「歴史の憧憬」

人生は旅・歴史は時間の旅。川村一彦。

『社寺神仏豆知識』4・事代主(ことしろぬし)

2016-12-20 13:16:27 | 二十二社
『社寺神仏豆知識』4・事代主(ことしろぬし、言代主神)・日本神話に登場する神。別名 八重言代主神、八重事代主神(ヤエコトシロヌシ)。大国主とカムヤタテヒメとの間に生まれた。葦原中国平定において、タケミカヅチらが大国主に対し国譲りを迫ると、大国主は美保ヶ崎で漁をしている息子の事代主が答えると言った。そこでタケミカヅチが美保ヶ崎へ行き事代主に国譲りを迫ると、事代主は「承知した」と答え、船を踏み傾け、手を逆さに打って青柴垣に変えて、その中に隠れてしまった。タケミナカタもタケミカヅチに服従すると、大国主は国譲りを承諾し、事代主が先頭に立てば私の180人の子供たちも事代主に従って天津神に背かないだろうと言った。名前の「コトシロ」は「言知る」の意で、託宣を司る神である。言とも事とも書くのは、古代において「言(言葉)」と「事(出来事)」とを区別していなかったためである。大国主の子とされているが、元々は出雲ではなく大和の神とされ、国譲り神話の中で出雲の神とされるようになったとされる。元々は葛城の田の神で、一言主の神格の一部を引き継ぎ、託宣の神の格も持つようになった。このため、葛城王朝において事代主は重要な地位を占めており、現在でも宮中の御巫八神の一つになっている。葛城には、事代主を祀る鴨都波神社(奈良県御所市)があり、賀茂神社(上賀茂神社・下鴨神社)のような全国の鴨(賀茂・加茂など)と名の付く神社の名前の由来となっている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『歴史歳時記豆知識』10公... | トップ | 「一ノ宮探訪」近江国一ノ宮... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

二十二社」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL