猫の足跡

日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日韓併合条約シンポジウム

2009-04-04 23:59:59 | お知らせ
【宣伝の前置き】
2008年12月に『国際共同研究 韓国併合と現代 ─ 歴史と国際法からの再検討』(笹川紀勝・李泰鎮編、明石書店、800頁、9800円)が刊行されました。
当初本書には有効・無効両方の論文を掲載し、
違いを読者に判断してもらう編集方針でしたが、
有効を主張した研究者からその論文掲載が承諾されませんでした。
その結果、無効を主張する研究者の論文を中心に本書が編集されました。
本書の主な内容は次のようです。
1905年の日韓保護条約は不成立、無効 
日韓保護条約に基づいて締結された1910年の日韓併合条約も不成立、無効 
4攅駟珊腓亡悗靴童渋紊任皸き継ぐ課題の指摘。 
当日は、諸先生から、合法性の主張にも触れながら、不成立、無効論の
主張や意義についてご意見をいただきたく願っています。
また、当日は、韓国から編者の李泰鎭先生もこられ、
シンポジウム後にソウル大学退官のご挨拶もいただく予定です。
盛会となりますよう皆様方のご協力をお願いします。

【宣伝本体】
『国際共同研究 韓国併合と現代』のシンポジウムのお知らせ

2008年12月に『国際共同研究 韓国併合と現代 ─ 歴史と国際法からの再検討』(笹川紀勝・李泰鎮編、明石書店、800頁、9800円)が刊行されました。
雑誌『世界』(岩波書店)が、戦前の韓国併合条約の有効・無効をめぐり
日韓の学者の対話を促したことが契機となり、ハーバード大学の研究所が
2000年10月に世界の研究者に「歴史的国際法的観点からの日本の韓国併合再検討」の会議開催を呼びかけました。
その後ハーバード会議を継承した国際会議が関係者の努力で継続されました。
そして、この会議は2009年4月にハワイ大学で、さらに2010年にソウルで
開催される会議をもって終結する予定です。
このような中で国際会議の成果をとりまとめ、
日韓米朝4カ国に居住する研究者の論文を編纂したのが本書です。
当日は、ソウルから李泰鎭先生もこられます。
先生からソウル大学退官のご挨拶もいただく予定です。
皆様のご出席をいただきたくご案内します。



1 日時 2009年4月4日(土) 午後3:30 ─ 6:30
2 場所 明治大学駿河台キャンパス リバテイータワー1021教室
(http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html)
■JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分
3 会場費 1000円
4 内容 
第一部 シンポジウム(兼出版記念会) 
編者(笹川・李泰鎭)の解説、他執筆者たちのコメント
パネリストからのコメント(数人)、フロアーからの質問、質疑応答
第二部 李泰鎮先生のご挨拶(2009年2月ソウル大学定年退官)

5 発起人(呼びかけ人)
代表・姜徳相(滋賀県立大学名誉教授・元一橋大学教授)
金山梨花(インターナショナルVIPクラブ・クロスカルチャー代表)、国分典子(筑波大教授)、宋連玉(青山学院大学教授)、高橋哲哉(東京大学教授)、田中展子(赤門会日本語学校教員)、崔善愛(ピアニスト)、趙景達(千葉大学教授)、鄭早苗(大谷大学教授)、外村大(東京大学准教授)、内藤正中(島根大学名誉教授)、中村幸孝(東京赤平会・赤平高校同窓会事務局長)、長田彰文(上智大学教授)、中塚明(奈良女子大学名誉教授)、邊英浩(都留文科大学准教授)、藤永壮(大阪産業大学教授)、松田利彦(国際日本文化研究センター准教授)、宮田節子(朝鮮近代史研究者)、武者小路公秀(大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター所長特任教授)、吉澤文寿(新潟国際情報大学准教授)、吉野誠(東海大学教授)、李麻芝(ポートランド州立大学教授)

6 事務局 邊英浩
〒402-8555 山梨県都留市田原3-8-1 都留文科大学文学部
大学代表TEL 0554-43-4341(内線673)  大学代表FAX 0554-43-4347
E-MAIL:pyonyong@tsuru.ac.jp 
(ご出欠を事前にメール、FAXでお知らせください)

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浅い眠りの中何か夢を見ていたよ | トップ | 40分デッサン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。