「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

『浪速史跡めぐり』四天王寺石鳥居(重要文化財) - 中心伽藍の西側、西門のさらに外に立つ

2017-08-11 12:17:00 | 温故知新
『浪速史跡めぐり』四天王寺石鳥居(重要文化財) - 中心伽藍の西側、西門のさらに外に立つ。永仁2年(1294年)、それまでの木造鳥居を忍性上人が勅を奉じて石鳥居にあらためたもので、神仏習合時代の名残である。
鳥居上部に掲げられた扁額には「釈迦如来 転法輪処 当極楽土 東門中心」と浮彫風に鋳出してあり、釈迦如来が仏法を説いている場所で、ここが極楽の入口であるとの意である。
ここは西の海に沈む夕陽を拝して極楽往生を念じる聖地であった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『歴史の時々変遷』(全361回... | トップ | 「平安京物語」22“応天門の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

温故知新」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL