森の自由な住人(日本ミツバチ)

日本ミツバチの飼育と採蜜の話題を中心に動画や写真で紹介します。

初めての体験『軽い熱中症』

2017年08月05日 18時19分02秒 | 日記

朝早くから田んぼ(水田)の畦(アゼ)草刈りと追肥をやってきました。途中で熱中症に注意しながら休憩と水分補給には気を付けていました。しかし、追肥の途中で疲れが頂点に達した感じがあり(ちょうど12時頃です)家に帰ってきました。家に帰ると足がつるんです、妻は熱中症の症状だと言います。今日は土曜日で病院の受付時間は終わっています、木澤記念病院へ電話して救急外来へ来るように言われました。

トリアージっていうんですか?廊下で看護婦さんに色々聞かれて重篤具合を調べるんですね、若い医師の診察と心電図に血液検査です。

問題は血液検査です。血液検査に続いて点滴の予定でしたが、若い医師がやって来て僕がやると言い出しました。僕の腕にゴムホースを巻き付けて看護婦さんのこのあたりが良いですよの助言に二人で血管を探りながら(血管を上から指で押すんです)針を入れようとします。若い先生が針を刺しても血は出てきません。看護婦さんがもう少し深く入れてくださいと言いましたがこれ以上入れるのは勘弁して下さい。注射は嫌いなんですと説明すると看護婦さんが別の場所に針を入れてくれて無事に採血と点滴の準備は完了です。

点滴も初めての体験でした。

二度と熱中症にはなりたくないですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日はハチミツの日 | トップ | 孫の過激な遊び »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL