Frontline

保険で損をしないでください!

人間関係の“お悩み”解消?

2017-10-24 | ビジネス

おはようございます。

台風21号の影響で各地に被害が広がる中、日本の南に台風22号が発生しているようです。

北上するにつれ勢力を拡大し、今週末には日本に接近するかもしれないとのことです。

なんとか逸れてほしいものです。

本日はAさん、Bさんのお話です。





『“人間関係のお悩み解決します”って言うから相談したのに…』と、Aさんが憤慨しています。

カウンセラーに『人間関係が思い通りに行かないなら、自分の“思い”を変えてはどうか』と言われたようです。

『いい話じゃない?』と言うBさんに、

Aさんは『自分の思いを変えないで済む関係の作り方が、知恵というものではないのか』と、更に憤るのです。

それでも、Aさんの興奮が冷めたところで、

Bさんは『相手も同じように考えていたら、喧嘩以外の選択肢がなくなるよね』と、さとしに掛かります。

『なるほど…』と納得したAさんが、今度は『Bさんは、どう考えているの?』と質問をしました。

人間関係の悩みの相手が自分だと気付いたBさんは、驚きながらも『それなら対処法がある』と申し出ました。

興味深い表情を見せるAさんにムっとする気持ちを抑えながら、Bさんの話が始まりました。



『とにかく感じる問題を具体的に整理することが大事』



どうすれば人間関係がうまく行くかと“先を急ぐ”前に、“今、何が問題なのか”を具体的に検証してみることが大事だ。

問題だと感じることを、片っ端から紙に書き出しても良い。

そんな作業をしてみると、問題の多くが『本当には事情を知らない』ことに由来していると思えて来るのではないかな。

カウンセラーは、そう言いたかったのだと思うよ。

しかし、その中には“相手でなければ解決できない”こともある。

そんな時は、率直に“相手に相談してみる”必要があると思うよ。

たとえば営業者の“強引なセールス”が嫌なら、それを伝えてみることだ。

そして、配慮をしてくれる営業者と“対話関係”を始めればいい。

でもAさんの悩みの相手は、本当に僕なの?もしそうなら相談に乗るよ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不安を克服する“危機意識”とは? | トップ | 相続税対策の検討主体の変化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ビジネス」カテゴリの最新記事