3C三昧

カー(Car)と、カメラ(Camera)と、クッキング(Cooking)
ワゴンRで車中泊

久しぶりの車中泊は、噴火2年目の御嶽山と赤そば畑

2016年10月01日 | 旅行記

このところ天気もちょっと一段落しそうなので、久しぶりに車中泊に出かける事にしました。
この秋にはもう一度裏磐梯へ出掛けたいと思っているので、その下準備として装備の使い勝手の再点検というわけです。

日曜日の午後に出発して中央高速道路へ入り、御嶽山まで行こうと思いましたが、暗くなってしまうので恵那峡SAで泊することに。
最近は安全の為、知らない下道は夜は走らないことにしました。カーナビが付いていても、疲れ方が全然違いますもんね。
夜の気温は25℃で全然寒くありません、むしろ車の中はちょっと暑いくらいで、網戸は無いけれど扇風機が役に立ちました。

次の日は、御嶽山ロープウェーまで行きました。天気は曇り、人は少なく空いていましたので、ゴンドラに一人で乗って山頂駅へ。
そこから歩いて、7合目山荘まで行ってみました。もう噴火した日から2年が経つのですねえ。鎮魂の祈りをして、戻ってきました。

この場所は海抜1600mですが、まだプチプチの破裂した音を聞かないので安心していると・・・、え?リアドアが開かない。
レバーを操作しても、スカスカでロックが外れる様子がないのです。やばい!

1.恵那峡SA8 2.RW乗り場8 3.7合目山荘8

ここからは次の目的地の、箕輪の赤そば畑に向かいます。カーナビに従って走りますが、どこにいるのか全然わかりません。
それでもちゃんと着きました。赤そばは見頃でしたが、先日の台風でだいぶ倒れたり痛んでいるものも目に付きます。

ここまで来たので、伊那の赤そばにも行ってみようと思いましたが、時間的に今日は道の駅に泊まります。リアドアの確認です。
平地に下りて来てリアドアを開けると、ちゃんと開くではありませんか。こうなれば、とりあえずは支障はありません。

翌朝、伊那の赤そば畑へ到着しました。すると線路のそばに車がいっぱい停まっています。
これらは、鳥を撮る鳥屋さん達の車です。畑の周りにも、大きな望遠レンズ(通称バズーカ)のついたカメラと人が並んで居ます。
これでは絵にならないなぁと思いながら・・・、それでも何枚か撮って、天気も良くなったので、陣馬形山へ登ることにしました。

4.箕輪の赤そば8 5.伊那の赤そば8 6.鳥屋さんバズーカ8

陣馬形山山頂への道は狭い山道で、くねくねとしていますが前回来た時と車が違いますから、軽快に登っていきます。
キャンプ場は一部工事中でしたが、普通日というのに2組の家族連れが、ハイキングを楽しんでいました。
山頂からの展望は、今日も素晴らしい景色を見せてくれました。風もさわやかで、とても気持ちがよかったです。

ここでゆっくり昼食を食べたら、あとは国道153・151号線を南下して、自宅まで戻ります。
何処へ行っても、道がとても良くなったですねえ。とても走りやすかったですけど、そんな急がずに帰ってきました。

7.陣馬形山山頂8 8.飯島景観8 9.駒ヶ根景観8

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リアドアの断熱をする為に、... | トップ | リアドアが開かない原因が判... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL