「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

『歴史の時々変遷』(全361回)24“宝亀の乱” 伊治呰麻呂の乱) 「宝亀の乱」(伊治呰麻呂の乱)伊治 呰麻呂(生没年不詳)は

2016-11-26 04:20:26 | 歴史の時々変遷
『歴史の時々変遷』(全361回)24“宝亀の乱” 伊治呰麻呂の乱)
「宝亀の乱」(伊治呰麻呂の乱)伊治 呰麻呂(生没年不詳)は、8世紀後半の日本、奈良時代の東北地方で活動した蝦夷の指導者。姓は公。官位は外従五位下・上治郡大領。宝亀11年(780)に伊治城で宝亀の乱(伊治呰麻呂の乱)を起こした。伊治呰麻呂は陸奥国伊治郡(後世の栗原郡〔現在の宮城県栗原市全域と大崎市の一部にあたる〕に相当する地域と推定される)の有力者とされる。当時、大和朝廷(ヤマト政権、中央政権)と北方の蝦夷の間には連年交戦が続いており、伊治郡はその最前線に位置していた。伊治呰麻呂は夷俘の出身であったが、国府に仕えて上治郡(伊治郡か)の大領となり、出羽国の管轄にあった志波村の蝦夷征討に功を挙げ、宝亀9年(778)にヤマト王権より外従五位下に叙せられた。陸奥国按察使の紀広純は初め呰麻呂を嫌ったが、のちには大いに信頼を寄せるようになった。しかし、同じ俘囚出身である牡鹿郡大領の道嶋大盾は、(卑しい)夷俘の出であるとして呰麻呂を見下し侮ったため、呰麻呂は内心深く恨んでいたという。宝亀11年(780)新たな城柵として覚鱉城が築かれる際、既成の城柵である伊治城を紀広純が訪れたが、この機会を捉えて呰麻呂は俘囚の軍を動かして反乱を起こし、まずは大盾を殺し、次に広純を多勢で囲んで殺害した。陸奥介の大伴真綱(おおとものまつな)だけが囲みを破って多賀城に逃れた。城下の住民は多賀城の中に入って城を守ろうとしたものの、真綱が陸奥掾の石川浄足(いしかわのきよたり)とともに後門から隠れて逃げたため、住民もやむなく散り散りになった。数日後、蝦夷軍は城に入って略奪行為を働き、焼き払って去った。呰麻呂の行動記録は、この伊治城における反乱の後、途絶する。多賀城の略奪は反乱の直接の結果であったが、その指揮官が誰かについて史料には記されていない。呰麻呂が多賀城を落とした可能性も高いが、別の将による可能性も否定できない。ただちに中央政府は中納言・藤原継縄、次いで参議・藤原小黒麻呂[を征東大使に任命して征討軍を出動させたが、なんら成果は得られず、戦闘は拡大した。この後の呰麻呂の動静については、史料に記載無く不明である。もし、呰麻呂が中央政府軍に敗れて殺されるようなことがあれば『続日本紀』が記したであろうことから、記録の欠落は呰麻呂がそうした最期を迎えなかったことを示唆する。なお、反乱の結果、伊治城とその周辺地域は中央政府による蝦夷経営の支配を何年かの間は逃れたものの、やがては再び制圧された。★歴史の変遷をたどれば時代を制した英雄伝説にも、栄枯盛衰の定理を教える。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「神仏霊場巡り」永源寺・滋... | トップ | 『鎌倉・室町の群像伝』(全1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史の時々変遷」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL