「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「河内史跡巡り」神宮禅寺・河内西国観音十八札所・由来

2017-03-21 04:51:43 | 史跡探訪
「河内史跡巡り」神宮禅寺・河内西国観音十八札所・由来は、その昔、土地の有力者であった豊門長者の信頼が厚い直宗和尚が、丹波の守(万祥院殿四品瑞山紹運大居士)を開基とし、豊門長者の屋敷跡地に創建したのが始まりです。開山直宗和尚が亡くなって三百年になるというこの寺の本尊は聖観音像。門前には、当時長者の屋敷に出入りした人々が馬を洗ったという池(馬洗池)があり、池にかかる石橋を渡ったところには付近の住民が絶えずお参りする稲荷の社があります。ちなみに当寺の本山は京都の妙心寺です。※歴史の学ぶ 先人の教訓と智恵。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『歴史の時々変遷』(全361回... | トップ | 『社寺神仏豆知識』61・大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

史跡探訪」カテゴリの最新記事