gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-06-15 16:01:53 | 日記
約 7,810 件 (0.71 秒)
検索結果
うき草 (1956年) (東方新書) | 林 芙美子 |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/うき草-1956年-東方新書-林-芙美子/dp/B000JB10W2
... 還元本が多数。林 芙美子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またうき草 (1956年) (東方新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 ... うき草 (1956年) (東方新書) 新書 – 古書, 1956. 林 芙美子 (著). カスタマーレビューを書きませんか?
うき草 (1958年) | 林 芙美子 |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/うき草-1958年-林-芙美子/dp/B000JAV4CO
アマゾンならポイント還元本が多数。林 芙美子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またうき草 (1958年)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 ... うき草 (1958年) - – 古書, 1958. 林 芙美子 (著). カスタマーレビューを書きませんか?
うき草 - Webcat Plus
webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/work/194010.html
タイトル, 著作者等, 出版元, 刊行年月. 戦後の出発と女性文学 第1巻, 尾形明子, 長谷川啓監修, ゆまに書房, 2003.5. 戦後の出発と女性文学 第1巻 (昭和20~21年), 尾形明子, 長谷川啓 監修, ゆまに書房, 2003.5. うき草, 林芙美子 著, 東方社, 1956.
e2【昭和レトロ】うき草 林芙美子著 昭和21 初版 装幀川端康成 - ヤフオク!
page23.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o151579939
その他、【昭和雑誌関連の本】 へのリンクです! ☆人気・新着商品はコチラから! =======... 商品説明を読む. 複数まとめて落札する. 落札合計金額:. 0円. ※別途消費税がかかる場合があります。 まとめて落札する. 出品者に質問する. 出品者.
うき草 (東方社): 1956|書誌詳細|国立国会図書館サーチ
iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000950293-00
タイトル, うき草. 著者, 林芙美子 著. 著者標目, 林, 芙美子, 1904-1951. シリーズ名, 東方新書. 出版地(国名コード), JP. 出版地, 東京. 出版社, 東方社. 出版年, 1956. 大きさ、容量等, 216p ; 18cm. JP番号, 56008814. 部分タイトル, 紅襟の燕,なぐさめ,べんとう, ...
国立国会図書館デジタルコレクション - うき草
dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1694282
書誌情報. 詳細レコード表示にする. 永続的識別子: info:ndljp/pid/1694282; タイトル: うき草; 著者: 林芙美子 著; 出版者: 東方社; 出版年月日: 1956; シリーズ名: 東方新書; 請求記号: 913.6-H368u3; 書誌ID(NDL-OPACへのリンク): 000000950293
作家別作品リスト:林 芙美子
www.aozora.gr.jp/index_pages/person291.html
作業中 作家別作品一覧:林 芙美子. あいびき (新字新仮名、作品ID:57397); 蒼馬を見たり (旧字旧仮名、作品ID:43710); 天草灘 (新字新仮名、作品ID:56909); 雨 (旧字旧仮名、作品ID:58231); ある一頁 (新字新仮名、作品ID:56147); うき草 (旧字旧 ...
林芙美子 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/林芙美子
林 芙美子(はやし ふみこ、1903年(明治36年)12月31日 - 1951年(昭和26年)6月28日)は、日本の小説家。物心ついた小学生時代に貧しかった生い立ち ..... など小説10篇)、新潮社(1946年)/東方社(1956年); 『うき草』(S10 うき草、S10 夜の橋、S9 初旅、S10 かもめ、など小説8篇)、丹頂書房(1946年)/東方社(1956年); 『婦人の為の日記と ...
機関紙『浮雲』 - 林芙美子の会
www.hayashifumikonokai.net/booklet.html
石村喜代子さんに聞く~大阪林芙美子同好会「浮雲」の歩み~ ・・・・・・・・・・・・・・野田敦子 ・林芙美子『放浪 ... 尾形明子著『華やかな孤独・作家 林芙美子』 ・・・・・・・・・・・・・・・飯田祐子 ... 越境と桎梏のはざまで―試論林芙美子「うき草」 ・・・・・・・・・・・・・・・曾婷婷
「うき草」 | 山下聖美 文芸研究
yamashita-kiyomi.net/?p=501
2011/08/07 - 林芙美子は「赤道の下」の中でマルタプウラ川に流れる「ほてい草」 (イロン・イロン)に目をとめた。 「何時河岸へ行ってもふわふわと水の流れに身をまかしているほてい草をみかけない事はない。 人の運命を浮草のようだとたとえた歌もあった ...
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
次へ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。