gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-06-15 15:52:22 | 日記
芙美子 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/林芙美子
林 芙美子(はやし ふみこ、1903年(明治36年)12月31日 - 1951年(昭和26年)6月28日)は、日本の小説家。物心ついた小学生時代に貧しかった生い立ちからか、底辺の庶民を慈しむように描いた作品に、ことに名作がある。「文壇に登場したころは『貧乏を ...
‎生涯 · ‎おもな文業 · ‎関連文献 · ‎映画化
作家別作品リスト:林 芙美子
www.aozora.gr.jp/index_pages/person291.html
作業中 作家別作品一覧:林 芙美子. あいびき (新字新仮名、作品ID:57397); 蒼馬を見たり (旧字旧仮名、作品ID:43710); 天草灘 (新字新仮名、作品ID:56909); 雨 (旧字旧仮名、作品ID:58231); ある一頁 (新字新仮名、作品ID:56147); うき草 (旧字旧 ...
浮雲 (新潮文庫) | 林 芙美子 |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/浮雲-新潮文庫-林-芙美子/dp/4101061033
評価: 4.4 - ‎16 件のレビュー
Amazonで林 芙美子の浮雲 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。林 芙美子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また浮雲 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
放浪記 (新潮文庫) | 林 芙美子 |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/放浪記-新潮文庫-林-芙美子/dp/4101061017
評価: 4.3 - ‎18 件のレビュー
Amazonで林 芙美子の放浪記 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。林 芙美子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また放浪記 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
Amazon.co.jp: 林 芙美子:作品一覧、著者略歴 - アマゾン
https://www.amazon.co.jp/林-芙美子/e/B004KWF62G
林 芙美子. フォローする. Amazonでフォローする. 著者をフォローすると、新刊情報、おすすめ情報、近日リリース情報などを受け取ることができます。 .... 新潮日本文学 22 林芙美子集 放浪記・稲妻・浮雲・風琴と魚の町・清貧の書・泣虫小僧・牡蠣・晩菊・骨・下町.
第2回 林 芙美子ゆかりの地 広島・尾道 | 文学散歩 | NUA WORLD[NEC ...
www.nua.or.jp › 文学散歩
2010/09/01 - 林芙美子ゆかりの地、尾道へ。 写真. 林芙美子の文学碑と瀬戸の海. 写真. “海が見えた。海が見える。五年振りに見る尾道の海はなつかしい” 尾道の町並みを眼下に見下ろす千光寺山の山頂から「文学のこみち」を歩くと、木々の合間から ...
貧しさを高らかに謳いあげた 林 芙美子 |わたしの歴史人物探訪|シリーズ ...
www.osaka-doukiren.jp/series/series02/331
2012/11/28 - はじめに. 日本中に知らない人のない自伝的小説「放浪記」と作者、林芙美子の生涯を紹介して、作品と人となりに迫ってみたい。 舞台劇、放浪記は2009年5月、女優 森光子さんが90歳の誕生日に2000回目の公演を果たしても話題となっ ...
林 芙美子|浄土真宗 親鸞会・名句名言のウラ側は
meigen.ivory.ne.jp/meiku/hayashi.htm
昭和26(1951)年、心臓を患っていた林芙美子は、主治医の忠告を聴き入れず、『主婦の友』の「私の食べあるき」という企画で外出した。夜10時過ぎに帰宅し、家族と団欒した後、床に就く。 11時を回っていた。突然、芙美子は苦悶し始め、午前1時、帰らぬ人と ...
256夜『放浪記』林芙美子|松岡正剛の千夜千冊
https://1000ya.isis.ne.jp/0256.html
宿命的な放浪者というものがいるのかどうか、わからない。林芙美子は「私は宿命的に放浪者である」と書く。『放浪記』はその言葉で始まっている。ついで「私は古里を持たない。父は四国の伊予の人間で、太物(ふともの)の行商人であった。母は、九州の桜島の ...
林芙美子文学碑(古里公園) - みんなの桜島
www.sakurajima.gr.jp › 観たい(観光情報)
小説「放浪記」「浮雲」などで知られる女流作家・林芙美子の母親は桜島の古里町で暮らしたことがあり、芙美子も幼いころの一時期を鹿児島で過ごしたといわれます。「花のいのちは短くて、苦しきことのみ多かりき」芙美子がとても好きだったこの言葉が碑に刻 ...
林芙美子に関連する検索キーワード
林芙美子記念館
林芙美子 放浪記
林芙美子 性格
林芙美子 浮雲
横浜市長 林文子
林芙美子 尾道
林芙美子 代表作
林芙美子 生い立ち
林芙美子 年譜
林芙美子 青空文庫
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
次へ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。