ひこいちの史跡探訪

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

「神仏霊場巡り」鬪雞神社・和歌山県田辺市にある神社である。旧称は田辺宮、新熊野。通称:権現さん

2017-04-19 04:24:20 | 史跡探訪
「神仏霊場巡り」鬪雞神社・和歌山県田辺市にある神社である。旧称は田辺宮、新熊野。通称:権現さん。大楠・允恭天皇八年(419年)熊野権現を勧請し、田辺宮と称したのに始まる。白河法皇の時代に熊野三所権現を勧請した。平安時代末期の熊野別当・湛快のときにさらに天照皇大神以下十一神を勧請して新熊野権現と称し、湛快の子の湛増が田辺別当となった。弁慶は湛増の子と伝えられ、その子孫を名乗る大福院から寄進された弁慶の産湯の釜が当社に残る。田辺は熊野街道の大辺路・中辺路(熊野古道)の分岐点であることから、皇族や貴族の熊野参詣の際は当社に参蘢し、心願成就を祈願した。熊野三山の全ての祭神を祀る熊野の別宮的な存在であり、当社に参詣して三山を遥拝して山中の熊野まで行かずに引き返す人々もいた。『平家物語』などによれば、治承・寿永の乱(源平合戦)の時、湛増は社地の鶏を紅白二色に分けて闘わせ、白の鶏が勝ったことから源氏に味方することを決め、熊野水軍を率いて壇ノ浦へ出陣したという。このことから「闘鶏権現」と呼ばれるようになり、明治の神仏分離の際に鬪雞神社を正式な社名とした。 -->
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “日本名僧・高僧伝”9、景戒... | トップ | 「西国観音三十三所巡り」書... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL