gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-07-29 14:44:46 | 日記

そこまで言って委員会NP(読売テレビ)
スッキリ!!(日本テレビ)、2013年4月18日
報道ステーション(テレビ朝日)、2005年1月13日、2012年9月12日、2013年12月20日など
森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ)、2014年3月21日『テレフォンショッキング』コーナー
FNNスーパーニュースアンカー(関西テレビ)、2012年12月19日、2015年1月14日
みんなのニュース(フジテレビ)、2015年7月20日
情報ライブ ミヤネ屋(読売テレビ)、2015年9月4日
ワイドナショー(フジテレビ)、2016年5月1日[注 14]

ラジオ

ザ・ボイス そこまで言うか!(ニッポン放送)、2014年9月11日
辛坊治郎ズーム そこまで言うか! (ニッポン放送)

所属団体

創生「日本」(会長)
神道政治連盟国会議員懇談会(会長[501][出典無効][502])
親学推進議員連盟(会長)
北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟(顧問)
平和を願い真の国益を考え靖国神社参拝を支持する若手国会議員の会(顧問)
天皇陛下御即位二十年奉祝国会議員連盟(顧問)
地下式原子力発電所政策推進議員連盟(顧問)
日本の前途と歴史教育を考える議員の会(事務局長)
日本会議国会議員懇談会(特別顧問)
亜東親善協会[要出典]
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会
公共放送のあり方について考える議員の会
真の人権擁護を考える懇談会
将棋文化振興議員連盟
日韓議員連盟(副幹事長)
憲法20条を考える会
日本の水源林を守る議員勉強会
NAISの会
NASAの会
一億総活躍国民会議(議長)
日本国際フォーラム(元参与[503][出典無効])

脚注
[ヘルプ]
注釈

^ 総理就任記者会見冒頭で「まず初めに、はっきりと申し上げておきたいことは、5年間小泉総理が進めてまいりました構造改革を私もしっかりと引き継ぎ、この構造改革を行ってまいります。」と述べ、むしろ加速させたいとの考えを示した[18]。
^ 官邸で訃報に接した安倍は涙を流し[20]「慙愧に耐えない」[21]と会見し、その晩は公邸で妻の昭恵に「松岡さんにはかわいそうなことをした」[20]と語っている。
^ 9月11日には妻の昭恵に対し「もうこれ以上、続けられないかもしれない」[28]と語ったが、辞任の具体的な日程までは一切明かさなかった[28]。
^ 病室内では新聞は読まずテレビも基本的には視聴せず、外部の情報をシャットアウトした環境下で治療を行った[27]。
^ 入院中、妻の昭恵から政治家引退を勧められたが、安倍は「いや、それは違う」と答え、議員辞職は拒否した[27]。
^ ただし、吉田は初任時は大日本帝国憲法での任命であるため、日本国憲法下で初任だった首相としては安倍が初となる。
^ 『週刊金曜日』において、左派ジャーナリストからは内閣発足当初から集団的自衛権を容認しアメリカに追従する軍国主義的な体制を作ろうとしていると批判された[188]
^ 2013年、6月19日にロンドンで行われた講演で「ではいかにして、成長を図るのか。国を開くこと、日本の市場を、オープンにすることです。これは、政治家となって以来、私の中に流れる一貫した哲学でした。」と国を開いていく意欲を示した[189]。
^ 安倍は、成長戦略の方針を5つ挙げ、そのひとつに「人材や産業を始めとする徹底したグローバル化」を挙げた[190]。
^ 安倍は会議の中で、「世界の人材、資金、技術を引き付け、日本の成長に結び付けるためにも、日本国内の徹底したグローバル化を進めていかなければならない。」という見解を示した[191]。
^ 同日にジャカルタで行う予定であったが、安倍がアルジェリア人質事件発生の影響で予定を早めて緊急帰国することとなったことにより行われなかったスピーチが、首相官邸のHPで公開されている[239]。
^ 日本国債の国際的流動化について2013年クリアストリームなどを交えて協議。国家財源の自給率を低下させる政策。

日銀決済局 「新日銀ネットの有効活用に向けた協議会」第3回会合の議事概要について 2013年11月29日
同年9月3日、上のソースにて、野村証券とユーロクリアが息をそろえて国債流動化をPR

^ 一族では大叔父の佐藤栄作が1973年、兄嫁の父である牛尾治朗が1981年に受賞している。
^ 当初は4月17日に放送予定であった[498]が、4月14日に発生した平成28年(2016年)熊本地震のニュースのため放送延期[499]となり、5月1日の放送になった[500]。

出典

^ a b c 梶川浩伸. “夕刊フジ特捜班「追跡」-3回生の衝撃- - 「安倍晋三」大研究(2) -”. 夕刊フジ. 2007年9月26日閲覧。
^ “第10回「40年ぶりの給食」”. 政府インターネットテレビ:安倍総理のライブ・トーク官邸/政府広報オンライン (2006年12月14日). 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月26日閲覧。
^ “政治・安倍政権は国民の支持がカギ―平沢勝栄氏インタビュー”. JANJAN (2006年9月8日). 2007年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月26日閲覧。
^ a b 満富俊吉郎; 徳永裕介 (2006年9月19日). “「人間・安倍晋三の実像」(1)”. ライブドア・ニュース. 2007年9月26日閲覧。
^ 『滋賀市民新聞』2007年2月12日 第4784号
^ 『月刊現代』 2003年12月号「安倍晋三 気骨と血脈」、野上忠興
^ 『報知新聞』2月16日
^ “安倍内閣メールマガジン 第21号 - 更生する少年たちの心” (2007年3月15日). 2007年9月26日閲覧。
^ “= 政府インターネットテレビ:安倍総理のライブ・トーク官邸/政府広報オンライン 第20回「26年ぶりの職場/少年院」” (2007年3月15日). 2016年3月13日閲覧。
^ 『安倍晋三』 - コトバンク
^ 安倍洋子 『わたしの安倍晋太郎』 ネスコ、1992年
^ 安倍洋子 『わたしの安倍晋太郎』 ネスコ、1992年
^ a b 大宮研一郎、グループB 『自・社連立政権政治家・官僚人脈地図』 株式会社双葉社、東京都、1994年9月20日、14-15頁(日本語)。ISBN 4575283711。2017年5月26日閲覧。
^ 『自民党総裁選 焦点は票差、両陣営始動 出陣式に橋本氏側224人参集』 読売新聞 東京朝刊 三面 1995年9月11日
^ a b 満富俊吉郎; 徳永裕介 (2006年9月19日). “「人間・安倍晋三の実像」(2)”. ライブドア・ニュース. 2007年9月26日閲覧。
^ 西岡力「民意は安倍政権の拉致政策を支持」(『産経新聞』2006年8月3日付「正論」欄)
^ 「法制度の壁はあるが、弱みを見せてはいけない 時間はわれわれに有利にはたらく」 - 『中央公論』2003年8月号 安倍晋三(インタビュー)、橋本五郎
^ a b 安倍内閣総理大臣記者会見 2006年9月26日
^ ワシントンポスト2007年3月24日
^ a b 安倍昭恵 2008, p. 32.
^ “ざんきに堪えないと安倍首相”. 四国新聞. (2007年5月28日) 2016年4月28日閲覧。
^ a b 安倍昭恵 2008, p. 29.
^ “自民総務会で首相退陣論が噴出「政権選択迫ってしまった」”. 読売新聞. (2007年7月31日). オリジナルの2008年5月19日時点によるアーカイブ。 2010年7月13日閲覧。
^ 赤城農水相辞任 自民党内から「遅すぎる」 | 日テレNEWS24
^ 「わが告白 総理辞任の真相」『文藝春秋』平成20年2月号
^ a b c d e f g h 小川栄太郎 2012.
^ a b c 安倍昭恵 2008, p. 30.
^ a b 安倍昭恵 2008, p. 28.
^ テレビニュース速報映像 YouTube TOKYOMX 2007年9月12日
^ 安倍内閣総理大臣記者会見 首相官邸
^ “安倍内閣メールマガジン 第46号”. 内閣官房内閣広報室 (2007年9月13日). 2007年9月26日閲覧。
^ “安倍首相は毎日点滴、53歳誕生日も退院のメド立たず”. 読売新聞. (2007年9月20日) 2007年9月26日閲覧。[リンク切れ]
^ “安倍首相の「判断力に支障なし」”. 産経新聞. (2007年9月18日) 2007年9月26日閲覧。[リンク切れ]
^ “「首相は病状と辞任との関係説明を」官房長官”. 産経新聞. (2007年9月20日) 2007年9月26日閲覧。[リンク切れ]
^ “安倍首相:病中会見 辞任は「最悪のタイミング」と陳謝”. 毎日新聞. (2007年9月24日) 2007年9月26日閲覧。[リンク切れ]
^ “安倍首相:置かなかった首相臨時代理 政府内にも疑問の声”. 毎日新聞. (2007年9月24日) 2007年9月26日閲覧。[リンク切れ]
^ “安倍首相、慶應義塾大学病院に検査入院”. 読売新聞. (2001年9月13日)
^ 安倍首相が風邪、公邸に直帰、時事通信。2007年9月11日
^ “完全保存版 著名人たちが明かす「私の名医」 いい医者に会えてよかった!”. 週刊現代 (講談社). (2011-10-22) 2012年9月27日閲覧。.
^ 「無責任の極み」と批判 野党、衆院解散を求める構え(2007年9月12日 東京新聞)
^ “「無責任の極み」と批判 野党、衆院解散求める構え”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年9月12日) 2015年9月5日閲覧。
^ “与党、衝撃と戸惑い広がる 「何でこの時期に」と絶句”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年9月12日) 2015年9月5日閲覧。
^ “「政権投げ出し」は無責任 与党内も「理解できぬ」”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年9月12日) 2015年9月5日閲覧。
^ “感覚疑う、みっともない 各地の自民関係者”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年9月12日) 2015年9月5日閲覧。
^ “首相辞任「無責任」70% 本社緊急世論調査”. 朝日新聞. (2007年9月13日). オリジナルの2007年9月29日時点によるアーカイブ。 2007年9月26日閲覧。
^ 木村正人 (2007年9月13日). “「安倍首相は臆病者」英メディア酷評”. MSN産経ニュース (産経新聞). オリジナルの2007年9月30日時点によるアーカイブ。 2017年2月22日閲覧。
^ http://www.j-cast.com/2012/10/01148485.html?p=all 安倍元首相の「腹痛」を揶揄
^ http://www.sankei.com/premium/news/160210/prm1602100002-n1.html 安倍首相を悩ます難病・潰瘍性大腸炎の治療に光明が
^ 日刊ゲンダイ2007年9月8日、内閣で「孤立」した安倍首相…「麻生にはめられた」と不信感も
^ “首相の辞意、麻生幹事長「自分以外にも知っていた人いる」”. 読売新聞. (2007年9月19日) 2007年9月26日閲覧。[リンク切れ]
^ “中川前幹事長にも伝達の可能性 首相辞意 与謝野長官”. 産経新聞. (2007年9月19日) 2007年9月26日閲覧。[リンク切れ]
^ “安倍前首相が仮退院 自宅療養へ”. 日テレNEWS24. (2007年9月27日). オリジナルの2012年10月12日時点によるアーカイブ。 2011年1月22日閲覧。
^ “安倍前首相が国会復帰=新テロ法案「衆院通過に安心」”. 時事通信社. (2007年11月13日). オリジナルの2007年11月16日時点によるアーカイブ。 2016年7月31日閲覧。
^ a b 石橋文登 (2007年12月24日). “安倍前首相インタビュー 政界混乱を謝罪 年明け活動再開 (5/5ページ)”. 産経新聞. オリジナルの2007年12月27日時点によるアーカイブ。 2007年12月24日閲覧。
^ “「原稿読み飛ばし」が決定的要因 退陣めぐり安倍前首相”. 中日新聞. オリジナルの2008年1月17日時点によるアーカイブ。
^ 「わが告白 総理辞任の真相」『文藝春秋』2008年2月号
^ 葛西大博 (2008年3月6日). “安倍前首相:クールアース50懇話会座長就任、本格始動 「表舞台早過ぎ」批判も”. 毎日新聞 2008年3月6日閲覧。[リンク切れ]
^ “asahi.com:安倍氏、再チャレンジ始動? 「美しい星」勉強会座長に - 政治”. 朝日新聞. (2008年3月5日). オリジナルの2008年3月6日時点によるアーカイブ。 2008年3月5日閲覧。
^ 石橋文登 (2008年3月6日). “安倍氏が町村派復帰 派内の接着剤に期待感(1/2ページ) - MSN産経ニュース” (日本語). 産経デジタル. 2008年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月6日閲覧。
^ 「小沢に保守層取り込みを許した自民党「平沼総裁構想」の蹉跌」、『SAPIO』第21巻第19号、小学館、2009年11月11日、 27-28頁。
^ “「日印、同盟に近い」 安倍氏、中国を牽制”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2010年10月25日). オリジナルの2010年10月28日時点によるアーカイブ。 2010年10月25日閲覧。
^ “自民総裁選:安倍晋三元首相が新総裁に” (2012年9月26日). 2012年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月26日閲覧。
^ “自民総裁に安倍氏 決選で石破氏を逆転 (永田町ライブ)”. 日本経済新聞 (2012年9月26日). 2016年9月28日閲覧。
^ “第30回2013年 年間大賞”. ユーキャン. 2016年5月6日閲覧。
^ 自民 ASEANでTPP参加表明反対 NHKニュース 2012年11月15日(2012年11月15日時点のウェブ魚拓)
^ 自民総裁、TPP「守るべきものは守っていく交渉できる」日本経済新聞 2012年11月15日
^ 米倉経団連会長が「いいことだ」を連発 中国の新体制など好感 MSN産経ニュース 2012年11月15日 - ウェイバックマシン(2012年11月15日アーカイブ分)
^ 【TPP参加問題、民主党から大量離党者など】安倍晋三総裁(2012.11.15)(動画) - YouTube
^ 進展見込まれるTPP交渉 まずは米国から情報収集 sankeibiz 2012年12月17日
^ 政策巻き戻しに本腰 共同通信 2012年12月28日
^ 甘利明氏「TPP参加でアジア取り込む」、自民県連が勉強会神奈川新聞 2011年12月18日
^ アジア太平洋地域の国際公共財としてのTPPnippon.com 2011年12月8日
^ TPP参加は「強い安保・経済」への分水嶺wedge 2010年12月21日 (2011年1月11日のアーカイブ)
^ 維新の衆院選候補者選定、委員長に竹中平蔵氏 日本経済新聞 2012年9月26日(2012年9月30日のアーカイブ)
^ “経済財政諮問会議、現役社長2人を起用へ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年12月28日). オリジナルの2013年1月4日時点によるアーカイブ。
^ 「安倍氏、IT企業と急接近 三木谷「新経連」の重み増す」Jcastニュース2012/12/26
^ TPP問題の先にあるもの-問われているのは成長戦略SMBCコラム 2011年11月1日(2012年12月28日時点のウェブ魚拓)
^ 人口移動という視点から農村と地方都市の再生を考える 日経BP 2012年10月04日(2012年10月12日のアーカイブ)
^ 国民会議、30日に初会合 伊藤元重東大教授ら15人決定へ 日本経済新聞 2012年11月23日(2013年5月22日のアーカイブ)
^ 消費税引き上げで市場に財政健全化の意思と能力を示した 日経BP 2012年08月23日
^ TPP参加判断、「まだプロセスの過程」農業共同組合新聞 2013年2月23日
^ 関税撤廃、事前の約束求められず時事通信 2013年2月23日
^ TPP賛成63%に増共同通信 2013年2月24日
^ TPP交渉、53%が参加表明賛成産経新聞 2013年2月25日(2013年2月25日のアーカイブ)
^ 経済政策・TPP交渉報道ステーション 2013年2月24日
^ 内閣支持70%に上昇、TPP賛成47% 本社調査日本経済新聞 電子版 2013年2月24日(2013年5月22日のアーカイブ)
^ TPP交渉参加、後発組に出された3条件読売新聞 2013年3月8日
^ TPP不利な条件 首相、事実説明を拒否 照会の有無も答えず東京新聞 2013年3月8日
^ “TPP「後発組」に条件、やむを得ない…首相”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2013年3月9日). オリジナルの2013年3月9日時点によるアーカイブ。 2013年3月9日閲覧。
^ TPP条件 政権移行直後に把握東京新聞 2013年3月9日
^ 自民対策委がTPP決議 首相に申し入れへ読売テレビ 2013年3月14日
^ 首相、TPP交渉参加を表明 未来の繁栄約束読売新聞 2013年3月15日
^ 米に足元見透かされ 「あのタイミングで表明 意味なくなる」東京新聞 2013年4月13日
^ TPP、米に払った「入場料」 本交渉での教訓に 日本経済新聞 2013年4月13日
^ TPP、危うい国益 日本、合意急ぎ米要求のむ 米国、「すべて関税ゼロ」狙う朝日新聞 2013年4月13日
^ “TPP:乗り遅れ焦る日本 交渉前の大幅譲歩も”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年4月8日). オリジナルの2013年5月1日時点によるアーカイブ。
^ “TPP事前協議:日米合意 自動車関税を最大限延長”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年4月12日). オリジナルの2013年5月1日時点によるアーカイブ。
^ TPP、攻守両面で周到な戦略必要 保険分野でも大幅譲歩sankeibiz 2013年4月13日
^ 郵政、上場に不透明感 TPPで新規業務凍結 日本経済新聞 2013年4月13日
^ “TPP日米事前協議の合意内容”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月13日). オリジナルの2013年4月13日時点によるアーカイブ。 2013年4月13日閲覧。
^ TPP交渉 これからが国益高める本番だ 日本経済新聞 2013年4月13日
^ a b c d 首相官邸『ニューヨーク証券取引所 安倍内閣総理大臣スピーチ』2013年、9月25日。
^ TPP協定及びTPP協定整備法を議決 参議院 2016年12月9日
^ Trump trade strategy starts with quitting Asia pact: White House Reuters 2017年1月20日
^ 日米首脳会談:経済対話開始で合意-TPP頓挫で日本が提案 Bloomberg 2017年2月11日
^ 安倍晋三首相「TPP、米以外の各国とも議論」 産経ニュース 2017年3月1日
^ ワッセナー合意とは オランダ病を克服 日本経済新聞 2013年3月22日
^ 与那国町漁協便り
^ 賃上げへ政労使協定 脱デフレ、官民で構想浮上日本経済新聞 2013年3月24日
^ 竹中平蔵、幸田真音『ニッポン経済の「ここ」が危ない!―最新版・わかりやすい経済学教室』(文藝春秋社、2008年)
^ 与那国町漁協便り - 4月11日、12日、14日
^ 日台漁業協定に「強い憤り」 沖縄知事、見直し要求
^ 台湾船、はえ縄違法投下 水産庁報告
^ 「IOC総会における安倍総理プレゼンテーション」首相官邸 平成25年9月7日
^ 「福島第一タンク周辺 100ミリシーベルト超汚染水漏れ」東京新聞 2013年8月20日
^ 「汚染水漏えい量は300トン」NHKニュース 2013年8月20日 17:59更新
^ 「ヘッドラインではなく事実みて」汚染水巡る首相発言 朝日新聞デジタル 2013年9月8日2時0分
^ 汚染水漏れなど続出、“東電任せ”の限界 - 東洋経済
^ 「汚染水、安倍首相の「完全にブロックしている」発言が東電発表と食い違い」The Huffington Post | 投稿日: 2013年09月10日 08時12分 JST | 更新: 2013年09月10日 12時17分 JST
^ 朝日新聞デジタル 汚染水に関するトピックス
^ 2014年3月3日国会答弁
^ 安倍首相「0.3平方キロはどこ?」/現地視察の際、東電幹部に/範囲知らず発言か 47news 2013/09/21 12:14
^ 秘密保護法反対が半数超 汚染水「制御」83%不信 共同通信世論調査 47トピックス
^ “本社世論調査:秘密保護法案「反対」59%”. 毎日新聞. (2013年11月12日). オリジナルの2013年11月12日時点によるアーカイブ。 2013年12月6日閲覧。
^ “特定秘密保護法案、6割「必要」も「今国会成立見送るべき」82% 産経・FNN世論調査”. 産経新聞. (2013年11月18日) 2013年12月2日閲覧。
^ “秘密保護法案、賛成25%反対50% 朝日新聞世論調査”. 朝日新聞. (2013年12月1日) 2013年12月2日閲覧。
^ 秘密保護法「議論十分でない」76% 朝日新聞世論調査. 朝日新聞. (2013年12月7日). 2013年12月21日閲覧。
^ “2013年12月調査”. テレビ朝日. 2013年12月6日閲覧。
^ 2013年12月定例世論調査日本テレビ2013年12月15日(2013年12月15日閲覧)
^ “秘密法案に賛成45%、反対41%”. 共同通信社. (2013年11月24日) 2013年12月2日閲覧。
^ 特定秘密保護法案、強行採決で衆院委通過、維新は退席 朝日新聞 2013年11月26日
^ “野党7党慎重審議を要求”. NHK NEWSWEB (日本放送協会). (2013年12月2日). オリジナルの2013年12月2日時点によるアーカイブ。
^ “秘密保護法案:与党が強行可決で成立”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年12月6日). オリジナルの2013年12月21日時点によるアーカイブ。
^ 内閣支持率5割割る 秘密保護法成立「良くない」66・2%. 産経新聞. (2013年12月16日)
^ 秘密法「修正・廃止を」が82% 内閣支持率急落47%
^ 国連、秘密保護法案に「重大な懸念」…人権高等弁務官事務所 日経新聞 2013年11月23日
^ “秘密保護法案:国連人権理の特別報告者 日本に懸念表明”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年11月22日). オリジナルの2013年11月25日時点によるアーカイブ。
^ [1] 日本外国特派員協会
^ Japan beschliesst umstrittenes gesetz gegen whistleblower(ドイツ語)
^ Japan schraenkt pressefreiheit ein duerfen wir ueber den atomunfall in Fukushima noch berichten(ドイツ語)カーステン・グリム特派員
^ 【秘密保護法案、国際基準を逸脱】米政府元高官ハルペリン氏 秘密多いと管理困難に共同通信2013年11月23日(2013年12月3日閲覧)
^ “特定秘密保護法成立、米・国務省が歓迎”. TBSニュース. (2013年12月7日) 2013年12月7日閲覧。
^ “米、特定秘密保護法成立を歓迎”. 産経新聞. (2013年12月7日) 2013年12月7日閲覧。
^ “秘密保護法案:衆院通過、海外メディアは…”. 毎日新聞. (2013年11月27日) 2013年12月2日閲覧。
^ a b “普天間移設:会談25分 首相発言に知事「立派な内容」”. 毎日新聞. (2013年12月25日) 2013年12月29日閲覧。
^ “辺野古埋め立て申請、沖縄県知事が承認 普天間移設問題”. 朝日新聞. (2013年12月27日) 2013年12月29日閲覧。
^ 安倍氏、デフレ脱却前の増税反対=石破・石原氏、尖閣国有化支持―自民総裁選討論会時事通信 2012年9月15日
^ 異次元緩和の効果順調、現行の消費増税でも成長損なわずロイター通信 2013年7月29日
^ a b 今後の経済財政動向等についての集中点検会合
^ 消費増税、有識者の賛否一覧表日本経済新聞 2013年8月30日
^ 安倍首相「消費税率アップ」表明へ 10月1日の記者会見でThe Huffington Post 2013年10月1日
^ 経済・物価情勢の展望(2013年10月) 政策委員の見通し分布チャート
^ 2014年の経済展望 アベノミクス、異次元金融緩和と日本経済日本記者クラブ 2014年1月27日
^ 研究会「2014年経済見通し」 早川英男富士通総研経済研究所エグゼクティブ・フェロー日本記者クラブ 2014年1月27日
^ デフレ脱却困難なら引き上げせず 消費税10%で首相産経新聞 2014年6月25日
^ 5月機械受注は過去最大の減少幅ロイター通信 2014年7月10日
^ 5月家計調査:世帯消費が8%減 震災発生時以来の減少幅毎日新聞 2014年6月27日
^ 6月の鉱工業生産、大震災以来の低下幅-「弱含み」に下方修正bloomberg 2014年7月30日
^ 鉱工業生産6月は出荷が5カ月連続減、在庫積み上がりで夏も停滞感ロイター 2014年7月30日
^ 7月10日発表:7-9月期実質成長2.65%に―消費者物価の上方修正が続く
^ 7-9月成長率2.6% 民間予測、景況感が改善共同通信 2014年7月10日
^ ■■フォーキャスター一覧■■
^ “4~6月GDP、年6・8%減…震災以来の低迷”. 読売新聞. (2014年8月13日) 2014年8月14日閲覧。
^ ESPフォーキャスト調査日本経済研究センター 2014年8月12日
^ 「経済成長こそ最優先」=安倍首相、月刊誌に寄稿時事通信 2014年8月7日
^ 首相 消費増税見送れば社会保障予算減もNHKニュース 2014年10月7日
^ 日本成長率のIMF予想、先進国で最大の下方修正ロイター 2014年10月7日
^ 消費増税めぐるIMF報告書の矛盾 増税は重要だが、内需に打撃zakzak 2014年10月16日
^ 焦点:政府に増税ハードル引き下げ論、民間成長予想の下方修正相次ぐロイター 2014年10月16日
^ 両トップが先送りけん制テレビ東京 2014年10月17日
^ 消費税10%先送りは少子化対策「困難に」 麻生財務相朝日新聞 2014年10月18日
^ 国債の大量買い防止 財務省検討、発行の半分までに 日本経済新聞 2014年10月15日
^ 国債購入で予定未達の「札割れ」に産経新聞 2014年10月17日
^ 安倍首相インタビュー アベノミクスに時間必要日本経済新聞 2014年10月21日
^ 「景気に弱さ」判断を連続下方修正、消費足踏みが生産に波及=月例経済報告ロイター 2014年10月21日
^ 消費税:慎重派が活発化 自民、容認派と綱引き激しく毎日新聞 2014年10月22日
^ 安倍首相、12月14日投票の意向=来週衆院解散へ―増税1年半延期の方向時事通信 2014年11月14日
^ 安倍内閣総理大臣記者会見 首相官邸
^ 安倍晋三首相が記者会見「アベノミクス加速に力強い信任得た、産経新聞、2016年7月11日、2016年7月13日閲覧。
^ 安倍晋三首相、自民党の歴史的惨敗に「深く反省しなければいけない」 産経新聞 2017年7月3日
^ 時事通信 2013年2月9日
^ 「天皇の生前退位問題」安倍首相が早期決着を目指す理由 PRESIDENT Online 2016年12月26日
^ やっぱり「政争の具」になった退位問題 天皇の「ご意向」に怯える安倍政権 週刊朝日 2017年2月10日号
^ 天皇陛下、18年中に退位へ 公務すべて新天皇に 日本経済新聞 2017年4月21日
^ 「退位」特例法が成立…18年末実現を軸に検討 Yomiuri Online 2017年6月7日
^ 安倍晋三首相「国家の基本あると改めて実感」 産経ニュース 2017年6月9日
^ “過去のニュースフラッシュ”. 出版業界紙『新文化』 (2006年10月27日). 2007年9月26日閲覧。
^ 『安倍晋三の本性』俵義文、魚住昭、横田一、佐高信 『週刊金曜日』取材班、(「金曜日」 2006年11月)
^ a b 首相官邸『安倍総理大臣・経済政策に関する講演』2013年、6月19日。
^ 平成26年4月4日経済財政諮問会議及び経済財政諮問会議・産業競争力会議合同会議
^ 平成26年4月4日経済財政諮問会議及び経済財政諮問会議・産業競争力会議合同会議
^ a b “第165回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説” (日本語). 内閣官房内閣広報室 (2006年9月29日). 2006年9月29日閲覧。
^ 首相官邸『「日本とASEAN・Always in tandem――「3本の矢」で一層のWin-Win関係へ」に関する講演』2013年、7月26日。
^ a b 首相官邸『世界経済とのさらなる統合 ~経済連携をバネに日本を拠点に世界へ~』
^ “第166回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説” (日本語). 内閣官房内閣広報室 (2007年1月26日). 2007年1月26日閲覧。
^ 安倍政権、分権議論に着手 道州制で野党と連携探る :日本経済新聞2013年3月9日付、2013年3月25日閲覧。
^ 新成長戦略に「ローカル・アベノミクス」 第3の矢は地方重視 日本経済新聞 2014年6月30日
^ 国家戦略特区 首相官邸
^ 構造改革特区 首相官邸
^ 第168回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説 平成19年9月10日
^ 道州制特別区域推進本部
^ a b c d e 【異論暴論】どうした、安倍政権! 隠された中国人移民の急増と大量受け入れ計画 正論5月号
^ a b “自民・安倍氏、初入閣に意欲示す”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2005年10月22日). オリジナルの2014年4月2日時点によるアーカイブ。
^ a b 首相官邸『アジア・ゲートウェイ構想の概要』-3.アジア高度人材ネットワークのハブを目指した留学生政策の再構築- 平成19年5月16日
^ a b c d 出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案 閣法第55号 閣議決定日:平成26年3月11日
^ a b c d 永住権、在留3年に短縮 外国人技術者ら向け改正案 日本経済新聞 2014/3/11 11:46
^ 外国人労働者拡大へ 首相、家事支援など活用指示「女性の活躍推進の観点から」、2014.4.4 23:52。
^ a b c d 安倍首相、「移民受け入れ」方針じゃなかった テレビ番組で「ノー」、「負の部分」にも言及 J-castニュース 2014年4月21日
^ 衆議院 本会議 平成18年(2006年)10月3日)「在任中に憲法を改正をしたい」との考えを述べた。(平成18年12月19日)
^ a b 週刊「世界と日本」1718号。講演録はじゅん刊「世界と日本」1070号に掲載(2007年1月6日時点のアーカイブ)
^ 産経新聞2016年7月25日朝刊6面
^ 首相「2020年に新憲法」9条に自衛隊明記 日本経済新聞 2017年5月4日
^ 安倍首相、平和憲法の改正期限を2020年に設定(Abe sets 2020 target to revise Japan’s pacifist constitution) Financial Times 2017年5月3日
^ Japanese leader sets 2020 deadline for changing pacifist constitution CNN 2017年5月3日
^ 外交-安倍晋三公式ウェブサイト
^ 外務省:我が国の重点外交政策「自由と繁栄の弧
^ 麻生太郎「とてつもない日本」(新潮新書)154ページ〜
^ 【施 光恒】「自由と繁栄の弧」路線をどうとらえるか 三橋貴明の「新」日本経済新聞 2012年12月28日
^ “首相、日米軸に「価値観外交」…アジア連携重視”. 読売新聞. (2012年12月29日). オリジナルの2012年12月30日時点によるアーカイブ。 2013年1月2日閲覧。
^ Asia's Democratic Security Diamond by Shinzo Abe
^ a b c 道傳愛子 (2013年1月8日). “時論公論「安倍政権 アジア外交の課題〜東南アジアへの視点」”. NHK解説委員室. NHK. 2013年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月5日閲覧。
^ a b 外務省「安倍総理大臣の東南アジア訪問」
^ 安倍首相の唱える「価値観外交」で、日中関係は修復するのでしょうか(読売新聞)
^ 上久保誠人「「平和と繁栄の弧」+「戦略的互恵関係」 安倍自民党総裁の国際戦略を再評価する」
^ 日米首脳会談 追従外交に逆戻りした(2月24日)北海道新聞 社説 2013年3月5日閲覧
^ 対米従属に懸念 孫崎享さん講演 沖縄タイムス2013年2月23日09時42分 2013年3月5日閲覧
^ 首相「対米追随外交ではない」 msn産経ニュース2013.3.5 11:33 2013年3月5日閲覧
^ リニア新幹線の技術をアメリカに無償提供 日米首脳会談で表明へ The Huffington Post | 投稿日: 2014年04月13日 12時58分 JST | 更新: 2014年04月13日 13時09分
^ a b 日米首脳会談:リニア技術、米に無償提供毎日新聞 2014年04月24日 20時46分(最終更新 04月25日 00時32分)
^ IWJ 2014/09/13 【三重】「本当の戦場を知らない人たちが、勇ましいことを言う」 ~山中光茂×志葉玲「今、ガザで起きていること」 Ustream 1/2 5:20頃
^ “安倍晋三首相とヒラリー氏の会談、米大統領選直前に“異例” にじむトランプ氏への不信感、日米同盟崩壊への危機感”. 産経新聞. (2016年9月20日) 2017年1月15日閲覧。
^ “安倍首相がトランプ氏に贈ったドライバーは「中国企業ゆかりの品」”. 週刊ダイヤモンド. (2016年11月24日) 2017年1月15日閲覧。
^ “安倍氏、トランプ氏に中国製「本間」ゴルフクラブ 保護貿易を警告?”. 中央日報. (2016年11月24日) 2017年1月15日閲覧。
^ “「安倍首相、トランプ氏に中国製ゴルフドライバーをプレゼント”. BRIDGE. (2016年11月24日) 2017年1月15日閲覧。
^ 久保信博 (2014年7月17日). “日本の武器輸出が本格化、英とミサイル研究・米にセンサー”. トムソン・ロイター 2014年7月17日閲覧。
^ “日英でミサイル技術を共同研究 政府、NSCで決定へ”. 日本経済新聞. (2014年7月17日) 2014年7月17日閲覧。
^ “2件の防衛装備の海外移転を認め得ることとしました”. 経済産業省. (2014年7月17日) 2014年8月17日閲覧。
^ 日本経済新聞 2014年7月18日付け3面より
^ 開かれた、海の恵み ―日本外交の新たな5原則―(首相官邸)
^ “社団法人「亜東親善協会」年度総会で安倍晋三・元首相が新会長に選出”. 台北駐日経済文化代表処 (2012年5月8日). 2015年8月9日閲覧。
^ “台湾当局、親台の安倍政権は「われわれにとってプラス」=中国報道”. サーチナ (2012年12月17日). 2012年12月30日閲覧。
^ 2015年3月27日参議院予算委員会にて。“【参院予算委詳報】安倍首相「友好とは言いなりになることではない」「鳩山元首相で失った信頼取り戻す」”. 産経ニュース (産経新聞). (2015年3月27日) 2015年3月28日閲覧。
^ 2015年3月27日参議院予算委員会にて。“我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 平成27年7月29日”. 国会会議録検索システム (国立国会図書館). (2015年7月29日) 2016年7月23日閲覧。
^ “中国人留学生を拡大 安倍氏、関係改善に意欲”. 共同通信社. 47NEWS. (2006年9月5日) 2010年6月28日閲覧。
^ “安倍内閣総理大臣の中国訪問(概要)”. 外務省. (2006年10月8日) 2016年11月2日閲覧。
^ 宋堅之『忘れ難き歳月 記者たちの見た中日両国関係』207頁、五洲伝播出版社
^ “韓日国交正常化50周年記念式”. 首相官邸 (2015年6月22日). 2016年10月19日閲覧。
^ 自民党新総裁・安倍晋三氏ってどんな人? 朝鮮日報 2006年9月21日(2008年10月1日 05:29時点のウェブ魚拓)
^ “安倍首相と韓国次期大統領は「特別な縁」 交流深く―中国報道”. FOCUS-ASIA. (2013年1月25日) 2017-01-002閲覧。
^ “安倍内閣総理大臣記者会見”. 内閣官房内閣広報室 (2006年9月26日). 2007年9月26日閲覧。
^ “首相、韓国への歩み寄り指示 世界遺産登録で採決回避優先”. 共同通信社. 47NEWS. (2015年7月19日) 2015年8月9日閲覧。
^ “外務省ホームページ「韓国との基本的価値共有」を削除”. 産経ニュース (産経新聞). (2015年3月4日) 2015年8月9日閲覧。
^ “極右”安倍首相を評価し始めた韓国 有力紙も編集方針変更(MSN産経ニュース2013年3月23日)
^ http://www.sankei.com/politics/news/151106/plt1511060015-n1.html
^ “日韓、初の防衛協力協定=機密共有を迅速化-北朝鮮に対抗”. 時事通信. (2016年11月23日) 2017年1月2日閲覧。
^ “安倍首相、北に対するテロ支援国家指定の解除に反対”. 朝鮮日報. (2007年2月23日). オリジナルの2007年10月13日時点によるアーカイブ。 2007年9月26日閲覧。
^ 安倍首相声明「厳重に抗議、最も強い言葉で非難」
^ “安倍総理、異例の国連演説 冒頭から北を名指し批判”. テレビ朝日. (2016年9月22日) 2017年1月2日閲覧。
^ “第166回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説”. 内閣官房内閣広報室 (2007年1月26日). 2007年9月26日閲覧。
^ 「日豪首脳、安保共同宣言に署名・EPAは4月交渉入り」日本経済新聞 2007年3月14付
^ 「日豪 安保で共同宣言 対北朝鮮、PKO連携強化 首脳会談」西日本新聞 朝刊 2007年3月14日付
^ 安倍総理のインド訪問(概要)
^ 「二つの海の交わり」 Confluence of the Two Seas(外務省)
^ 日印首脳会談 安倍晋三首相の9月訪印で調整 日米印の安保協力強化で一致 産経新聞 2017年7月8日
^ “歴訪中の安倍首相、コートジボワール大統領と会談へ”. 朝日新聞デジタル. (2014年1月10日). オリジナルの2014年1月10日時点によるアーカイブ。 2015年8月9日閲覧。
^ 「「法の番人」にも安倍色 法制局長官に小松氏」日本経済新聞2013/8/3
^ 「質問第九七号第190回国会(常会)2016/4/7
^ “非核三原則に関する質問主意書”. 内閣衆質一六五第一二五号 (2006年10月27日). 2007年9月26日閲覧。
^ “衆議院議員鈴木宗男君提出 非核三原則に関する質問に対する答弁書”. 内閣衆質一六五第一二五号 (2007年1月7日). 2007年9月26日閲覧。
^ “禁輸三原則「撤廃」も/武器輸出に新指針検討/安倍首相前向き/歯止めの議論不可欠”. 共同通信. (2013年7月24日) 2013年12月25日閲覧。
^ “武器輸出、禁止から管理へ 政府、新原則原案で方針転換”. 朝日新聞. (2013年12月5日) 2013年12月25日閲覧。
^ “小野寺防衛相“武器輸出三原則見直すべき””. NHK. (2013年9月28日) 2013年9月28日閲覧。
^ “武器輸出の新原則、政府が原案示す 与党PT”. 朝日新聞. (2014年3月13日) 2014年3月13日閲覧。
^ “武器輸出、包括容認へ 政府が新原則を閣議決定”. 日本経済新聞. (2014年4月1日) 2015年1月4日閲覧。
^ 安倍首相、南スーダン情勢「安全確保困難なら自衛隊撤収も」 産経新聞 2016年11月15日
^ “安倍晋三首相「安全保障と危機管理に万全」 情報収集衛星「レーダー5号機」の打ち上げ成功”. 産経ニュース. (2017年3月17日) 2017年3月20日閲覧。
^ 安倍首相、独占インタビュー
^ 尖閣 見解相違認める 日本側譲歩 日中首脳会談へ
^ 「日中関係改善のため、首相は戦争を詫びよ」米専門家が語る"日中関係の今後"
^ “過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態調査プロジェクト”. 2006年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月26日閲覧。
^ a b c 東京新聞 「『親学』考 非科学と時代錯誤の家族観 推進議連に閣僚ずらり」2014年9月6日
^ 教育再生実行会議 首相官邸 2017年5月24日
^ 「WiLL」2010年7月号
^ 「WiLL」10年8月号
^ 「安倍首相のらりくらり… 夫婦別姓めぐり民主・岡田代表がネチネチ追及」、産経新聞、2016年2月29日。
^ 「【衆院予算委】『楽観的に財政再建を考えると国を誤る』と岡田代表 」、民主党ニュース、2016年2月29日。
^ 「インタビュー:政権の女性活躍『本気度感じない』=野田聖子氏」、ロイター、2015年12月21日。
^ 金曜アンテナ 2014年4月11日
^ 第186回国会 青少年問題に関する特別委員会 3号 平成26年04月03日
^ 読売新聞 2007年2月15日
^ 衆院予算委員会 2007年2月23日
^ 北海道新聞 2013年11月4日
^ 安倍首相答弁要旨 「適材適所の閣僚で国政を前進させる責任がある」 衆院代表質問 産経新聞 2016年1月26日
^ 自民がLGBT理解増進法案をとりまとめ 促進策を政府の責務に 産経新聞 2016年5月17日
^ 2006年10月3日産経新聞
^ 日経BPネット2007年7月19日『安倍政権の倒閣を企てた官僚たちの二重クーデター』
^ “参議院 予算委員会”. 3. 第165回国会. (2006-10-13)
^ “第166回 衆議院本会議 4号” (2007年1月30日). 2007年9月26日閲覧。
^ 第166回国会 参議院 予算委員会 第12号 平成19年(2007年)3月19日
^ 「『家族破壊』を招くジェンダーフリー 過激性教育など安倍晋三氏が批判『ポル・ポトを連想する』」産経新聞、2005年6月6日
^ 東京新聞 2014年3月26日 「安倍政権『女性活用』の支離滅裂」
^ 輝く女性応援会議 首相官邸
^ 働き方改革実現会議の開催について 首相官邸 働き方改革実現会議
^ 働き方改革実行計画 働き方改革実行計画(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)本文 2017年3月28日
^ プレミアムフライデーと働き方改革:エコノミストの眼 ハフポスト 2017年3月2日
^ 夏の生活スタイル変革(ゆう活)について 厚生労働省
^ 働き方改革に向け、鉄道各社が「時差Biz」発車 産経新聞 2017年7月1日
^ 読売新聞 2007年1月19日
^ 「安倍首相『大変、抵抗感じる』、『赤ちゃんポスト』関連で見解」『日本経済新聞』2007年2月23日付
^ 「赤ちゃんポスト 首相『抵抗ある』」東京新聞 2007年2月23日付
^ a b “両院協議会会議録情報 第166回国会 国家基本政策委員会合同審査会 第2号” (日本語). 国立国会図書館 (2007年5月30日). 2007年5月30日閲覧。
^ 「首相『5000万件1年で調査』――特例法案衆院委で可決」『讀賣新聞』夕刊、47138号、読売新聞東京本社、2007年5月31日、1面。
^ “第166回国会 本会議 第32号” (日本語). 国立国会図書館 (2007年6月4日). 2017年3月16日閲覧。
^ “J-CASTニュース :「消えた年金」実は解消不能? 支持率急落安倍内閣に追い討ち”. ジェイ・キャスト (2007年6月4日). 2007年6月4日閲覧。
^ “名寄せ困難な年金、1975万件 宙に浮く5000万件”. 朝日新聞. (2007年12月11日). オリジナルの2007年12月11日時点によるアーカイブ。 2007年12月11日閲覧。
^ a b “asahi.com:首相「党のビラ、誤解招いた」 年金公約問題で - 年金記録問題”. 朝日新聞社 (2007年12月17日). 2007年12月17日閲覧。
^ “宙に浮いた年金、統合困難2千万件 公約実現は不可能”. 朝日新聞. (2008年3月14日). オリジナルの2008年3月16日時点によるアーカイブ。 2008年3月14日閲覧。
^ 経済財政諮問会議、現役社長2人を起用へYOMIURI ONLINE
^ 首相官邸 基本方針 平成24年12月26日
^ “1ドル=100円までの経緯”. NHKニュース (NHK). (2013年5月10日). オリジナルの2013年5月10日時点によるアーカイブ。 2013年5月10日閲覧。
^ “東京株337円高、5年4カ月ぶり1万5000円台”. 産経ニュース. (2013年5月15日) 2013年5月15日閲覧。
^ http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=998407.O
^ 東京株、半年ぶり1万5000円回復 寄り付き大幅続伸で産経ニュース(2013年11月15日)2013年11月15日閲覧
^ “東京株、終値は4円高で8日続伸 一時6年ぶり1万6200円台回復も”. 産経新聞 (産経新聞). (2013年12月27日) 2013年12月30日閲覧。
^ 通商白書2015 第1節 我が国の対外収支動向 経済産業省
^ 貿易収支、2016年は6年ぶり黒字 12月は対中輸出が過去最大に ロイター 2017年1月25日
^ 貿易収支4カ月ぶり赤字 5月、資源高で輸入17%増 日本経済新聞 2017年6月19日
^ http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo13_hh_000215.html
^ 外国人の不動産投資が減速 全国賃貸住宅新聞 2016年9月20日
^ 「2020年にはGDP600兆円達成できる」 産経新聞 2015年11月6日
^ 巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書 衆議院 2006年12月13日提出 質問第256号
^ 衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書 衆議院 2006年12月22日
^ 首相官邸 シティ主催歓迎晩餐会 安倍内閣総理大臣スピーチ 平成26年5月1日 ギルド・ホール
^ a b 浜田宏一(イェール大学教授)×安倍晋三(自民党総裁)「官邸で感じた日銀、財務省への疑問。経済成長なしに財政再建などありえない」現代ビジネス 2012年11月29日
^ “安倍首相、消費税8%を表明=「国の信認維持」—経済対策も、午後に記者会見”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 時事通信社 (ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン). (2013年10月1日). オリジナルの2013年10月1日時点によるアーカイブ。
^ 安倍内閣総理大臣記者会見 首相官邸
^ 安倍内閣総理大臣記者会見 首相官邸
^ “第165回国会 衆議院 予算委員会 第3号” (2006年10月6日). 2007年9月26日閲覧。
^ “第165回国会 衆議院 予算委員会 2号” (2006年10月5日). 2007年9月26日閲覧。
^ a b 小山由宇 (2013年3月12日). “安倍首相:「東京裁判は勝者の断罪」…米から批判の可能性”. 毎日jp (毎日新聞社) 2013年3月13日閲覧。
^ 村山談話「継承」 安倍首相が軌道修正 - 産経新聞2013年5月16日
^ “第140回国会 衆議院 決算委員会第二分科会 第2号” (1997年5月27日). 2007年9月26日閲覧。
^ 『中央日報』 2005年4月2日付2面。
^ 第165回国会 予算委員会 第2号 平成十八年十月五日(木曜日)
^ 駐韓米大使が爆弾発言「慰安婦問題は人権侵害だ」
^ 第166回国会 予算委員会 第3号 平成十九年三月五日(月曜日)
^ a b c “「安倍首相:従軍慰安婦で日本の責任認める 米メディアに”. 毎日新聞. (2007年4月21日)
^ 2013年5月14日 読売新聞
^ 閣議決定
^ 英: I feel deeply sorry that they were forced to be placed in such extremely painful situations.
^ 英: We feel responsible for having forced these women to go through that hardship and pain as comfort women under the circumstances at the time.
^ “Abe explains sex slave comments” (英語). BBC News (2007年4月27日). 2007年9月26日閲覧。
^ “河野談話見直しを視野安倍首相、有識者会議を検討”. 産経ニュース (産経新聞). (2012年12月28日). オリジナルの2012年12月27日時点によるアーカイブ。 2017年2月26日閲覧。
^ “安倍総理、従軍慰安婦問題を謝罪”. YouTube. 2013年3月10日閲覧。
^ “「日米首脳会談 安倍首相、慰安婦謝罪具体的表現なし」”. 中央日報. オリジナルの2007年5月2日時点によるアーカイブ。 2007
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。