「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

『河内史跡巡り』大聖勝軍寺・大阪府八尾市の旧奈良街道に面して建つ高野山真言宗の仏教寺院。山号は神妙椋樹山

2016-12-07 12:51:20 | 河内古社寺探訪
『河内史跡巡り』大聖勝軍寺・大阪府八尾市の旧奈良街道に面して建つ高野山真言宗の仏教寺院。山号は神妙椋樹山。開基は聖徳太子、本尊は植髪太子(聖徳太子)である。 聖徳太子建立三太子の一つで、叡福寺の「上の太子」、野中寺の「中の太子」に対して、「下の太子」と呼ばれている。地元では単に「太子堂」と呼ばれている。由来については用明天皇の御代に排仏派と崇仏派が戦った古戦場であった。大聖勝軍寺は戦勝記念の寺である。587年、崇仏派の聖徳太子が排仏派の物部守屋との戦いで「いまもし我をして敵に勝たしめば、かならずまさに護世四天王の、おんために寺塔を建つべし」(日本書紀)と祈願して戦勝したことから、戦後間もなく四天王を祭るための寺院として摂津国難波(大阪市天王寺区)の四天王寺とともに、当寺の太子堂が建立された。594年、推古天皇より現在の山号と寺号が贈られ、この年が創建年とされる。756年、聖武上皇から鎮護国家寺の称号を贈られ、勅願寺に定められる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『鎌倉・室町の群像伝』(全1... | トップ | 「二十二社巡り」廣瀬大社・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

河内古社寺探訪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL