「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

「奈良古社寺探訪」聖林寺・奈良県桜井市にある真言宗室生寺派の寺院である。山号は霊園山、本尊は地蔵菩薩、開基は定慧

2017-02-12 04:49:08 | 史跡探訪
「奈良古社寺探訪」聖林寺・奈良県桜井市にある真言宗室生寺派の寺院である。山号は霊園山、本尊は地蔵菩薩、開基は定慧とされる。国宝の十一面観音立像を所蔵することで知られる。聖林寺は桜井市街地の南方、北方に奈良盆地を見下ろす小高い位置にある。伝承では和銅五年(712年)に多武峰妙楽寺(現在の談山神社)の別院として藤原鎌足の長子・定慧(じょうえ)が創建したという。妙楽寺の後身である談山神社は当寺のはるか南方の山中に位置する。聖林寺の近世までの歴史は不明の部分が多いが、江戸時代には性亮玄心が三輪山平等寺の遍照院を移して再興したという。江戸中期には文春諦玄により現在の本尊・子安延命地蔵菩薩像が安置された。明治の神仏分離令の際に、三輪明神(大神神社)神宮寺の大御輪寺(だいごりんじ、おおみわでら)本尊の十一面観音像が聖林寺に移管された。※歴史の学ぶ 先人の教訓と智恵。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「神仏霊場巡り」長田神社・... | トップ | 『戦国時代の群像』4(全1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

史跡探訪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL