「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

「神仏霊場巡り」平等院・京都府宇治市にある藤原氏ゆかりの寺院。 平安時代後期・十一世紀の建築、仏像、絵画、庭園などを今日に伝え

2017-07-11 05:07:03 | 温故知新
「神仏霊場巡り」平等院・京都府宇治市にある藤原氏ゆかりの寺院。
平安時代後期・十一世紀の建築、仏像、絵画、庭園などを今日に伝え、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。
宗派は十七世紀以来天台宗と浄土宗を兼ね、現在は特定の宗派に属さない単立の仏教寺院となっている。
本尊は阿弥陀如来、開基は藤原頼通、開山は明尊である。京都南郊の宇治の地は、『源氏物語』の「宇治十帖」の舞台であり、平安時代初期から貴族の別荘が営まれていた。
現在の平等院の地は、九世紀末頃、光源氏のモデルともいわれる左大臣で嵯峨源氏の源融が営んだ別荘だったものが宇多天皇に渡り、天皇の孫である源重信を経て長徳四年(998年)、摂政藤原道長の別荘「宇治殿」となったものである。
道長は万寿四年(1027年)に没し、その子の関白・藤原頼通は永承七年(1052年)、宇治殿を寺院に改めた。
これが平等院の始まりである。開山(初代執印)は小野道風の孫にあたり、園城寺長吏を務めた明尊である。
創建時の本堂は、鳳凰堂の北方、宇治川の岸辺近くにあり大日如来を本尊としていた。翌天喜元年(1053年)には、西方極楽浄土をこの世に出現させたような鳳凰堂が建立された。
現在の平等院は、天台宗系の最勝院、浄土宗の浄土院という二つの寺院が共同で管理している。浄土院は明応年間(1492年 - 1501年)、最勝院は承応三年(1654年)の創始であり、平等院が浄土・天台両宗の共同管理となったのは、天和元年(1681年)からである。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『戦国時代の群像』153(... | トップ | 京都古社寺探訪「八大神社」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL