リリカルな日々

いろいろな出来事に対して、自分なりに感じ、考えたこと書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

兄弟の話

 | 我思う
私には7歳年上の兄と、3歳年下の妹がいる。つまり、私達は3人兄弟。
共働きの両親の元、ずっと3人それぞれがお互いをカバー、フォローしあって育ってきた。

と言うわけで、大人になったいまでも私達は仲が良い。
これも、兄弟だけでいろいろな危機を乗り越えるなどして培った絆の深さというものだろう。

特に、7歳上の兄は昔から頼りがいのある人だった。
ある雪の日。幼稚園の帰り道、隣に住むおばちゃんと幼馴じみのカズ君と、腰まである雪道をかき分け家路を急いでいると、200メートル先に兄の姿が見えた。
今考えると、当時中学生だった彼は、テスト週間で早く帰っていたんだと思う。
兄は私を見つけると「みゆきー!待ってろよー!」と叫び、大またでガシガシと道なき道を走って迎えに来てくれたのだ。
子どもながらにその姿は頼もしく、涙が出るほど嬉しかったのを覚えている。

また、こんなこともあった。
晩秋のある寒い日。どういう理由でかは忘れたが、母が私と兄を自宅において、再び車で出かけてしまった時があった。
しかし、家中の鍵は閉まっており、母を呼び戻そうにも、車は走り去ってしまったあとであり、さらに今のように携帯電話はなく、兄と私は見事に「閉め出され」てしまった状況に陥ってしまった。
途方にくれ泣き出しそうになっている私とは反対に、兄は笑いながら「参った」という表情をしながらも、冷静にもう一度家中の鍵をチェックしに動いた。
幸いにも、テラスの上にある小さい小窓(空気の入れ替えの為にあけてたようである)がひとつ開いてるのを兄は発見した。しかし、窓は横に細長く高い位置にある。
どうするのだろうと考えていると、石油タンクに足をかけヒョイッと登った彼は、それを足場にして細長い窓に入っていき、そして、中からテラスの戸をあけて私を家にいれて事なきを得たのだった。

そう。彼はいつもいつも私のヒーローだった。

現在、兄は39歳になり、ヒーローというにはかけはなれた、ビール太りしているただの中年男になった。

しかし、盆と正月には必ず帰ってきて、親達にさりげなく大金を置いていく兄。
仕事上、転勤族で日本各地を転々とせねばならず、親のことを私達に任せてしまっていることをいつも謝っていく兄。
定年を迎えたらこの田舎に帰って、実家で住むのが夢だと言っている兄。
離れていても、私達妹のことを気にかけてくれ、前向きな助言で背中を一気に押してくれる兄。

やっぱり彼はカッコイイ。

今でも私のヒーローは兄なのである。

※次回は妹の話をしたいと思います。

コメント (37)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

どたばた育児日記②

 | 我思う
さて里帰りより息巻いてアパートに戻ってきた私。
実に40日ぶり。広い実家で過ごしなれてたせいか、アパートの部屋がおもちゃに見える。決して新しいわけでも、おしゃれでもないアパート。でも、私を迎え入れてくれたなんともいえない部屋の匂い。そして、見慣れた家具。なんだか、ずっと旅して帰ってきたときの「安堵感」が私を包む・・・。
「やったー!これから、私と旦那と子供と3人。笑顔の絶えない家になるんだ!これこそが幸せっていうものなのね~!」なんて思ってた初日の私。今思えば、なんて夢見る少女ちゃん。

勿論、現実はすぐにやってきたのである。ここからが、本当の育児の恐怖。
アパートに戻ってまもなくの、初夏のわりには暑かった日のこと。
その日は、我が子が朝の授乳でかなりの量を吐いて衣服を汚したため1回目の着替えをし、さらにウンチがおしめからもれて2回目の着替えをし、急にやってきた暑さに加え、私のイライラは最高潮に達していた。
そんな精神状態のまま、昼の授乳になったときである。我が子が「絶対飲まない!」と言わんばかりに舌で哺乳瓶を押し返してきた。

1ヶ月健診の際、周りの子供に比べてスリムだった我が子。そして、ミルクの量がたくさん飲めない我が子。更に今日は暑いし、脱水症状を防ぐためにもせめて最低いつもの量だけでも飲んで欲しい。そんな親心で、一生懸命「飲む気」のない彼女をいろんな手を使いつつ、授乳させてラストスパートに差し掛かった頃。
「オエッ!オエッ!」とえづきはじめたかと思った途端、彼女の口から、ミルクが大放出!さながら、銭湯にあるお湯の出口のライオンのようにガーッと吐いたのだ。

そこで、ついに私は「キレた」。まだ、何も解らない乳飲み子に向かって「バカ!」を連呼しつつ、半ば乱暴に3回目の着替えをしてたとき。「罰として、この子を裸ん坊にして放置しておこう」という考えが浮かぶ。一瞬そんなこと思いついた自分に面食らったが・・・・やってみた。
裸ん坊の我が子。おしめ一つでどうしていいかわからず空を仰いでいる。30秒も経たず、可哀想になって衣服を着せてあげた。
うーん。これが児童虐待したくなる母親の気持ちというものか。そんなことを考えつつ、事件にならなくてよかったと心の中で冷や汗をかいた。

その後、一応反省して心機一転育児に取り組むのだが、やっぱり感情が高まると性懲りもなく私はキレ、ティッシュを子供に投げつけたりという事件を経たりしつつ、やっとこ彼女も無事4ヶ月を今月迎えることができた。

本当に今振り返ってみると、自分でも驚くほど酷い母親っぷりである。
しかし、我が子は最近、夜には私がいなければ寝付けれないと大泣きしたり、台所に立つ私と目が合った瞬間微笑みかけるなどしてくる。

こんなんでも母親と認めてくれる彼女に本当に感謝、そして今頃になって愛おしさの増すこのごろである。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

どたばた育児日記①

 | 我思う
さて、あのすさまじい出産を終えた後に待っていたのは、24時間休む暇のない「育児」という仕事。

育児。それはそれは、地味な作業の繰り返し。授乳・オムツ替え・授乳・オムツ替え・洗濯・・・・。よく、出産終えた女性はその後の育児の「寝不足が辛い」というらしいけど、何より私が一番辛かったこと。それは、終日、寝間着に近い汚らしい姿に、髪をひっつめ、コンタクトも入れる暇なく眼鏡ですごす自分の姿!

これには本当気が滅入った。世の中、春から夏へ向かう季節。花々は咲き乱れ、お祝いを持ってきてくれる親戚は、すでに半袖・サンダルというスタイル。かたや、私は
見た目より、機能性を重視した、季節感も関係なく伸縮性の富んだ衣服を身に纏っている始末。生む前まで、妊婦らしからぬおしゃれを楽しんでいただけに、このギャップは自分でも情けなかった。

更に、産後の体ということで、制限される行動の数々にもかなりダメージをくらった!産後は実家に身を寄せていた訳だが、気晴らしに新聞読もうものなら「目が腐るから読むな」PCやろうものなら「正気か?」みたいなことを母親に言われ・・・「じゃあ、私の気分転換はどこで諮ればいいんだ~!のプチストレス状態。そして、実の親子だけに双方の間には「遠慮」という言葉が存在しないので小さい衝突を繰り返す日々。もう!アパートに帰りたい!と、何度、旦那に愚痴撒いたことか・・・。

想像はしていたが、こんなにも、私の時間や、自由がないなんて・・・。出産を経ても、相変わらず自己愛の強い自分が居る事に驚くと同時に、育児って大変なんだと、遅まきながら感じていた私なのであった。

しかし、今思えば、それは、まだまだ序章にすぎなかったわけで。
アパートに戻ってからが本当の恐怖だということを、私はこのとき知る由もなかった訳である。
というわけで、次回につづく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰しておりました。

 | 我思う
私事ですが、去る5月7日。2,972gの第一子となる女の子を出産しました。
初めての出産という経験。いや~、実に貴重な経験でありました。

しかし、出産というものがこんなに「しんどい」とは思わなかった!
時間が経つごとに増す、すさまじい陣痛の波。ドMの私でさえ、あの陣痛はキツかった~。(まさか自分も三十路にしてあんなに何度も「痛い!」を連呼するとは思わなかっただよ・・・。)そして、やっといきめる時がきたと思いきや、赤ちゃんって簡単に出てくれないのね~・・・。自分が壊れるー!無理~!と心の中でなんどもくじけそうになりながらも16時間という時間を経て、なんとか一つの命を世に送り出すことができました。

そんな我が子も、先日無事3ヶ月となり、だいぶ生活リズムを掴んでくれるようになりました。また私自身やっと育児に慣れてきたということで、やっとブログを書く余裕もできた次第です。という訳で、しばらくご無沙汰してしまっててすみませんでしした。ちょくちょくコチラに足を運んでくれてた方には本当申し訳なく思っています。今後は余裕を見つけつつコツコツ更新できたらいいと思ってます。

なお、我が子の命名に関しては、両親共に画数が悪いため、我が子だけは良い画数を!という思いが強く、ネットを使って何度となく試行錯誤した結果、「奏詠(かなで)」と名づけることになりました。名前のあらわすがごとく、人生を詠い奏でるように、しなやかにたおやかに生きていって欲しいと思っております。

しかし、こんな私が母親なんて・・・未だに、一つの命を育てあげなければならないという責任の重さに時折押しつぶされそうになっておりました。そして、私のどたばた育児に関しては、またの機会に書き込むことにして、今日はこの辺で・・・。

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

またまた発見②

 | 我思う
しかも、スニーカーの入っていた箱には、コテコテな中国人の男女の絵。
古い・・・。デザインといい色合いといい、なんか懐かしくて鼻の奥がツンとしてきます。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

またまた発見

 | 我思う
見つけました!再びB級な一品のご紹介。
先日、とある大型スーパーでやってた「在庫処分市」のコーナーにてこれを発見。
世界的に有名なスポーツメーカー「○ーマ」風スニーカー。
相変わらずマークのシルエットにシャープさが欠けていたり、かかとのマークの縫製がいい加減なあたり、B級の匂いをプンプンさせている。
勿論、生産元はパクリ大国「IN CHINA」!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

産休突入

 | 我思う
しばらく更新もしないでいるうちに、なんと妊娠9ヶ月を迎えている私。
来週はいよいよ臨月!それに伴い、昨日から産前休暇というものに入ったわけである。結婚して3年。初めての自由な時間に戸惑いつつも、私がとった行動・・・・それは掃除。
この産休中は、日々気になりつつも、なかなか手がつけられないところを掃除していくことを目標のひとつに掲げることにした。

早速今日は手始めに冷蔵庫をやっつけてみた。兼業主婦として家事をいかに犠牲にしてきたか如実に物語る汚さに驚く。そしてみるみる綺麗になっていくさまに感動すると共に、こんなのもあった、そういえばあったなんて思う食品の出現のオンパレードに、まるでお宝発掘気分!そしてモノが使いやすくすっきりしていくのって本当に楽しく、いつもこの状態をキープしていこうと心にきめていると、次に宅急便屋さんがやってきた。

なにせ日中不在が当たり前の我が家。おかげでいつも再配達しなければならなくなる羽目の彼は、「どうせ今回もいないだろう」って思いながらチャイムを鳴らしていたのだろう。今日は元気よくドアを開けた私にかなり不意をつかれて驚いていた。そしてひとつ仕事をこなし終えた彼は素敵な笑顔を浮かべて次への仕事へと向かっていった。そんな彼の後姿に「いつもすまんねぇ」と謝りつつ、ちゃんと正規の時間帯にモノを受け取ることの健全さに感動した。

というわけで、専業主婦の気持ちを知った今日。なんだかとても新鮮だった。他人と接点のない分ストレスもないし、何より生活リズムが健全だ。今更ながら、子供にとっても良い胎教だ~なんて思っていた。・・・・が!何故か夜に胃に激痛をもよおしてしまった。ちょっとした心理的不安があるとすぐに胃に症状がでてしまう私の体。情けないことに今日一日、自由を満喫しているつもりでも、頭の隅では残してきた仕事の事を常に考えてしまっていたことからきた胃痛。やっぱりか・・・。

今回のことで明らかに分かったこと。どうやら私はセレブな生活とは縁遠いらしい。多少家事を手抜きしつつも、考える暇もなく忙しくしていたほうが私の性格にはあっているようだ。子供も産まれれば、必然とあわただしい日々になると思うので、どうにかこの1ヶ月、今の自分を楽しめるような日々にしたいものである。

かくして産休中の2つ目の私の目標に「自由を謳歌する!」が加えられたわけである。さてさてどうなることやら・・・?
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

参りました!B級品!

 | 私の中の美意識
B級。なんて素敵な響き。
何を隠そう、私B級な匂いのするモノが大好きなのです。
突然ですが今日からシリーズで、私が見つけたB級なものをシリーズで紹介していきたいと思います。

さて、B級の良さはなんといっても、A級の持つネームバリューに便乗して、殆どそっくりな商品を作ってしまう潔さ!それってうちのパクリじゃない?と本家会社にいわれたら「はい、あまりに良い商品だったのでパクッてしまいました。」と言わんばかりのプライドの低さが素晴らしい!

先日、実家へ帰ったらば大塚製薬の「オロナミンC12本セット」が置いてあった。ちなみにうちの母親は、オロナミンCが安いとなれば買いだめて置く習慣がある。
が!しかし!なんか、どうもパッケージに違和感を感じてよくよく近づいてみてみると、なんと!「ミンナミンC」とかいてあるではないか!
慌てて母に報告すると「え?オロナミンCじゃないの?」と本気で驚いていた。
ためしに飲んでみることにしたのだが、味は限りなく「オロナミンC」に近い!
しかも、パッケージに書いてあるキャッチフレーズも憎い!「ミンミンみんなのミンナミン」。う~ん!やるな!ミンナミン!私はすっかりミンナミンCの、いや、B級のもつ貪欲さに感心してしまったのだ。

「法にギリギリふれてしまうのでは?」と思わず心配し、でもついつい応援したくなってしまうのは、きっとB級ならではの悪意のなさだと思っている。
「だって、うちも業績伸ばしたいんだもん」という無邪気な気持ち。思わず笑ってしまうけど、これってすごく本音でしょう?誰だって持っている素直な気持ち。

いうなれば、私はB級の持つ正直さに惚れたのだと思う。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

理解できない人 その①

 | 怒れる事
できれば、かかわりたくない苦手だな~と思う客でも、自分自身の好き嫌いで相手を選べないのが仕事というもので、また、給料というものは、実際の労働に対する評価よりも、精神的苦痛に対して払われる割合が大きいと、私は常々思っている。
そして、これから「母親」になる立場にあるものとして、自分は絶対「バカ親」にはならない!と強く思った出来事があったので、是非ココに書き留めておきたいと思う。

私の仕事は、「母親」と言われる人たちとかかわることの多い仕事で、働く女性を支えるために、子育てに関してボランティアで手伝える人を紹介してあげる場になっている。しかし、紹介する相手の方々は、あくまでも仕事ではないので、「母親」の方々の希望・要望に100パーセント応えられないこともあるという、「人の善意と、理解により成り立っている」少し独特な仕事だ。そのシステムを理解した上で、仕事と家庭の両立を図る為の「ひとつの手段」として、国や行政の行う子育て支援事業、民間の保育園施設・団体等とうまく調整しながら利用していただきたいというのが、私たちスタッフの思いなのだが、中には全ての子育て支援団体・施設に勝手に不信感をもって「最後の頼みの綱」といった具合に、「私の願いは、完璧に対応してくれるんですよね?」といわんばかりの目つきで来所する方がいる。はっきりいって、こういう人がやっかいなのだ。
こういう人たちは、きまって保育園や、行政の対応の不満をだらだらと述べ始める。自分中心にしか考えていないからこそ発生する不満たち。原因は自分にあることを全く気づいていないその姿に、私は、無駄なことにエネルギーを使う人たちだな~と、話をきき相槌を打ってあげながらも、冷ややかに静観することに徹している。そして、その類の方たちは要注意人物として、チェックされる運命になる。というのも、いずれ、私たちの仕事にも間違いなく「クレーム」をつけてくるに違いない人だからである。

数ヶ月前にも、そんな母親が来所した。相変わらず全てのことに不満たらたらの人で、「何事もなければいい」と思っていたのだが、やはり彼女が「クレームマン」に変わるその日はやってきた。そして、最悪なことに彼女の対応に出てしまったのは私だったのだ。
彼女がいうには「仕事が変わる予定で、今日新しい所の面接にいったら夜9時までの仕事が入るかもといわれた。だから9時以降に子供を迎えに行ってくれるボランティアを紹介してほしい」というのである。確実に、新しい面接先の仕事が決まったわけでもないのに、更に、彼女の子供の行く保育園は夜10時まで対応してくれる所なのに、更に、彼女にとってベストな人は以前紹介しているはずなのに・・・と不思議に思いつつ、現在あなたの望みに対応できる人は、既に紹介しているほかにいないと断ったそのときである・
少しムッとして「別に距離にはこだわらないんですけど。あと、もっと他にもいてくれたら助かるなと思ってと聞いてるんでるけど」と来た。間を取り持つ私たちとしてはボランティアする相手が負担になったり、不利になったりするようなことは極力避けていく義務がある。そこで、「以前紹介してある人に、状況が変わった旨を相談してみてからお考えになっては?」という対応したことが彼女には面白くなかったようだ。何が彼女の逆鱗だったのさえ分からないうちに、一方的なクレームがはじまった。何を言っても聞く耳持たず、「貴方たちは、私の要望を聞くためにいるんじゃないんですか?!私の希望に沿ったことしてくれないと、この事業も意味ないのではないのですか?」という捨て台詞を吐いてきた。口調はいかにも品よく振舞っているつもりなのだろうが、コミニュケーションのとれなさにかけては天下一品。そして、最後にはお得意の、クレームマンの常套句。「あなたの上司を出してください!」ときた。幸い、スタッフ一同「あの母親は少しおかしい人」という認識があったので、上司も理解してくれ、お咎めは特になかったのだが、クレームを一方的につけられた私としてはなんともいえない不快感だけが残ったのである。

しかし最近の母親っていうのは、「子供」を盾に使い、自分の権利ばかりを主張してくる人が本当に多い。これも、少子化に歯止めをかけなくては!と焦ってる国の足元を見ている輩が多いからではないかと、私は推測している。「産んで欲しければあれもこれもしてくれて当たり前よね!」という舐めきった考えの女たちがはびこり、また、「子供は宝」という言葉を履き違えている母親が増えている結果、金属バットで子供に親が殺されたり、親が子供を殺したりという、おかしな事件が増えているのではないだろうか。私は強ち違わないと思っている。

先日大型掲示板を見ていたら自分の子供が、少し太めのママ友に『ブタ!ブタ!』と指差して言ったのに対して、ママ友が『え?ブタって私のこと?ひどいなー!でも、君もブサイクだよ。でもそこが可愛いけどね♪』といいながら自分の子供のほっぺをつまんだことに対して「ひどくないですか?」と同意を求める書き込みをしていた人がいた。あまりの「バカ親」っぷりにレスを楽しみに読んでいたら、案の定「貴方のしつけがなってない」「あなたの子供が最初に種を撒いたのでしょ?」と、非難を浴びていた。あたりまえだ。こういった理解不能な思考の持った親達が、異常な速度で増殖していることに恐怖さえ覚える書き込みだった。

最後に、世の中の母親に対して私は言いたい!
甘えるな!調子に乗るなよ!当然の権利がごとく、他人に子供の育児・教育を依頼するくらいなら子供を産むな!子供を育てる基盤となる人は親だろうが!
そして、子供には躾をちゃんとしろ!ちゃんと叱れる親になれ!





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮による今回の件に思ったこと

 | 我思う
いよいよ北朝鮮が無茶苦茶な愚行に出た。それに伴い、改めて私たちの平和について思ったことがあったので、ここに書きとめておこうと思う。

常々、世の中のいざこざや、事件を見て思う。原因は人間そのものの、想像力の低下によるものではないかと。
自分が相手の立場だったら・・・もし、自分なら・・・・という想像力が現代にはかけているのではないかと思うのである。

このあいだ、美容院に行った際も、それを感じた。
二十歳そこそこの娘にブローしてもらいながら会話をしていた時、私の住む街は繁華街が空洞化しており、活性化するにも道が複雑で整理しにくいという話になった。その話に同意してくれた女の子が相槌に言ってくれた一言が「いっそのこと誰か、原爆でも落としてくれないかな」。

残念だが、戦争をしらない世代とは言え、あまりに不謹慎すぎる発言に、怒りを通り越して、哀しくなった。たとえ、深い意味のない発言だったとしても、謝ってすむ問題ではない。

これが実際に、被爆した人が聞いたらどう思うのか。たとえ、被爆した人が、既に亡くなっているとしても、絶対に聞かせたくないし、聞いて欲しくない言葉だった。
唯一の被爆国の国民でありながら、まるで自分に関係ないとばかりに、あっさり失言してしまい、さらに、それに気づいていない姿にがっかりした。

かたや、独裁者を生み出してしまったドイツでは、学生たちは皆「ヒットラー」を生んだ過去を恥とし、おなじ過ちを繰り返さないためにも、過去の歴史を自分たちなりに調べ、何がいけなかったのか自主的に話し合うという時間を設けているというのに。

美容室での娘のように危機感もなく、平和が当たり前すぎて、自分の今の生活がいつ終わるかもしれない・・・という想像すらしない、できない世代を生み続けている日本は、今後どうなるのだろう。

言いたいのは、「平和」は、一人一人の願いの上でしか成り立たない、大変脆いものであるということ。第二次世界大戦後61年ものあいだ平和を保ってきたのは「奇跡」なんだということ。

平和の命綱とは、まさに人間の想像力だと言っても過言ではないと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加