「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

『浪速史跡めぐり』木村蒹葭堂邸跡の碑・地下鉄は長堀駅から南、大阪市立中央図書館南東角に木村蒹葭堂邸跡の碑が建っている

2016-11-12 04:26:24 | 浪速史跡巡り
『浪速史跡めぐり』木村蒹葭堂邸跡の碑・地下鉄は長堀駅から南、大阪市立中央図書館南東角に木村蒹葭堂邸跡の碑が建っている。木村蒹葭堂は堀江の裕福な酒造家に生まれ、幼い頃から好学多芸で、十一歳で片山北海に漢学を学び後に混沌誌社に加わった。絵は狩野派の大岡春卜と池大雅に学び、小野蘭山に学んだ本草学(博物学)に精通し、オランダ語の得意であったと言われている。博識家と言えば木村蒹葭堂と言われるほど大阪随一の町人学者と言われた。

★歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『歴史の時々変遷』17“阿倍... | トップ | 「奈良古社寺巡り」手向山八... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

浪速史跡巡り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL