Kind of Good

私の好きなもの

久しぶりのパン焼き器

2017-02-13 11:18:21 | Weblog
孫の離乳食においしいパンが欲しいというので、我が家で使っていたホームベーカリーを息子に譲っていた。
今はもう使っていないというので久しぶりに戻ってきたパン焼き器で食パンを作った。
いつも思うのだがこの器械を発明した人はすごいなあ、材料を入れスイッチを押すだけで数時間後には出来上がるのだ。
ガタゴトガタゴト、ブーンと音がしていたかと思うと静かになって又音がして香ばしいにおいがして予約した時間に焼きあがる。
改良に改良を重ねて今の器械はもっと便利になっているのかも。
焼きたてがおいしくて食べすぎになったり、あまり続くと飽きて市販の食パンも食べたくなったり。
干しブドウ入りも自動でできるすぐれもの。
とはいうものの微妙な温度や、粉やバター、スキムミルクなどの違いで膨れすぎたり、膨れなかったり。
またいろいろ試してみるのも楽しい。

先日中央市場に娘が連れて行ってくれた。
昔に行ったことがあるがすっかり忘れていて、ナビがあっても道に迷ったり駐車場が間違っていたり。
何やらひっそりとしてシャッターが閉まっているお店が多くて、
スマホで検索しながらようやく穀類のお店を探してお味噌づくり用の大豆を買い求め、
ついでにパン用の強力粉やくず粉も買えた。
お店のおばさんが昔はもっとにぎやかだったとこぼしておられた。
麹も思いのほか安くて買うことが出来てまあ来た甲斐ががあったかな。
花屋さんでもついたくさん買ってしまった。

このタイミングでフードプロセッサーが届いた。
便利な機能がついているものの十分使いこなすまで試行錯誤が続く。
以前のものよりサイズが大きくなって、お味噌づくりにもちょうど間に合った。
不燃ごみ用に片付けながら長い間よく使ってきた古い器械にお礼を言った。
大豆を水に漬けてお味噌つくりの準備、大きな鍋や寿司桶も出してこなくては。
娘や孫が手伝いに来てくれる。
いつまで出来るか不安でもあるがやれることはやろうと自分に発破をかけて
さあ炬燵から出なくては。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立春 | トップ | 昔の人は偉かった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL