。議題は、常任委員会、議会運営委員会、特別委員会の委員長及び委員の選出、県監査委員の選出、等がありますが、中心は、議長、副議長の選出です(だと思います)。その議長・副議長選に際し、私の所属する民主党・ふじのくに県議団では、①副議長は第2会派から選出すること、②中立性を担保するため、議長・副議長は所属会派から離脱すること、の2点を、5月10日、最大会 . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加


議長、副議長は何故1年で辞める?

 5月20日に召集された臨時議会では、議長、副議長を決める選挙が行われ、我が会派は従来からの主張である「議長は第1会派から、副議長は第2会派から出すべき」という方針に従って、議長には第1会派の自民改革会議が推す植田徹議員、そして副議長にはこれまで我が会派の会長を務められた三ツ谷金秋議員に揃って投票しました。結果はご承知の通り、副議長についても同じく自民改革会議の鈴木洋佑議員が選出されました。   . . . 本文を読む

この記事をはてなブックマークに追加