Frontline

保険で損をしないでください!

今選択する行動の結果が将来を作る

2017-02-13 | ビジネス


まだまだ寒い日が続く今日この頃、皆さま、お元気でしょうか?

本日はこんな質問に答えていきましょう。





「先行きに希望が持てない時、元気な人はどうしているのですか?」





◆ 先行きは考えてもイメージできないから“不安”が生じる… 

将来は誰にも見えません。しばしば予想外の事態が起こります。

そのため“先行き”を直接的にイメージしようとすると、イメージができないため、

“不安”ばかりが広がるのでしょう。




◆ 過去に蓄積したものを吟味して将来を作る?

元気な人にも多様性があると思いますが、その視点が独特なケースが多いようです。

たとえばある人は、過去が今を作るように、今が将来を作ると考え、

“自分が過去から受け継いだもの”を吟味選択した上で、

“何を先行きに残して行くか”と考えるのだそうです。

私たちは、過去からの蓄積の上に、自ら将来を作ることができると考えるわけです。

そのため“目線”は、“これまでの蓄積成果”と“今できること”に集中されます。

“将来”は、“今できること”を実行した結果に過ぎないため、

それがどのような結果であれ、楽しみに待てます。




◆ 元気の素は“心の落ち着き”
 
つまり、将来がどうなるかと考えると不安ばかりが募る時でも、

“将来を作るために、今何ができるか”と発想を変えてみると、

不思議に心が落ち着き始めて、行動を起こす元気が出るのではないでしょうか。

 それは生命保険が“安心”を語る時に似ているかも知れません。

生命保険で言う“安心”は、将来に不都合がないという確信ではなく、

“今できる契約をした”という、一種の“達成感”のようなものだからです。










『生命保険契約をしても、それが本当に適切かどうか、不安になるではないか』

と言われるかも知れません。

確かに、今、既契約保険に対する“不安”が大きくなるような問題指摘が、

様々なメディアで発信されています。

しかしその時でも“この保険で将来大丈夫か”と、

先々に目を移してしまうのではなく、既契約保険の“内容”を、

しっかり吟味することが肝要です。

吟味の過程で、不安は取り越し苦労だとわかるかも知れませんし、

適切な対処法が見つかるかも知れません。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先々を見通すとはどういうことか | トップ | 対処可能なことを心配するの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ビジネス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。