「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

「河内史跡巡り」「念佛寺」・河内西国観音二番札所・平野の大念佛寺の末寺で、一三四一年念佛寺として僧盤龍上人

2016-11-08 04:21:44 | 河内史跡巡り
「河内史跡巡り」「念佛寺」・河内西国観音二番札所・平野の大念佛寺の末寺で、一三四一年念佛寺として僧盤龍上人によって創建されました。もともと久宝寺の末院であったというこの寺には、鎌倉時代末頃の作といわれる十一面観音菩薩がありますが、これは許麻神社の宮寺であった観音院の本尊として祀られていたものです。本堂となりには滝谷不動の流れをくむ不動堂があり眼病平癒の霊像として信仰されています。久宝寺寺内町のほぼ中央に位置し、向かいには八尾市まちなみセンターがあります★歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  『歴史の時々変遷』15”平... | トップ | 「神仏霊場巡り」多武峰・談... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

河内史跡巡り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL