「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

「史跡探訪」二条城・二条城は1603年(慶長8年)徳川幕府将軍家康が、京都御所の守護と将軍上洛の際に宿泊所として造営

2017-02-09 04:43:12 | 史跡探訪
「史跡探訪」二条城・二条城は1603年(慶長8年)徳川幕府将軍家康が、京都御所の守護と将軍上洛の際に宿泊所として造営、3代将軍家光が、後水尾天皇の行幸に合わせて、1626年(寛永3年)に改修したもので、絵画・彫刻・建築に桃山から江戸への移り変わりを見ることが出来る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『戦国時代の群像』1(全1... | トップ | 『歴史歳時記豆知識』50・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

史跡探訪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL