「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

『歴史の時々変遷』(全361回)225“関ケ原の戦い・西軍敗走” 「関ケ原の戦い・西軍敗走」、小早川隊の寝返りと大谷隊の壊滅

2017-07-11 04:59:36 | 温故知新
『歴史の時々変遷』(全361回)225“関ケ原の戦い・西軍敗走”
「関ケ原の戦い・西軍敗走」、小早川隊の寝返りと大谷隊の壊滅により、旗本中心の家康本隊もようやく動き出し、東軍は西軍に攻撃をかける。宇喜多隊は小早川隊などからの攻撃を防いでいたが、やがて3倍以上の東軍勢の前に壊滅。
宇喜多秀家は小早川秀秋と刺し違えようとするが、家臣に説得され敗走した。宇喜多隊の総崩れに巻き込まれた小西隊は早々と壊滅し、小西行長も敗走。石田隊も東軍の総攻撃を相手に粘り続けたが、島・蒲生・舞などの重臣は討死し、壊滅。三成も伊吹山方面へ逃走した。
こうしたなか、島津隊は東軍に包囲される。ここにおいて、島津勢の敵中突破退却戦、いわゆる「島津の退き口(捨て奸)」が開始される。島津義弘隊1,500}が鉄砲を放ち、正面に展開していた福島隊の中央に突撃を開始する。西軍諸隊が壊滅・逃亡する中での反撃に虚を衝かれた福島隊は混乱し、その間に島津隊は強行突破に成功。更に寝返った小早川隊をも突破し、家康旗本の松平・井伊・本多の3隊に迎撃されるがこれも突破する。
この時点で島津隊と家康本陣までの間に遮るものは無くなってしまう。島津隊を見た家康は、迎え撃つべく床几から立ち、馬に跨って刀を抜いたという。しかし島津隊は直前で転進、家康本陣をかすめるように通り抜け、正面の伊勢街道を目指して撤退を開始した。
松平・井伊・本多の徳川諸隊は島津隊を追撃するが、島津隊は捨て奸戦法を用いて戦線離脱を試みる。島津隊将兵の抵抗は凄まじく、追撃した井伊直政が狙撃されて負傷し後退。この際島津方では島津豊久、阿多盛淳が戦死した。次に追撃した松平忠吉は申の中刻に狙撃されて後退、負傷した。
本多忠勝は乗っていた馬が撃たれ落馬した。徳川諸隊は島津隊の抵抗の凄まじさに加え、指揮官が相次いで撃たれたことと、すでに本戦の勝敗が決していたこと、また家康から追撃中止の命が出たことなどから深追いを避けた。
一方の島津隊は島津豊久・阿多盛淳・肝付兼護ら多数の犠牲者を出し、兵も80前後に激減しながらも、殿軍の後醍院宗重、木脇祐秀、川上忠兄らが奮戦し義弘は撤退に成功した。
盛淳は、義弘がかつて秀吉から拝領した陣羽織を身につけ、義弘の身代わりとなって「兵庫頭、武運尽きて今より腹を掻き切る」と叫んで切腹したと言われている。島津家は戦功があった5人に小返しの五本鑓の顕彰を与えている。西軍が壊滅する様を目の当たりにした南宮山の毛利勢は戦わずして撤退を開始。浅野幸長・池田輝政らの追撃を受けるが、長宗我部・長束・安国寺隊の援護を受けて無事に戦線を離脱し、伊勢街道から大坂方面へ撤退した。
殿軍に当たった長宗我部・長束・安国寺らの軍勢は少なからざる損害を受けるが辛うじて退却に成功。安国寺勢は毛利勢・吉川勢の後を追って大坂方面へ、長宗我部勢と長束勢はそれぞれの領国である土佐と水口を目指して逃亡した。西軍諸隊の中でまともな形で撤退できたのは彼らだけだった。
上杉征伐のきっかけは、堀秀治の讒訴というのが定説であるが、近年秀治が西軍側につこうとしたことを示す書状などが発見されている。家康は三成挙兵により反転する際、結城秀康を主力に、上杉領に面した最上義光や、その近隣の秀治や伊達政宗に対して景勝監視の命を下した。
上杉領を自領が分断する形になっていた最上義光は、上杉勢との衝突は避けられなかった。義光は奥羽諸将と連合し上杉勢と戦おうとしたが、関ヶ原開戦の報を受けると諸将は自国安定のため引き上げていった。数の上で不利を悟った義光は、嫡子を人質とすることを条件に上杉勢に和睦を申し入れたが、義光が秋田実季(東軍)と結び上杉領を攻める形跡を上杉側に知られたため成立しなかった。
9月9日、米沢城方面から直江兼続率いる軍が、また庄内から志駄義秀・下対馬軍が最上領に押し入った。さらに小野寺義道も最上領湯沢城を攻撃した。伊達政宗は東軍につき徳川家康が勝利した暁には、政宗の旧領7郡を加増し百万石の領地を与えるという、家康から「百万石のお墨付き」(仙台市博物館蔵)を受け取っていた。
伊達勢は上杉領の白石城を攻撃し占領するも、これを返還することを条件に上杉勢と和睦を結んだ。最上義光は9月12日の畑谷城落城をうけて9月15日嫡男最上義康を伊達政宗に派遣し援軍を要請。
伊達家内では「上杉勢と最上勢を戦わせて疲弊した後に攻めれば、上杉勢を容易く退けることが出来、山形は労せずして我が物になる」という片倉景綱の進言も出たが、最上潰滅は上杉景勝の脅威をまともに受けることにつながるので(一説には山形城に居る母の身を政宗が案じたとも)留守政景を総大将名代として9月17日に援軍を出撃させた。9月15日直江兼続本隊が長谷堂城攻撃を開始。
9月21日伊達氏援軍が山形城東方の小白川に着陣する。兼続は最上勢の鮭延秀綱らの勇戦に苦戦し、志村光安が守備する寡兵の長谷堂城を攻略しきれなかったことで戦局は膠着状態となったが、9月29日に関ヶ原の詳報が両軍陣営に達し、流れは一気に最上勢に傾いた。兼続はすぐさま撤退を命令し、自身で殿軍を努め撤退を開始した。最上軍・伊達軍はただちに追撃を開始し、義光自ら先頭に立ち猛攻を仕掛けた。
この追撃戦は大混戦となり、義光は兜に銃弾を受けるなどしたが、最上義康らの軍勢が追いつき難を逃れた。兼続勢は10月4日に米沢城に帰還したが、最上領内部に取り残された上杉勢は最上勢に敗れ、下秀久など降伏する者が相次いだ。
関ヶ原での本戦が東軍の大勝利で終わったその日、家康は首実検の後、大谷吉継の陣があった山中村へ陣を移し、休養を取った。明くる9月16日には裏切り組である小早川、脇坂、朽木、赤座、小川に三成の本拠である佐和山城攻略の先鋒を命じ、これに近江方面の地理に明るい田中吉政のほか軍監として井伊直政が加わり、2万を超える大軍を以って近江鳥居本へ進軍。家康は平田山に陣を構えて攻撃を命じた。
佐和山城には三成の兄である石田正澄を主将に父・石田正継や三成嫡男・石田重家、大坂からの援兵である長谷川守知ら2,800の兵が守備しており、6倍以上もの兵力差に加えて御家安泰のために軍功を挙げねばならない秀秋らの攻撃を津田清幽らの奮戦で退けた。
正澄は家康の旧臣だった清幽を使者に降伏交渉に入ったが、正澄の自刃、開城とひきかえに他の一族、城兵、婦女子を助命するという条件でまとまった9月17日に長谷川守知が寝返り東軍の兵を引き入れ三の丸が陥落すると翌18日早朝に田中吉政隊が天守にめ入り落城。正澄ら三成の一族は自刃して滅んだ。清幽は家康に違約を激しく詰問し、三成の三男佐吉をはじめとする生き残った者を助命させた。
赤松則英は逃亡後福島正則を頼って投降したが、後に切腹を命じられた。重家は脱出して京都妙心寺に入り、後に助命されて同寺へ出家させられた。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “日本名僧・高僧伝”97・沢... | トップ | 『戦国時代の群像』153(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL