Frontline

保険で損をしないでください!

“準備”があるからできる“休業”

2017-09-25 | ビジネス

こんにちは。

やっと『秋』がやってきましたね!

皆さまは『秋』といえば何を想像しますか?

私は断然『食欲の秋』です!今年の夏はバテて食欲がなかったので...

あっという間に過ぎる『秋』を、存分に堪能したいと思います。

さて、本日はいつものお二人のお話ですよ。







『驚いた。あの3丁目の角のケーキ屋さんが長期休業だって。僕はこの土日を、どう過ごせばいいんだ』

Aさんが意味不明の絶望感を口にしています。

『シェフが入院したらしいよ』とBさんが言うと、Aさんは

『知っていて黙っていたの?』と責めるような目をBさんに向けるのです。

Bさんは『入院自体は一週間程度だろうと聞いていたけれど、この際、少し療養するのかも知れないな』と、

Aさんを無視して続けました。

すると『ということは、あの店廃業するかも知れないの?土日の唯一の楽しみだったのに…』と、

Aさんは情けない顔をするのです。

『いやあ、1~2ヶ月程の休業なら、あのシェフのことだから、ビジネス上、大きな影響はないと思うよ。用意周到な人だからね』

と言いながら、Bさんは“休業”について、話し始めました。





早めに療養に専念するのは、長期的な視点では重要な姿勢だ。しかし“準備”があるからできることだとも言える!





『早めに準備をする人だから復活開店も早いはず…!』

お金の面では医療保険があって、入院や通院の費用負担を軽減できるし、

その他にも所得補償や休業補償と呼ばれる保険があって、条件次第ではあっても、

ある程度の収入が補償されることになる。

あのシェフは、そんな準備をしていたから、あまり無理をせず“早め”の療養を心掛けたのだと思うよ。

病気は治療が早いほど、治りやすいと言うからね。その意味では、店の再開も意外に早いかも知れないよ。

店を長く続ける気があるからこその休養だとも考えられるからね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 違和感を抱く事柄に注目してみる | トップ | 不安を克服する“危機意識”とは? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ビジネス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。