ドゴン族の神話ー植物を植えて土地を浄化するのが人間の仕事

2016年12月28日 | 日記
マリのドゴン族の神話で、地球にいた神々が、
不浄の土地だからと天に帰ってさ、
植物を植えて土地を浄化するのを人間の仕事としたっていうんだよ。
どこの神話でも似たようなこと言ってるのだけど、
ドゴン族って神に一番近いっていう話も聞いたことあるから、
素直に植物植えよう!とみんなに言って回ってるわけで。

去年アメリカ旅行から帰ってきて、
日本?広島?の芽キャベツの品薄さに困って、
植えたんです。食べてやろうと思って。
待ちくたびれたよ。
もう3ヶ月経ったよ。
オーブンで焼いた芽キャベツとベーコンを、
TRADER JOE'Sのバルサミコ酢をかけて食べるの。
これがまた美味しくて、、、、

ちなみに手のかかるのも平気な人は、
安いバルサミコ酢にハチミツ入れて、煮ると、
トレジョくらいのおいしさになるだよ。

食べたい。芽キャベツ。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リー・スクラッチ・ペリーが... | トップ | ネクスタグって便利だな、これ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL