gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-07-29 14:38:37 | 日記
安倍晋三
Icono aviso borrar.svg


現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。
著作権疑い.PNG


この項目は著作権侵害が指摘され、現在審議中です。

審議の結果、該当する投稿以降の全ての版またはこのページ全体(すべての版)が削除される可能性があります。問題箇所の適切な差し戻しが行われていれば、削除の範囲は問題版から差し戻し直前の版までとなる可能性もあります。適切な差し戻しが行われていないと考えられる場合は、この版の編集や引用はしないで下さい。著作権上問題のない自分の投稿内容が削除される可能性のある方は、早めに控えを取っておいて下さい(詳しくはこちらの解説をお読み下さい)。

該当する投稿をされた方へ: ウィキペディアでは、著作権上問題のない投稿のみを受け付けることになっています。他人の著作物を使うときをお読み頂いた上で、審議にご協力をお願いします。自分の著作物を投稿されていた場合は削除依頼を出されたらをご覧下さい。

審議が終わるまで、このお知らせを除去しないでください。
(以下、著作権侵害の可能性がある箇所を取り除いた内容を暫定的に表示します。)
日本の旗 日本の政治家
安倍 晋三
あべ しんぞう
Shinzō Abe April 2015.jpg
2015年4月撮影
生年月日 1954年9月21日(62歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都新宿区
出身校 成蹊大学法学部政治学科卒業
南カリフォルニア大学政治学中退
前職 神戸製鋼所従業員
安倍晋太郎(実父)秘書
所属政党 自由民主党(細田派)
称号 政治学士(成蹊大学・1977年)
配偶者 安倍昭恵
親族 佐藤信寛(五世祖父)
佐藤信彦(高祖父)
佐藤秀助(曾祖父)
安倍慎太郎(曾祖伯父)
安倍寛(祖父)
岸信介(祖父)
佐藤榮作(大叔父)
安倍晋太郎(父)
安倍寛信(兄)
岸信夫(弟)
公式サイト 衆議院議員 安倍晋三 公式サイト
日本の旗 第96-97代 内閣総理大臣
内閣 第2次安倍内閣
第2次安倍改造内閣
第3次安倍内閣
第3次安倍第1次改造内閣
第3次安倍第2次改造内閣
在任期間 2012年12月26日 -
天皇 今上天皇(明仁)
日本の旗 第90代 内閣総理大臣
内閣 第1次安倍内閣
第1次安倍改造内閣
在任期間 2006年9月26日 - 2007年9月26日
天皇 今上天皇(明仁)
日本の旗 第72代 内閣官房長官
内閣 第3次小泉改造内閣
在任期間 2005年10月31日 - 2006年9月26日
日本の旗 衆議院議員
選挙区 (旧山口1区→)
山口4区
当選回数 8回
在任期間 1993年7月19日 - 現職
テンプレートを表示

安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年(昭和29年)9月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、第96・97代内閣総理大臣(再登板)、第25代自由民主党総裁(同)。

内閣官房副長官、内閣官房長官、内閣総理大臣(第90代)、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第21代)を歴任。

目次

1 概要
2 来歴
2.1 政界入りまで
2.1.1 生い立ち
2.1.2 学生時代
2.1.3 会社員時代
2.2 政界入り
2.2.1 秘書時代
2.2.2 衆議院議員
2.2.3 内閣官房副長官
2.2.4 自民党幹事長
2.2.5 内閣官房長官
2.3 最初の内閣総理大臣就任
2.3.1 第1次安倍内閣
2.3.2 参議院議員選挙(2007年)での敗北
2.3.3 体調の悪化と総辞職
2.3.3.1 突然の辞任への反応
2.3.3.2 辞任の原因
2.4 内閣総理大臣退任後
2.4.1 体調回復と活動の再開
2.4.2 2度目の総裁就任
2.5 内閣総理大臣に再就任
2.5.1 TPP問題
2.5.2 労働市場の構造改革(日本版「ワッセナー合意」)
2.5.3 日台漁業交渉問題
2.5.4 参議院議員選挙(2013年)での勝利
2.5.5 2020年東京オリンピック招致
2.5.6 特定秘密の保護に関する法律
2.5.7 普天間基地移設問題
2.5.8 消費税増税
2.5.9 参議院議員選挙(2016年)での勝利
2.5.10 東京都議会議員選挙(2017年)での敗北
3 政権・政策
3.1 皇室
3.2 国家観
3.3 地方自治
3.4 外国人政策
3.5 憲法
3.6 外交
3.7 安全保障
3.8 尖閣諸島問題
3.9 教育
3.10 民法論議・家族制度
3.10.1 夫婦同姓規定
3.10.2 離婚後300日規定
3.10.3 婚外子規定
3.10.4 性的少数者対策
3.11 公務員改革
3.12 労働政策
3.13 治安政策
3.14 社会保障
3.15 経済政策
3.15.1 原発政策
3.16 財政再建
4 歴史観
4.1 安倍談話
4.2 村山談話
4.3 慰安婦問題
4.3.1 河野談話
4.3.2 日米首脳会談での言及
4.3.3 日韓合意
4.4 靖国神社参拝
4.4.1 首相在任中の靖国神社初参拝
4.4.2 世論調査・ネット調査
4.4.3 批判
5 エピソード
5.1 政治資金
5.2 後援会事務所等への被害
5.3 災害への対応について
5.4 福島第一原発事故
5.5 都議選における公職選挙法違反容疑
6 発言
6.1 マスコミ報道への反論
7 人物
7.1 人物像
7.2 関係団体
7.3 交流関係
7.4 家族・親族
7.5 系譜
8 略歴
9 受賞・栄典
10 著作
11 出演
11.1 TV
11.2 ラジオ
12 所属団体
13 脚注
13.1 注釈
13.2 出典
14 参考文献
15 関連項目
16 外部リンク

概要

成蹊大学を卒業後に米国留学、その後に神戸製鋼所社員、外務大臣秘書官を経て衆議院議員となる。内閣官房副長官、自由民主党幹事長(第37代)、同幹事長代理、内閣官房長官(第72代)などを歴任。2006年(平成18年)9月26日に戦後最年少の52歳で自由民主党総裁(第21代)、内閣総理大臣(第90代)に就任するも、2007年(平成19年)に第21回参議院議員通常選挙での敗北と、体調の悪化を理由に同職を退任。2012年(平成24年)9月、自由民主党総裁に就任、同年12月26日に内閣総理大臣に就任した(他の内閣をまたいで再度就任した事例は、1948年(昭和23年)の吉田茂以来64年ぶり)。
来歴
政界入りまで
生い立ち

1954年(昭和29年)9月21日、当時毎日新聞記者だった安倍晋太郎と、その妻・洋子の次男として東京都で生まれる。本籍地は山口県大津郡油谷町(現・長門市)である。父方の祖父は衆議院議員の安倍寛、母方の祖父は後の首相・岸信介で、大叔父にはやはり後の首相・佐藤栄作がいる、政治家一族であり、安倍は「幼い頃から私には身近に政治がありました」と回想している[1]。幼い頃は野球選手やテレビを見て刑事になることに憧れていた[2]。
「自由民主党#閨閥」も参照
学生時代

成蹊小学校、成蹊中学校、成蹊高等学校を経て、成蹊大学法学部政治学科を卒業した。

小学4年生から5年生にかけての1964年から2年間は平沢勝栄が家庭教師についていた[1][3]。高校ではクラブは地理研究部に所属[4]。高校卒業後成蹊大学に進み、佐藤竺教授のゼミに所属して行政学を学ぶ。大学ではアーチェリー部に所属し、準レギュラーだった[5]。大学生の頃は人付き合いが良く、大人しく真面目だったという[4]。1977年春に渡米し、カリフォルニア州ヘイワードの英語学校に通うが、日本人だらけで勉強に障害があると判断して通学を止め、その後イタリア系アメリカ人の家に下宿しながらロングビーチの語学学校に通った[6]。秋に南カリフォルニア大学への入学許可が出され留学した[7]。
会社員時代

1979年(昭和54年)4月に帰国し、神戸製鋼に入社。ニューヨーク事務所、加古川製鉄所、東京本社で勤務した[1]。加古川製鉄所での経験は、「私の社会人としての原点[8]」、あるいは「私の原点[9]」だったと回顧している。
政界入り
秘書時代

神戸製鋼に3年間勤務した後、1982年(昭和57年)から当時外務大臣に就任していた父・晋太郎の下で秘書官を務める[10]。1987年(昭和62年)6月9日、当時森永製菓社長だった松崎昭雄の長女で電通社員の昭恵と新高輪プリンスホテルで結婚式を挙げた。媒酌人は福田赳夫夫妻が務めた[11]。

1987年、参議院議員・江島淳の死去に伴う補欠選挙に立候補する意思を示したが、宇部市長・二木秀夫が出馬を表明したことから晋太郎に断念するよう説得され立候補を見送った[12]。
衆議院議員

1991年(平成3年)に総裁候補の最有力と目されていた父・晋太郎が急死。1993年(平成5年)に父の地盤を受け継ぎ、第40回衆議院議員総選挙に山口1区から出馬し初当選。当選後はかつて父・晋太郎が会長を務めた清和政策研究会に所属する(当時の会長は三塚博)[要出典]。1994年、羽田内閣施政下、社会党の連立離脱を期に野党自民党が社会党との連立政権樹立を目指して作った超党派グループ「リベラル政権を創る会」に参加[13]。首班指名選挙では村山富市に投票し自社さ連立政権・村山内閣樹立に貢献[13]。1995年(平成7年)の自民党総裁選では小泉純一郎の推薦人の一人になった。[14]
内閣官房副長官
アメリカ合衆国国務副長官ロバート・ゼーリックと握手を交わす(2006年1月)

派閥領袖の森喜朗首相が組閣した2000年(平成12年)の第2次森内閣で、小泉純一郎の推薦を受け[15]、政務担当の内閣官房副長官に就任。第1次小泉内閣でも再任した。

2002年(平成14年)、水野賢一が外務大臣政務官在任中に台湾訪問拒否され同辞任した際も理解を示し擁護、小泉首相の北朝鮮訪問に随行し、小泉首相と金正日総書記との首脳会談では「安易な妥協をするべきではない」と強硬論を繰り返し主張した。拉致被害者5人の帰国は実現したものの、この日本人拉致問題は日本側の納得する形では決着せずに難航した。内閣参与の中山恭子と共に北朝鮮に対する経済制裁を主張し、拉致被害者を北朝鮮に一時帰国させる方針にも中山と共に頑強に反対した(この拉致問題への対応により、内閣官房長官だった福田康夫との関係に亀裂が入ったといわれる)[15]。西岡力は、対話路線などの慎重論を唱える議員が多かった中で、安倍の姿勢は多くの支持を得たと述べている[16]。

また、北朝鮮対策として通信傍受法の要件緩和・対象拡大を主張した[17]。
自民党幹事長

2003年(平成15年)9月、小泉によって、閣僚未経験者ながら自民党幹事長に抜擢された。事前には筆頭副幹事長もしくは外務大臣への就任が有力視されていたため、小泉の「サプライズ人事」として注目を集めた。自民党は総幹分離の原則が長く続いており、総裁派閥幹事長は1979年の大平正芳総裁時代の斎藤邦吉幹事長以来24年ぶりであった。同年の総選挙で与党は安定多数の確保に成功したが、自民党の単独過半数はならなかった。

幹事長時代には自民党内で恒常化していた「餅代」「氷代」(派閥の長が配下の者に配る活動資金)の廃止、自民党候補者の公募制の一部導入など党内の各種制度の改正を行った。2004年(平成16年)4月の埼玉8区補欠選挙では、自民党史上初の全国的な候補者公募を実施した(公募に合格した柴山昌彦が当選)。

同年夏の参議院選挙では目標の51議席を下回れば「一番重い責任の取り方をする」と引責辞任を示唆。結果は49議席で、しばらく現職に留まった後で辞任した。同年9月から後任の幹事長・武部勤の強い要請を受ける形で党幹事長代理に就任した。
内閣官房長官
大相撲九月場所表彰式に出席(2006年9月24日、両国国技館)
「麻垣康三」も参照

2005年10月31日付で発足した第3次小泉改造内閣で内閣官房長官として初入閣。2006年9月1日に総裁選への出馬を表明。憲法改正や教育改革、庶民増税を極力控えた財政健全化、小泉政権の聖域なき構造改革に引き続き取り組む方針を
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。