「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

『浪速史跡めぐり』天下茶屋・南海高野線は岸里玉出駅より直ぐ東に「天下茶屋」がある

2016-10-31 04:18:24 | 浪速史跡巡り
『浪速史跡めぐり』天下茶屋・南海高野線は岸里玉出駅より直ぐ東に「天下茶屋」がある。こんもりとした太閤秀吉の祠を包むように楠の大木に石碑と由来の看板がある。説明によれば400年前の昔、大坂城から住吉大社参拝の時に、途中立ち寄って茶の湯を楽しんだことで有名、天下茶屋跡の一角である。戦時中空襲に合い広大な屋敷は焼失した、秀吉縁の「恵水」と名付けられた井戸や茶室、紀州藩を始めが参勤交代には諸大名が泊まったと言う。※歴史をたどれば、時代に生きた、先人の喜怒哀楽の生きざまが見えてくる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『歴史の時々変遷』10”近江... | トップ | 「愛知古社寺探訪」熱田神宮... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL