ププちゃん黒頭巾

健康管理とカメラの撮影で頑張りたいと思っています。

長浜曳山祭 パートⅣ 子供狂言(歌舞伎)の稽古

2017-04-21 14:18:13 | 日記

曳山祭は「動く美術館」とも称される絢爛豪華な曳山もさることながら、曳山の舞台の上で子どもが演じる狂言が主役です。各山組関係の

6,7歳から11、12歳の男の子が役者となって演じ、春休みになるころから朝・昼・晩とも役者の読み習いと立ち習いが始まり、役を演じる

子どももさることながら、教える振付師も短期間で習得させるのに大変です。4月の9日からは仮舞台で稽古の一般公開が始まり短期間での

稽古の成果を披露するのと共に最後の調整に励みます。また、子ども狂言の始まりは寛保2年(1742年)頃から始まったと言われています。



  

       出演する子どもの役と歳が稽古場に                  本稽古の前 芝居度胸もついてきて少しリラックス               

  

                                            太夫と三味線も入り稽古に熱が入ります

  


  


  

   演目は「いせおんどこいのねたば あぶらや」です

  


  

     よくわからない大人の色恋の世界を演じるのは教える振り付けさんも演じる子どもも大変です。

  

        今日はNHKの大津放送局からTV放送のビデオ撮りとインタビューを受けまして少し緊張したみたいです。







 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長浜曳山祭 パートⅢ 朝渡り... | トップ | 長浜曳山祭 パートⅤ(最終) ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
緊張なし(^^; (kazuちゃん)
2017-04-21 18:21:49
こんにちは!
長浜のお祭りシリーズ毎回
楽しみに見せてもらっています♪
今回は「子供狂言」驚きました
壁に貼ってある出演者の歳を見て
又、ビックリ!全員小学生(^-^;
春休みからお稽古をスタート
物凄い集中力ですね~

不思議なのはブログの写真を
見る限り全然、緊張してないね
さすが長浜育ちです。



疲れましたね (モジリ)
2017-04-22 12:10:08
カズちゃん今日は。
11日から15日まで5日間通して撮影して
疲れました。
でも、新潟とか八戸とか随分遠くから
来ている人もあり身を引き締めてやりま
したが、立ちっぱなしで足の膝かおかし
くなりましたね。

歳を感じますけどまだまだ頑張りたいと
思います。

それでは

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。