「温故知新」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

“日本名僧・高僧伝”75・宥快(ゆうかい、興国6年/貞和元年(1345年)- 応永23年7月17日(1416年8月10日))は、南北朝時代から室町時代中期

2017-06-19 04:56:44 | 史跡探訪
“日本名僧・高僧伝”75・宥快(ゆうかい、興国6年/貞和元年(1345年)- 応永23年7月17日(1416年8月10日))は、南北朝時代から室町時代中期にかけての真言宗の学僧。父は藤原実光とされるが定かではない。字は性厳。京都の出身。19歳で高野山に上り宝性院信弘について密教を学び、1374年(応安7年・文中3年)師の跡を継いで宝性院の院主となった。さらに山城国山科安祥寺の興雅に師事して安祥寺流を受け、高野山における密教の学問(事相)を大成した。宥快の学派は宝門と呼ばれ、長覚の寿門と高野山の密教学を二分し、真言宗内では根来寺の頼瑜や東寺の杲宝と並び称された。密教の一派「立川流」を批判した書、『宝鏡鈔』を著したことでも知られる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『浪速史跡めぐり』井原西鶴... | トップ | 『歴史の時変変遷』(全361回... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL