「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

淡路島七福神めぐり・布袋尊・護国寺・布袋さんはこの世の五濁悪世も清濁も飲み込んでしまう大きな腹を持ち、袋が背負った袋は宝物

2017-07-14 05:07:00 | 温故知新
淡路島七福神めぐり・布袋尊・護国寺・布袋さんはこの世の五濁悪世も清濁も飲み込んでしまう大きな腹を持ち、袋が背負った袋は宝物、これは困った者に贈り物が入った宝袋、布袋さんは仲良く暮らせる人間の理想像です。
護国寺の縁起は行経上人が創建された由緒ある古刹で、本尊大日如来坐像は慈悲悲願による姿で胎蔵界に表し、千年の歴史が偲ばれる。
行経上人は、大和は大安寺の僧で三輪論を真言に学び、後年二年余りこの地に過ごしたという。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『戦国時代の群像』157(... | トップ | 「二十二社巡り」丹生川上神... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL