Frontline

保険で損をしないでください!

達成事例を自分事として“イメージ”する

2017-05-10 | ビジネス


すごしやすい気候が続いていますが、この時期はいつも服装に困ります。

体調を崩された方もちらほらと耳にします。皆様もお気をつけ下さい。

さて、5月に入り、ようやく仕事に慣れたことで、次のステップに進まれる方も多いかと思います。

特にビジネスマンの方は、課せられる“ノルマ”が重過ぎて、悩んでいませんか?

そんな時、どうすればよいのでしょうか...。







◆ ビジネスに取り組む限り付きまとう“ノルマ”的プレッシャー

確かに“ノルマ”のプレッシャーは大きなものです。そのストレスで、病気に陥る人もいるほどです。

しかし、明示されていてもいなくても、“すべきこと”はあるわけで、ビジネスに取り組む限り、“ノルマ”や

それに類するものからの解放は、あり得ないのかも知れません。





◆ 過剰になりがちな“ストレス”を回避する方法を考える

ただ、ストレス過剰に陥らない方法も、同時に考えるべきでしょう。その中で、最も取り組みやすいのが、

先輩や管理者、あるいは経営陣に、“ノルマを達成している人”の“達成法”を“事例”として教えてもらうことだと思います。

達成法を教えてもらえない時は、“達成者”の行動を観察し、できることから“真似てみる”のも、一つの策でしょう。





◆ 事例の成功話を参考にしながら苦労談で気持ちを緩和?

事例には、成功方法のみならず、その人の“苦労談”や“失敗策”が含まれることが多く、

聞くだけで“気持ちが休まる”こともあり得ます。

もちろん、その内容には多々“真似てみたくなる”ものも出て来るでしょう。

考えるより、真似ることから始めれば、悩みで心をすり減らすケースも少なくなるかも知れません。

保険検討の際も、まずは“他者事例”を収集することをお勧めします。

他者事例から、意外な気付きが得られることが少なくないからです。








『保険検討に際しても“他者事例”の研究が役に立つ!』

 “保険は本当に必要か”と、正面切って考えると、確かに“答”は出しにくいかも知れません。将来リスクに“お金”で備えるなら、

保険でなくとも良いのではないかとも言えそうだからです。

 しかし、実際の“事例”を見ると、自ら“お金を積み立てる”ことの難しさが実感できることがあります。更には“将来リスク”も、

予想外に、私たちの日常に襲い掛かることがあるのです。

 そのため、理論や理屈で考える前に、事例を集めるのが効果的だと言えそうです。ぜひ事例収集についても、ご相談ください。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 将来の予測は“当てもの”では... | トップ | 少しの良い気分は、多大な努... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ビジネス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。