「温故知新」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

『河内史跡巡り』法雲寺・大阪府堺市美原区今井にある黄檗宗の仏教寺院。山号は大宝山。本尊は釈迦如来。河内西国霊場第六番札所

2017-05-18 05:11:02 | 史跡探訪
『河内史跡巡り』法雲寺・大阪府堺市美原区今井にある黄檗宗の仏教寺院。山号は大宝山。本尊は釈迦如来。河内西国霊場第六番札所。前身は、空海開基の神福山長安寺(ちょうあんじ)という名の真言宗の寺院であったが、元和六年(1620年)に、狭山池の堤防が決壊し、西除川の洪水により、寺地及び寺は流出した。明暦年間(1655年~1657年)頃に、曹洞宗の僧・宗月が、長安寺の寺地と寺を今井村中から譲り受け、寛文十一年(1671年)に地中より観音像を掘り出し、草庵に安置して再興した。翌、寛文十二年(1672年)に、宗月は宇治・黄檗山万福寺の開祖の隠元隆琦の弟子である慧極道明(えごくどうみょう、1632年~1721年)に寺地と寺を譲り、寛文13年(1673年)に慧極は幕府の許可を受け、寺号を大宝山法雲寺と改め、黄檗宗の寺となった。慧極は、延宝五年(1677年)に禅堂を、延宝8年(1680年)に鐘楼を建立し、その後、三十年をかけて大門、大方丈、開山堂、斎堂、天王殿、長生閣などの二十数棟を整備した。元禄10年(1697年)に、狭山藩(後北条氏の末裔が藩主)の5代藩主北条氏朝は、慧極と師弟の約を結び、以後、北条家の菩提所となった。墓地の中央には、第十一代藩主北条氏燕の墓がある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『戦国時代の群像』102(... | トップ | “日本名僧・高僧伝”40・道... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL