ひこいちの史跡探訪

人生は旅・歴史は時間の旅。

“日本名僧・高僧伝”38・弁長(べんちょう、応保2年5月6日(1162年6月20日) - 嘉禎4年2月29日(1238年3月16日)

2017-05-16 05:55:35 | 史跡探訪
“日本名僧・高僧伝”38・弁長(べんちょう、応保2年5月6日(1162年6月20日) - 嘉禎4年2月29日(1238年3月16日))は、平安時代後期から鎌倉時代にかけての浄土宗の僧。父は古川則茂。字は弁阿(べんな)。房号は聖光房。筑前国香月(現福岡県北九州市八幡西区)の出身。鎮西派の祖。現在の浄土宗での第二祖。謚号・大紹正宗国師が滅後600年の文政10年(1827年)に仁孝天皇より贈られている。仁安3年(1168年)に出家して、安元元年(1175年)観世音寺の戒壇で受戒して天台系の僧となった。寿永2年(1183年)、比叡山に登り観叡に師事し、後に証真に師事した。建久元年(1190年)、故郷に帰ると鎮西の聖地油山の学頭(その山に置ける統率者)となった。建久4年(1193年)、異母弟三明房の死に臨んで無常を感じ、浄土教に強く引かれるようになった。そして、明星寺五重塔建設に際して、安置する本尊の建造にあたって注文の為、建久8年(1197年)に上洛する。当時、都中の話題となっていた称名念仏を説く法然を訪ねて、その日のうちに弟子となる。弁長は都を離れた後に故郷筑前に戻り、筑後国・肥後国を中心に念仏の教えを弘めた。筑後国高良山の麓、厨寺(現厨山聖光院安養寺)にて千日の不断念佛を勤め、あまたの奇瑞が現れて多くの念仏信者を得ることとなる。後に筑後国山本に善導寺を建立して九州における念仏の根本道場とし、肥後国白川に往生院を開いた。弁長の流派を鎮西派といい、現在の浄土宗である。弟子に3祖の然阿良忠をはじめ、宗円・入阿など多数いる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都散策・「矢田地蔵」矢田... | トップ | 「京都古社寺探訪」錦天満宮... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL