「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

淡路島七福神めぐり・ 寿老人・宝生寺・寿老人は寿老人の持つモモは「西遊記」の孫悟空が

2017-07-01 05:01:22 | 温故知新
淡路島七福神めぐり・
寿老人・宝生寺・寿老人は寿老人の持つモモは「西遊記」の孫悟空が桃の木の実を取って食したことから元気音戻したという。
桃は元気の源の木とされていて長寿のシンボルとなっている。宝生寺の縁起は天平十三年(740)聖武天皇の勅名を受けて行基が淡路島に建立記念し、自ら刻んだ地蔵菩薩が始まりとされている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『戦国時代の群像』144(... | トップ | 「京都古社寺探訪」瀧尾神社... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

温故知新」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL