「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

『浪速史跡めぐり』松虫塚・天王寺から阿倍野筋を南へ松虫通り、大阪で唯一路面電車に乗り、松虫駅を降り南に行くと松虫塚がある

2017-07-17 05:05:27 | 温故知新
『浪速史跡めぐり』松虫塚・天王寺から阿倍野筋を南へ松虫通り、大阪で唯一路面電車に乗り、松虫駅を降り南に行くと松虫塚がある、この辺りは浪速から熊野にかけての熊野街道であった。古い塚と祠のような雰囲気、後ろに大きな木々、石碑には松虫塚には色んな伝説があって、昔この辺り鈴虫、松虫の名所だったらしい所から、また七不思議の神木から、琴謡曲や、舞楽など芸能一般の名度、技術者まで習い事の成就する崇拝されてきた塚だったらしいが、もう一つの伝説が樹齢800年と言う古木には次のような伝説があった。後鳥羽上皇に仕えた鈴虫と、松虫の女官は、法然の念仏に発心し、法然が土佐に流される時に嘆き悲しんだ松虫が庵を造り、隠棲した所が松虫塚であるという伝説である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「一ノ宮探訪」“籠神社“(こ... | トップ | “日本名僧・高僧伝”103・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL