虫のメガネ

虫はモノがハッキリと見える訳ではなく動くエサや敵が見えるだけ 虫に眼鏡をかけて... 少し視点を変え日常を眺めてみました

2017年4月 今庄宿から鍋倉山Ⅰ コブシの路

2017年04月20日 | Weblog

4月14日(金)快速・普通列車を乗り継いで南越前の今庄宿へ行く

朝5時33分に久宝寺駅を出て大阪駅6時18分発米原行京都駅7時発近江今津行
近江今津8時13分発福井行というふうに乗り継いで9時2分に今庄に着く

若い時からこんな風に普通の列車を乗り継ぎながらの旅行が好きだったなあと思う

昨年は娘の嫁いだ鯖江に行く途中で車を駅前に置いて新羅神社から燧ヶ城跡へ散策したが
今年は美しく整備されたJR今庄駅から鍋倉山へと行く










宿場町を行くとシンボル昭和会館がある








古い建物も多く保存されている







昭和天皇もこられたという公徳園







さすがに雪国だけあって道路には融雪用の水栓が設置されている








古い町並みを味わいながら村はずれへと行く








宿の入り口にある八十八カ所霊山「弘法寺」参道のスミレ









ここからいくつもの地蔵が見守る参道を行く






お地蔵様の辺りでカメラを斜面に落とす








1時間程斜面の木に捕まりながら捜索してようやくカメラを発見した
体力の半分くらいを使い果たしまあいつものことだと今庄宿を見渡す








まだゆったりとした路を行くとコブシの花が現れた




































なんかノンビリとした北国の春をコブシの花を愛でながら行く




TO BE CONTINUED





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年4月 伏見運河で... | トップ | 2017年4月 今庄宿から... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む