「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

「神仏霊場巡り」阿部野神社・この付近の地名は北畠で南北朝の縁の地でもある。阿部野神社は南北朝時代、

2017-08-09 05:14:26 | 温故知新
「神仏霊場巡り」阿部野神社・この付近の地名は北畠で南北朝の縁の地でもある。阿部野神社は南北朝時代、南朝方につき活躍した人物で明治時代には別格官幣大社として崇められてきた。祭神は北畠親房と顕家の親子で、子の顕家は僅か十三歳にして朝廷に官吏に一人として任命され、十六歳にして陸奥守として、奥州に向かい政務を執り行ない、若くして多くの功績を挙げた。足利尊氏が謀反を起こすと、数万の軍勢を引いてく楠木正成と九州に向い追い落とし、4年後に、反撃に出た足利尊氏と安倍野、石津の戦いで戦死をした。阿部野神社は顕家が北朝方と戦った古戦場に程近い所で、明治になって創建され、別格官幣大社として列せられ鎮座している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「西国四十九薬師巡り」般若... | トップ | 『浪速史跡めぐり』天王寺塔... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

温故知新」カテゴリの最新記事