gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-07-29 14:45:34 | 日記
日両国関係』207頁、五洲伝播出版社
^ “韓日国交正常化50周年記念式”. 首相官邸 (2015年6月22日). 2016年10月19日閲覧。
^ 自民党新総裁・安倍晋三氏ってどんな人? 朝鮮日報 2006年9月21日(2008年10月1日 05:29時点のウェブ魚拓)
^ “安倍首相と韓国次期大統領は「特別な縁」 交流深く―中国報道”. FOCUS-ASIA. (2013年1月25日) 2017-01-002閲覧。
^ “安倍内閣総理大臣記者会見”. 内閣官房内閣広報室 (2006年9月26日). 2007年9月26日閲覧。
^ “首相、韓国への歩み寄り指示 世界遺産登録で採決回避優先”. 共同通信社. 47NEWS. (2015年7月19日) 2015年8月9日閲覧。
^ “外務省ホームページ「韓国との基本的価値共有」を削除”. 産経ニュース (産経新聞). (2015年3月4日) 2015年8月9日閲覧。
^ “極右”安倍首相を評価し始めた韓国 有力紙も編集方針変更(MSN産経ニュース2013年3月23日)
^ http://www.sankei.com/politics/news/151106/plt1511060015-n1.html
^ “日韓、初の防衛協力協定=機密共有を迅速化-北朝鮮に対抗”. 時事通信. (2016年11月23日) 2017年1月2日閲覧。
^ “安倍首相、北に対するテロ支援国家指定の解除に反対”. 朝鮮日報. (2007年2月23日). オリジナルの2007年10月13日時点によるアーカイブ。 2007年9月26日閲覧。
^ 安倍首相声明「厳重に抗議、最も強い言葉で非難」
^ “安倍総理、異例の国連演説 冒頭から北を名指し批判”. テレビ朝日. (2016年9月22日) 2017年1月2日閲覧。
^ “第166回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説”. 内閣官房内閣広報室 (2007年1月26日). 2007年9月26日閲覧。
^ 「日豪首脳、安保共同宣言に署名・EPAは4月交渉入り」日本経済新聞 2007年3月14付
^ 「日豪 安保で共同宣言 対北朝鮮、PKO連携強化 首脳会談」西日本新聞 朝刊 2007年3月14日付
^ 安倍総理のインド訪問(概要)
^ 「二つの海の交わり」 Confluence of the Two Seas(外務省)
^ 日印首脳会談 安倍晋三首相の9月訪印で調整 日米印の安保協力強化で一致 産経新聞 2017年7月8日
^ “歴訪中の安倍首相、コートジボワール大統領と会談へ”. 朝日新聞デジタル. (2014年1月10日). オリジナルの2014年1月10日時点によるアーカイブ。 2015年8月9日閲覧。
^ 「「法の番人」にも安倍色 法制局長官に小松氏」日本経済新聞2013/8/3
^ 「質問第九七号第190回国会(常会)2016/4/7
^ “非核三原則に関する質問主意書”. 内閣衆質一六五第一二五号 (2006年10月27日). 2007年9月26日閲覧。
^ “衆議院議員鈴木宗男君提出 非核三原則に関する質問に対する答弁書”. 内閣衆質一六五第一二五号 (2007年1月7日). 2007年9月26日閲覧。
^ “禁輸三原則「撤廃」も/武器輸出に新指針検討/安倍首相前向き/歯止めの議論不可欠”. 共同通信. (2013年7月24日) 2013年12月25日閲覧。
^ “武器輸出、禁止から管理へ 政府、新原則原案で方針転換”. 朝日新聞. (2013年12月5日) 2013年12月25日閲覧。
^ “小野寺防衛相“武器輸出三原則見直すべき””. NHK. (2013年9月28日) 2013年9月28日閲覧。
^ “武器輸出の新原則、政府が原案示す 与党PT”. 朝日新聞. (2014年3月13日) 2014年3月13日閲覧。
^ “武器輸出、包括容認へ 政府が新原則を閣議決定”. 日本経済新聞. (2014年4月1日) 2015年1月4日閲覧。
^ 安倍首相、南スーダン情勢「安全確保困難なら自衛隊撤収も」 産経新聞 2016年11月15日
^ “安倍晋三首相「安全保障と危機管理に万全」 情報収集衛星「レーダー5号機」の打ち上げ成功”. 産経ニュース. (2017年3月17日) 2017年3月20日閲覧。
^ 安倍首相、独占インタビュー
^ 尖閣 見解相違認める 日本側譲歩 日中首脳会談へ
^ 「日中関係改善のため、首相は戦争を詫びよ」米専門家が語る"日中関係の今後"
^ “過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態調査プロジェクト”. 2006年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月26日閲覧。
^ a b c 東京新聞 「『親学』考 非科学と時代錯誤の家族観 推進議連に閣僚ずらり」2014年9月6日
^ 教育再生実行会議 首相官邸 2017年5月24日
^ 「WiLL」2010年7月号
^ 「WiLL」10年8月号
^ 「安倍首相のらりくらり… 夫婦別姓めぐり民主・岡田代表がネチネチ追及」、産経新聞、2016年2月29日。
^ 「【衆院予算委】『楽観的に財政再建を考えると国を誤る』と岡田代表 」、民主党ニュース、2016年2月29日。
^ 「インタビュー:政権の女性活躍『本気度感じない』=野田聖子氏」、ロイター、2015年12月21日。
^ 金曜アンテナ 2014年4月11日
^ 第186回国会 青少年問題に関する特別委員会 3号 平成26年04月03日
^ 読売新聞 2007年2月15日
^ 衆院予算委員会 2007年2月23日
^ 北海道新聞 2013年11月4日
^ 安倍首相答弁要旨 「適材適所の閣僚で国政を前進させる責任がある」 衆院代表質問 産経新聞 2016年1月26日
^ 自民がLGBT理解増進法案をとりまとめ 促進策を政府の責務に 産経新聞 2016年5月17日
^ 2006年10月3日産経新聞
^ 日経BPネット2007年7月19日『安倍政権の倒閣を企てた官僚たちの二重クーデター』
^ “参議院 予算委員会”. 3. 第165回国会. (2006-10-13)
^ “第166回 衆議院本会議 4号” (2007年1月30日). 2007年9月26日閲覧。
^ 第166回国会 参議院 予算委員会 第12号 平成19年(2007年)3月19日
^ 「『家族破壊』を招くジェンダーフリー 過激性教育など安倍晋三氏が批判『ポル・ポトを連想する』」産経新聞、2005年6月6日
^ 東京新聞 2014年3月26日 「安倍政権『女性活用』の支離滅裂」
^ 輝く女性応援会議 首相官邸
^ 働き方改革実現会議の開催について 首相官邸 働き方改革実現会議
^ 働き方改革実行計画 働き方改革実行計画(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)本文 2017年3月28日
^ プレミアムフライデーと働き方改革:エコノミストの眼 ハフポスト 2017年3月2日
^ 夏の生活スタイル変革(ゆう活)について 厚生労働省
^ 働き方改革に向け、鉄道各社が「時差Biz」発車 産経新聞 2017年7月1日
^ 読売新聞 2007年1月19日
^ 「安倍首相『大変、抵抗感じる』、『赤ちゃんポスト』関連で見解」『日本経済新聞』2007年2月23日付
^ 「赤ちゃんポスト 首相『抵抗ある』」東京新聞 2007年2月23日付
^ a b “両院協議会会議録情報 第166回国会 国家基本政策委員会合同審査会 第2号” (日本語). 国立国会図書館 (2007年5月30日). 2007年5月30日閲覧。
^ 「首相『5000万件1年で調査』――特例法案衆院委で可決」『讀賣新聞』夕刊、47138号、読売新聞東京本社、2007年5月31日、1面。
^ “第166回国会 本会議 第32号” (日本語). 国立国会図書館 (2007年6月4日). 2017年3月16日閲覧。
^ “J-CASTニュース :「消えた年金」実は解消不能? 支持率急落安倍内閣に追い討ち”. ジェイ・キャスト (2007年6月4日). 2007年6月4日閲覧。
^ “名寄せ困難な年金、1975万件 宙に浮く5000万件”. 朝日新聞. (2007年12月11日). オリジナルの2007年12月11日時点によるアーカイブ。 2007年12月11日閲覧。
^ a b “asahi.com:首相「党のビラ、誤解招いた」 年金公約問題で - 年金記録問題”. 朝日新聞社 (2007年12月17日). 2007年12月17日閲覧。
^ “宙に浮いた年金、統合困難2千万件 公約実現は不可能”. 朝日新聞. (2008年3月14日). オリジナルの2008年3月16日時点によるアーカイブ。 2008年3月14日閲覧。
^ 経済財政諮問会議、現役社長2人を起用へYOMIURI ONLINE
^ 首相官邸 基本方針 平成24年12月26日
^ “1ドル=100円までの経緯”. NHKニュース (NHK). (2013年5月10日). オリジナルの2013年5月10日時点によるアーカイブ。 2013年5月10日閲覧。
^ “東京株337円高、5年4カ月ぶり1万5000円台”. 産経ニュース. (2013年5月15日) 2013年5月15日閲覧。
^ http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=998407.O
^ 東京株、半年ぶり1万5000円回復 寄り付き大幅続伸で産経ニュース(2013年11月15日)2013年11月15日閲覧
^ “東京株、終値は4円高で8日続伸 一時6年ぶり1万6200円台回復も”. 産経新聞 (産経新聞). (2013年12月27日) 2013年12月30日閲覧。
^ 通商白書2015 第1節 我が国の対外収支動向 経済産業省
^ 貿易収支、2016年は6年ぶり黒字 12月は対中輸出が過去最大に ロイター 2017年1月25日
^ 貿易収支4カ月ぶり赤字 5月、資源高で輸入17%増 日本経済新聞 2017年6月19日
^ http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo13_hh_000215.html
^ 外国人の不動産投資が減速 全国賃貸住宅新聞 2016年9月20日
^ 「2020年にはGDP600兆円達成できる」 産経新聞 2015年11月6日
^ 巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書 衆議院 2006年12月13日提出 質問第256号
^ 衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書 衆議院 2006年12月22日
^ 首相官邸 シティ主催歓迎晩餐会 安倍内閣総理大臣スピーチ 平成26年5月1日 ギルド・ホール
^ a b 浜田宏一(イェール大学教授)×安倍晋三(自民党総裁)「官邸で感じた日銀、財務省への疑問。経済成長なしに財政再建などありえない」現代ビジネス 2012年11月29日
^ “安倍首相、消費税8%を表明=「国の信認維持」—経済対策も、午後に記者会見”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 時事通信社 (ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン). (2013年10月1日). オリジナルの2013年10月1日時点によるアーカイブ。
^ 安倍内閣総理大臣記者会見 首相官邸
^ 安倍内閣総理大臣記者会見 首相官邸
^ “第165回国会 衆議院 予算委員会 第3号” (2006年10月6日). 2007年9月26日閲覧。
^ “第165回国会 衆議院 予算委員会 2号” (2006年10月5日). 2007年9月26日閲覧。
^ a b 小山由宇 (2013年3月12日). “安倍首相:「東京裁判は勝者の断罪」…米から批判の可能性”. 毎日jp (毎日新聞社) 2013年3月13日閲覧。
^ 村山談話「継承」 安倍首相が軌道修正 - 産経新聞2013年5月16日
^ “第140回国会 衆議院 決算委員会第二分科会 第2号” (1997年5月27日). 2007年9月26日閲覧。
^ 『中央日報』 2005年4月2日付2面。
^ 第165回国会 予算委員会 第2号 平成十八年十月五日(木曜日)
^ 駐韓米大使が爆弾発言「慰安婦問題は人権侵害だ」
^ 第166回国会 予算委員会 第3号 平成十九年三月五日(月曜日)
^ a b c “「安倍首相:従軍慰安婦で日本の責任認める 米メディアに”. 毎日新聞. (2007年4月21日)
^ 2013年5月14日 読売新聞
^ 閣議決定
^ 英: I feel deeply sorry that they were forced to be placed in such extremely painful situations.
^ 英: We feel responsible for having forced these women to go through that hardship and pain as comfort women under the circumstances at the time.
^ “Abe explains sex slave comments” (英語). BBC News (2007年4月27日). 2007年9月26日閲覧。
^ “河野談話見直しを視野安倍首相、有識者会議を検討”. 産経ニュース (産経新聞). (2012年12月28日). オリジナルの2012年12月27日時点によるアーカイブ。 2017年2月26日閲覧。
^ “安倍総理、従軍慰安婦問題を謝罪”. YouTube. 2013年3月10日閲覧。
^ “「日米首脳会談 安倍首相、慰安婦謝罪具体的表現なし」”. 中央日報. オリジナルの2007年5月2日時点によるアーカイブ。 2007年4月28日閲覧。
^ 2011年11月23日 産経新聞
^ 安倍首相:「元慰安婦に申し訳ない」 07年日米首脳会談、当時の発言認める - 毎日jp 2013年05月18日
^ 慰安婦問題、日韓合意 政府の責任認定・首相おわび 韓国が財団、日本から10億円、朝日新聞、2015年12月29日、2016年1月7日閲覧
^ 安倍首相「謝罪し続ける宿命を背負わせるわけにはいかない」、産経新聞、2016年1月7日、2016年1月7日閲覧
^ a b “安倍元首相「首相は靖国参拝すべきだ」”. 産経新聞. (2009年5月11日). オリジナルの2009年5月14日時点によるアーカイブ。 2009年12月9日閲覧。
^ 『東京新聞』 2005年1月9日付
^ a b “首相の靖国神社参拝”. 西日本新聞. (2006年10月6日) 2010年2月23日閲覧。
^ a b c “安倍官房長官は今年4月に靖国参拝…総裁選の争点にも”. 読売新聞. (2006年8月4日). オリジナルの2007年1月8日時点によるアーカイブ。 2007年9月26日閲覧。
^ 自民総裁選:安倍氏、就任時の靖国参拝に含み 毎日新聞 2012年9月17日閲覧。(2012年10月23日時点のアーカイブ)
^ “首相、春の靖国参拝見送り 中韓修復を優先”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年3月29日) 2013年10月13日閲覧。
^ “首相、靖国参拝を見送り 秋の例大祭、供物奉納”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年10月17日) 2013年12月27日閲覧。
^ “首相が玉串料「不参拝をおわび」 靖国、2閣僚は参拝”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年8月15日) 2013年10月13日閲覧。
^ “安倍首相が靖国神社参拝…第1次内閣含め初”. 読売新聞. (2013年12月26日) 2013年12月26日閲覧。
^ a b c “首相、靖国参拝 10月決断 米中韓関係見極め 「説明し、誤解解きたい」”. 産経新聞. (2013年12月27日) 2013年12月31日閲覧。
^ “首相「不戦の誓いをした」 参拝後、記者団への発言詳細”. 朝日新聞. (2013年12月26日) 2013年12月31日閲覧。
^ “安倍首相の靖国参拝は、中国と韓国への報復なのか?―香港メディア”. 大公報. 新華経済. (2013年12月29日) 2013年12月30日閲覧。
^ a b 『朝日新聞』、朝日新聞東京本社、2013年12月30日、30面
^ “安倍首相の靖国参拝、賛成が41% 反対は46% 朝日新聞社世論調査”. 朝日新聞. (2014年1月28日) 2014年3月6日閲覧。
^ 共同通信社 (2013年12月29日). “靖国参拝でも内閣支持率1ポイント増 世論調査で55%”. 日本経済新聞 2013年12月30日閲覧。
^ “【産経FNN合同世論調査】首相の靖国参拝、20~30代は「評価」の声が多数”. 産経新聞. (2014年1月6日) 2014年3月6日閲覧。
^ a b “首相靖国参拝、米国務省も「失望」表明”. 日本経済新聞. (2013年12月27日) 2013年12月28日閲覧。
^ a b “安倍首相の靖国神社参拝(12月26日)についての声明” (プレスリリース), 駐日アメリカ合衆国大使館, (2013年12月26日) 2013年12月27日閲覧。
^ “靖国参拝、在日米国大使館の声明全文(日本語・英語)”. 朝日新聞デジタル. (2013年12月26日) 2013年12月27日閲覧。
^ Yahoo!ニュース (2013年12月31日). “米「『失望』は靖国参拝でなく関係悪化への懸念」”. TBSニュース 2013年12月31日閲覧。
^ “米「『失望』は靖国参拝でなく関係悪化への懸念」”. TBSニュース. (2013年12月31日) 2013年12月31日閲覧。
^ “「失望している」は緊密な関係の証し…米国務省”. 読売新聞. (2013年12月31日) 2013年12月31日閲覧。
^ “靖国参拝に失望も日米関係に変化なし”. NHK. (2013年12月31日) 2013年12月31日閲覧。
^ “安倍首相の靖国神社参拝を受けた声明” (プレスリリース), 欧州連合
^ “【首相靖国参拝】「緊張緩和に資さない」EUも批判”. 産経新聞. (2013年12月27日) 2013年12月30日閲覧。
^ “米、靖国参拝に「失望」 声明で異例の首相批判”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年12月26日) 2013年12月27日閲覧。
^ “【社説】安倍首相の読み違いを世界と日本に訴えよ”. 朝鮮日報. 朝鮮日報. (2013年12月28日) 2013年12月30日閲覧。
^ 【首相靖国参拝】「台湾同胞の反対は当然だ」中国、馬総統の批判に - MSN産経ニュース
^ “靖国神社参拝「中国への贈り物」 米紙、批判的に報道”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年12月27日) 2013年12月27日閲覧。
^ a b “【首相靖国参拝】民主・海江田代表「負の側面とは一線を画すべき」”. 産経新聞. (2013年12月26日)
^ “靖国参拝は遺憾=ロシア外務省”. 時事通信社. [2]. (2013年12月26日) 2014年1月2日閲覧。
^ “中ロが靖国参拝批判で国際世論づくり”. 日刊スポーツ. [3]. (2014年1月1日) 2014年1月2日閲覧。
^ 14/01/23 15:55 NH032 時事通信
^ 14/01/23 NH032 6:34 時事通信
^ 14/01/24 9:11配信 時事通信
^ 「補助金企業献金:野党、首相を追及 林・甘利氏も発覚」、毎日新聞、2015年3月3日
^ a b c 松田光世「『政略結婚』あり『隠し財宝』ありの政治家世襲はまるで悪代官時代劇だ」、『SAPIO』第21巻第7号、小学館、2009年4月8日、 82-83頁。
^ 「『脱税疑惑』全くの誤り=週刊誌取材に安倍首相事務所」時事通信 2007年9月13日
^ a b “安倍首相、「脱税疑惑記事」質問で激高 今度は「週刊誌憎し」の感情が爆発”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2014年11月5日) 2014年11月9日閲覧。
^ “首相、予算委で野党質問に激高 審議が一時中断”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年11月4日). オリジナルの2015年1月17日時点によるアーカイブ。 2014年11月9日閲覧。
^ a b “安倍代議士事務所 窓割り火炎瓶を放置 自宅車両火災と同一犯か”. 中国新聞. (2000年6月29日)
^ “3年前の安倍幹事長宅火炎瓶事件 工藤会系組長ら逮捕 容疑で計6人…合同捜査本部”. 毎日新聞. (2003年11月12日)
^ “主犯格の組長、懲役20年確定 山口・下関の安倍氏宅放火未遂 【西部】”. 朝日新聞. (2008年7月19日)
^ “放火未遂などの被告に懲役10年 安倍長官宅に火炎瓶”. 朝日新聞. (2006年7月14日)
^ “襲撃指示組長に懲役20年 首相宅火炎瓶事件で判決”. 共同通信. (2007年3月9日)
^ “元組員に懲役8年 安倍首相宅に放火未遂【西部】”. 朝日新聞. (2007年5月28日)
^ “「安倍氏側から300万円」下関市長選巡りブローカーに工面 放火未遂公判で検察指摘”. 朝日新聞. (2006年7月13日)
^ a b “時事放談” (日本語). TBS (2007年7月22日). 2007年7月22日閲覧。
^ 「首相『危機管理』に懸命――政権発足後、初の大地震」『讀賣新聞』47518号、読売新聞東京本社、2008年6月15日、4面。
^ a b c d e “【大雪再び】首相「万全期す」 除雪難航 除雪障害の車撤去の扱い検討へ”. 産経新聞. (2014年2月17日) 2016年5月6日閲覧。
^ “「安倍首相、天ぷら屋で会食止めて官邸で弁当食え」 それで何か事態が変わるのか、と反論が次々と”. J-CASTニュース. (2014年2月18日) 2016年5月6日閲覧。
^ “菅総理の海水注入指示はでっち上げ” (日本語) (2011年5月20日). 2011年5月28日閲覧。
^ 「3号機注水「淡水を」吉田所長、官邸からの指示に従う」 朝日新聞 2014年5月26日11時35分
^ 「吉田調書 第2章 住民は避難できるか 真水か海水か」 朝日新聞 2014年5月26日
^ 再臨界ない「知っていた」 海水注入中止指示で 産経新聞 2012年5月28日 23:36(2012年5月28日時点のアーカイブ)
^ “首相への説明優先で海水注入中止 国会の事故調査委で東電幹部”. 共同通信. (2012年3月28日) 2012年9月19日閲覧。
^ 安倍自民党総裁への訂正と謝罪要求
^ 「海水注入指示はでっち上げ」の記事めぐって The Huffington Post Japan 投稿日: 2013年07月16日 15時10分 JST | 更新: 2013年07月16日 16時41分 JST
^ 菅直人氏が、名誉毀損で安倍総理を提訴 「内容が虚偽であることは明白」 ~菅直人議員 緊急記者会見 IWJ 2013/07/16
^ “菅元首相、安倍首相を提訴…メルマガで名誉毀損”. 読売新聞. (2013年7月17日) 2013年7月18日閲覧。
^ “菅元総理が安倍総理を“名誉毀損”で異例の提訴”. テレビ朝日. (2013年7月17日) 2013年7月18日閲覧。
^ メルマガ訴訟、安倍首相を訴えた菅元首相が敗訴 読売新聞 2015年12月3日
^ 菅元首相の請求認めず 安倍氏メルマガめぐり サンスポ 2015年12月3日
^ 菅直人元首相が控訴 メルマガ訴訟 京都新聞 2015年12月3日
^ 「検証 福島原発事故 官邸の一〇〇時間」 - 木村英昭」岩波書店 2012年8月7日 ISBN 978-4-00-025852-4[要ページ番号]
^ “The News From Fukushima Just Gets Worse, and the Japanese Public Wants Answers”. タイムズ. (2013年8月22日) 2013年8月24日閲覧。
^ 安倍首相への告発状提出 都議選演壇に「総理大臣」 産経新聞 2017年7月11日
^ “第154回国会 衆議院 武力攻撃事態への対処に関する特別委員会 14号”. 2007年10月6日閲覧。
^ 核兵器「憲法禁止せずも保有せず」答弁書決定 NHKニュース2016年4月1日
^ “第154回国会 参議院 外交防衛委員会 15号”. 2010年10月31日閲覧。
^ “2002-05-21 第154回国会 参議院 外交防衛委員会 15号 kokalog - 国会議事録検索 #kokalog”. 2016年9月23日閲覧。
^ “安倍副長官、「間抜け」発言を不適切と認める”. 朝日. (2002年10月26日)
^ “三原じゅん子議員、日韓図書協定に“異議あり””. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年2月10日). オリジナルの2011年2月13日時点によるアーカイブ。
^ 「何をしても良いのか」総理発言に党内から異論(2014/02/13 22:42) TV朝日 2014年2月13日
^ 安倍総理「最高責任者は私だ」身内の自民から批判が(14/02/14) ANN 2014年2月13日
^ 安倍首相に批判相次ぐ=解釈改憲めぐる答弁-自民総務会 時事通信 2014年2月14日
^ 「民主・細野氏:安倍首相『わが軍』発言に『理解に苦しむ』」、毎日新聞、2015年3月25日
^ 「我が軍発言『全部ひっくり返すような話』 民主・細野氏」、朝日新聞、2015年3月24日
^ 首相「言葉尻とらえる議論意味ない」 「わが軍」発言で、産経新聞、2015年3月30日、2015年3月30日閲覧
^ 「安倍前首相『政治利用』に光市母子殺害本村さんが絶句」『週刊文春』50巻19号、文藝春秋、2008年5月15日、161頁。
^ a b c d 「安倍前首相『政治利用』に光市母子殺害本村さんが絶句」『週刊文春』50巻19号、文藝春秋、2008年5月15日、162頁。
^ 衆議院議員安倍晋三事務所『株式会社文藝春秋「週刊文春」編集部[リンク切れ]』2008年5月9日。
^ 衆議院議員安倍晋三事務所『株式会社文藝春秋「週刊文春」編集部[リンク切れ]』2008年5月12日。
^ 安倍前首相が文春に抗議 - MSN産経ニュース 産経新聞 2008年5月9日(2008年5月12日時点のアーカイブ)
^ 東海新報2007年9月14日『世迷言』
^ 【トレビアン】ネット流行語大賞は朝日新聞社の「アサヒる」に決定! - livedoor トレビアンニュース 2007年12月14日
^ 「アサヒる」「初音ミク」「ローゼン麻生」、現代用語の基礎知識に - ITmedia ニュース、2016年4月26日閲覧。
^ a b 小川栄太郎 2012, pp. 3-4.
^ J-CASTニュース - 「安倍政府打倒は朝日の社是」安倍首相が発言 そんな「社是」本当にあるの?
^ LITERA - http://lite-ra.com/2016/04/post-2200_2.html
^ 田母神俊雄著『なぜ朝日新聞はかくも安倍晋三を憎むのか』、飛鳥新社、2014年8月。[要ページ番号]
^ a b 「自民党総裁選:3候補、20日投票へ火花 703票の争奪戦-2006総裁選」『朝日新聞』2006年9月9日
^ 「安倍 晋三氏 自民総裁選 特集」『読売新聞』2006年9月8日付
^ 内閣府大臣官房政府広報室 (2006年11月2日). “安倍総理のライブ・トーク官邸 第4回「教育再生」”. 政府広報オンライン. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月6日閲覧。
^ a b c “紀香に政界入りの噂、影には安倍首相の後ろ盾?”. 新華社NEWS. 新華通信社. (2007年2月21日). オリジナルの2007年2月25日時点によるアーカイブ。 2007年10月6日閲覧。
^ “アグネス新年会に安倍晋三元首相も出席―東京 - Record China” (2009年1月31日). 2016年4月22日閲覧。
^ “65歳誕生日記念「深見東州と、友人達のコンサート」”. デイリースポーツ. (2016年3月28日) 2016年4月11日閲覧。
^ 内閣府大臣官房政府広報室 (2006年12月7日). “安倍総理のライブ・トーク官邸 第8回「ウォームビズから始めます」”. 政府広報オンライン. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月6日閲覧。
^ 「美しい国、日本」をファッションで表現 安倍晋三・新総理を勝手にスタイリング「美しい泣きっ面」に似合う服はコレだ!」『WWDジャパン』10月2号
^ 「夏服の着こなしは 小泉首相、貫録勝ち?」『東京新聞』2006年7月30日付
^ “第31回 ベストドレッサー賞(2002年)”. 2007年10月6日閲覧。
^ 社団法人全日本アーチェリー連盟. “沿革”. 2007年10月6日閲覧。
^ “アーチェリー連盟、安倍首相を会長に推薦”. ニッカンスポーツ. (2007年3月25日)[リンク切れ]
^ “安倍首相アーチェリー連盟会長2期目へ”. 日刊スポーツ. (2007年4月14日)
^ 「安倍会長を再任=アーチェリー連盟」時事通信、2007年4月14日
^ “必見! 代議士のアーチェリー姿初公開”. 安倍晋三公式サイト (2006年4月27日). 2007年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月6日閲覧。
^ 加計孝太郎「交遊抄――アイム・ソーリー」『日本経済新聞』44774号、日本経済新聞社、2010年9月21日、32面。
^ [4],デイリースポーツ,2014年11月22日
^ “「憎たらしくもすごい投手」 アンチ巨人の首相が“初登板”の堀内氏に答弁”. 産経ニュース. (2015年4月8日) 2016年1月19日閲覧。
^ [5],トピックニュース,2015年4月8日
^ a b “安倍総理がアグネスに歌詞提供”. デイリースポーツ. (2007年3月19日). オリジナルの2007年3月23日時点によるアーカイブ。
^ a b 「安倍首相が作詞家デビュー」スポーツ報知 2007年3月19日付
^ 安倍昭恵 (2007年2月5日). “クリスマス”. 安倍昭恵のスマイルトーク. 2007年10月6日閲覧。
^ a b 『週刊文春』(2003年10月9日号)161ページ
^ a b 「恐るべしアグネス・チャン?!」 ゲンダイネット(2007年3月23日)
^ タモリ残念!安倍首相と“会食”ならず 「首相動静」には“試食” シネマトゥデイ
^ “爆笑問題の太田光が集団的自衛権をめぐるデモに「何にも打撃ない」”. ライブドアニュース (2014年7月7日). 2015年12月23日閲覧。
^ 爆問の首相主催の花見会出席で批判 光代社長が反論 - 日刊スポーツ 2015年4月
^ 「地方から改憲の声、演出 日本会議が案文、議員ら呼応」、朝日新聞、2014年8月1日。
^ “日本会議研究 憲法編 下 家族尊重 条文明記を主張”. 朝日新聞: p. 朝刊14版 3面. (2016年3月25日)
^ “日本会議研究 憲法編 上 改憲へ 安倍政権と蜜月”. 朝日新聞: p. 朝刊14版 3面. (2016年3月23日)
^ “安倍官房長官、統一教会ダミー団体の集会に祝電”. ZAKZAK. (2006年6月19日). オリジナルの2006年7月3日時点によるアーカイブ。
^ a b 朝日新聞アエラ編集部 『創価学会解剖』(朝日新聞社 2000年1月1日) ISBN 978-4022612861
^ 『日経新聞』・『毎日新聞』・『朝日新聞』・『読売新聞』や『週刊文春』などが報じた。毎日は20日と報道。
^ a b c 『毎日新聞』 2006年10月8日付
^ “第165回国会 参議院 予算委員会 1号”. 2007年10月6日閲覧。
^ “第166回国会 衆議院 予算委員書会 7号”. 2008年5月14日閲覧。
^ 衆議院. “「インターネット審議中継」亀井静香の安倍晋三への質疑(第166回国会 衆議院 予算委員会 7号”. 2007年10月6日閲覧。
^ 松田賢弥「安倍晋三『空虚なプリンス』の血脈」『週刊現代』講談社、2006年。
^ a b “安倍前首相の元秘書の請求棄却 週刊現代名誉毀損訴訟”. 朝日新聞. (2008年3月27日). オリジナルの2008年3月30日時点によるアーカイブ。 2008年3月27日閲覧。
^ a b 野上忠興 2004, p. 44.
^ 神一行 2002, p. 216-217.
^ 野上忠興 2004, pp. 41-44.
^ 斉藤光政『偽書「東日流外三郡誌」事件』
^ 古沢襄. “安倍宗任と安倍晋三”. 2007年10月6日閲覧。
^ “過去のMen of the Year受賞者たち【国内編】”. GQ JAPAN. 2014年11月21日閲覧。
^ “Time100 Leaders Shinzo Abe”. TIME. 2014年11月21日閲覧。
^ “米誌「世界の100人」に安倍首相 「大胆な改革者」”. 朝日新聞. (2014年4月25日) 2014年11月21日閲覧。
^ “安倍首相が『ワイドナショー』出演 松本人志と初対面”. ORICON STYLE. (2016年4月15日) 2016年5月2日閲覧。
^ “安倍首相出演『ワイドナショー』休止 熊本地震報道特番に”. ORICON STYLE. (2016年4月16日) 2016年5月2日閲覧。
^ “安倍首相出演『ワイドナショー』5・1放送 地震の影響で延期”. ORICON STYLE. (2016年4月28日) 2016年5月2日閲覧。
^ 天皇会見に批判相次ぐ=自民[リンク切れ] 時事ドットコム(時事通信)2009年12月14日
^ 神政連レポート -意(こころ)No.171-より
^ “評議員、役員等”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。

【目次へ移動する】
参考文献

佐藤朝泰 『豪閥-地方豪族のネットワーク』 立風書房、2001年6月、75頁。ISBN 978-4651700793。
山際澄夫 『安倍晋三と「宰相の資格」』 小学館〈小学館文庫〉、2006年2月7日。ISBN 978-4094056143。
水島愛一朗 『安倍晋三の人脈』 グラフ社、2006年11月。ISBN 978-4766210163。
安倍昭恵「初めて明かす『安倍辞任』の真相」、『週刊新潮』第53巻第1号、新潮社、2008年1月3日、 NAID 40015758477。
上杉隆 『官邸崩壊-安倍政権迷走の一年』 新潮社、2007年8月23日。ISBN 978-4103054719。
大下英治 『安倍家三代』 徳間書店〈徳間文庫〉、2006年6月。ISBN 978-4198924348。
神一行 『閨閥-特権階級の盛衰の系譜』 角川書店〈角川文庫〉、2002年3月、改訂新版、62、212-228頁。ISBN 978-4043533060。
俵義文・魚住昭・横田一・佐高信・『週刊金曜日』取材班 『安倍晋三の本性』 株式会社金曜日、2006年11月。ISBN 978-4906605200。
野上忠興 『気骨 安倍晋三のDNA』 講談社、2004年4月。ISBN 978-4062123082。
広瀬隆 『私物国家 日本の黒幕の系図』 光文社〈知恵の森文庫〉、2000年6月、354頁。ISBN 978-4334780012。
小川栄太郎 『約束の日-安倍晋三試論』 幻冬舎、2012年8月31日。ISBN 978-4344022379。
田母神俊雄 『なぜ朝日新聞はかくも安倍晋三を憎むのか』 飛鳥新社、2014年8月30日。ISBN 978-4864103336。
松田賢弥 『絶頂の一族 安倍晋三と六人の「ファミリー」』 講談社、2015年2月19日。ISBN 978-4062194341。
野上忠興 『安倍晋三 沈黙の仮面 ―その血脈と生い立ちの秘密―』 小学館、2015年11月12日。ISBN 978-4093884471。

関連項目
ウィキメディア・コモンズには、安倍晋三に関連するメディアがあります。
ウィキニュースに安倍晋三に関するニュースがあります。

安倍改造内閣が発足
退陣論ある中、続投への決意 - 10日、安倍首相・所信表明
安倍首相、辞任の意向を表明 - 所信表明直後

安倍内閣
安倍内閣総理大臣談話

外部リンク

安倍晋三 公式サイト
歴代内閣情報(HP開設以降):安倍総理 - 首相官邸
安倍晋三略歴(内閣官房長官時代のもの) - 首相官邸
歴代総理の写真と経歴 - 首相官邸
安倍晋三 (@AbeShinzo) - Twitter
安倍晋三 - Facebook
安倍晋三メッセージ動画 - YouTube

公職
先代:
小泉純一郎
野田佳彦 日本の旗 内閣総理大臣
第90代:2006年 - 2007年
第96・97代:2012年 - 次代:
福田康夫
現職
先代:
細田博之 日本の旗 内閣官房長官
第72代:2005年 - 2006年 次代:
塩崎恭久
先代:
額賀福志郎 日本の旗 内閣官房副長官(政務担当・衆議院)
2000年 - 2003年 次代:
細田博之
党職
先代:
小泉純一郎
谷垣禎一 自由民主党総裁
第21代:2006年 - 2007年
第25代:2012年 - 次代:
福田康夫
現職
先代:
山崎拓 自由民主党幹事長
第38代:2003年 - 2004年 次代:
武部勤
先代:
古屋圭司 自由民主党青年局長
第31代:1996年 - 1997年 次代:
岸田文雄
外交職
先代:
アンゲラ・メルケル
ドイツ 主要国首脳会議議長
2016年 次代:
パオロ・ジェンティローニ
イタリア
その他の役職
先代:
中川昭一 創生「日本」会長
第2代:2009年 - 次代:
現職
歴代内閣総理大臣
表・話・編・歴
第87・88・89代
小泉純一郎 第90代
2006年 - 2007年 第91代
福田康夫
第95代
野田佳彦 第96・97代
2012年 - 第-代
-

伊藤博文
黑田清隆
山縣有朋
松方正義
大隈重信
桂太郎
西園寺公望
山本權兵衛


寺内正毅
原敬
高橋是清
加藤友三郎
清浦奎吾
加藤高明
若槻禮次郎
田中義一


濱口雄幸
犬養毅
齋藤實
岡田啓介
廣田弘毅
林銑十郎
近衞文麿
平沼騏一郎


阿部信行
米内光政
東條英機
小磯國昭
鈴木貫太郎
東久邇宮稔彦王
幣原喜重郎
吉田茂


片山哲
芦田均
鳩山一郎
石橋湛山
岸信介
池田勇人
佐藤榮作
田中角榮


三木武夫
福田赳夫
大平正芳
鈴木善幸
中曽根康弘
竹下登
宇野宗佑
海部俊樹


宮澤喜一
細川護熙
羽田孜
村山富市
橋本龍太郎
小渕恵三
森喜朗
小泉純一郎


安倍晋三
福田康夫
麻生太郎
鳩山由紀夫
菅直人
野田佳彦


Emblem of the Prime Minister of Japan.svg
[表示]

表 話 編 歴

G7(G8)の首脳
[表示]

表 話 編 歴

G20の首脳
[表示]

表 話 編 歴

日本の旗 内閣官房長官
[表示]

表 話 編 歴

日本の旗 内閣官房副長官(政務担当・衆議院)
[表示]

表 話 編 歴

Japanese crest Kage jyuyonn Kukiku.svg 自由民主党総裁
[表示]

表 話 編 歴

Japanese crest Kage jyuyonn Kukiku.svg 自由民主党幹事長
[表示]

表 話 編 歴

陰十四菊 自由民主党
典拠管理

WorldCat VIAF: 54057111 LCCN: nr97036852 ISNI: 0000 0000 7877 7443 GND: 133061825 SUDOC: 183139364 NDL: 00272923 CiNii: DA10293834

カテゴリ:

削除依頼中のページ安倍晋三安倍晋太郎日本の内閣総理大臣日本の閣僚経験者自由民主党の衆議院議員自由民主党総裁自由民主党幹事長山口県選出の衆議院議員神戸製鋼所の人物長門市安倍家日本会議国会議員懇談会の人物日本国際フォーラムの人物神道政治連盟国会議員懇談会の人物特定疾患に罹患した人物成蹊大学出身の人物成蹊高等学校出身の人物東京都区部出身の人物1954年生存命人物

案内メニュー

ログインしていません
トーク
投稿記録
アカウント作成
ログイン

ページ
ノート

閲覧
編集
履歴表示

検索

メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)

ヘルプ

ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ

印刷/書き出し

ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン

他のプロジェクト

コモンズ
ウィキクォート

ツール

リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用

他言語版

العربية
English
Español
हिन्दी
Bahasa Indonesia
한국어
Bahasa Melayu
Русский
中文

リンクを編集

最終更新 2017年7月28日 (金) 04:17 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。