ププちゃん黒頭巾

健康管理とカメラの撮影で頑張りたいと思っています。

長浜曳山祭 パートⅢ 朝渡りと太刀渡り

2017-04-19 16:16:15 | 日記

長浜曳山祭は羽柴秀吉が長浜城主になった時からと伝えられていて、その当時は八幡太郎(源)義家の後三年の役の合戦凱旋の様子をあらわした

「太刀渡り」が原型で、その後江戸時代中期以降町が縮緬・蚊帳・ビロードの生産・流通で栄え現在のような曳山の舞台の上で子ども狂言を

演じる形態になりました。15日の本日の朝、狂言を奉納する子ども役者の「朝渡り」に続き、長刀組の武者と力士の「太刀渡り」の行列が

八幡宮に到着し囃子の響きと共にいよいよ子ども狂言奉納のはじまりです。

 

                        祭礼の朝 まだ雨が降っていなかった

  

                                                        無情にも小雨が降って来て残念です

  

                                 朝渡りの役者や若衆が狂言奉納の無事を祈って

  

                            先ずは「御幣持ち」を先頭に長刀組の登場です

  

                         力士の登場 お尻を見せるのは慣れないものですから

  

 

  

                                    大きな太刀を下げ重くて大変です

  

 

  

                               床几持ちの可愛い子供 雨の中よく頑張っています

 

 

  

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長浜曳山祭 パ-トⅡ 登り山... | トップ | 長浜曳山祭 パートⅣ 子供狂... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。