satomu's飛鍛練

オフロードバイク

思いがけないスーパー林道

2017-05-05 00:15:20 | Weblog

カワサキ車で走った時の友人から今年は1人で行くんだと連絡(わざわざ)が入り、それとなく返信をすると、是非一緒にと速攻の返事があり、四国へ行く事になりました。↑昨日、まずは久万高原近くの林道入口。

↑以前、間違えた分岐。(正しいのは左) ↓その林道出口。 あっ、ちなみに朝4時台に宇品港までライト確認しました。ロービームは合格点。ハイビームも幅広さは合格。中心部の集光加減も良しとしましょう。理想を言えば左右の広がりを1,2割削って、その分を中央に集まるレンズカットになれば・・・。

さてさて,初日の続きです。(↓入口の林道標識が新しくなってました) 今回の目的のひとつはRMXの長距離ツーリングの耐久性。(乗ってる人間の苦痛加減はいかに?)←KDXと比べて似たり寄ったりかなぁ~。(ちょっとRMXが振動高めかも)

↓いつもの出口付近の撮影ポイント。バックの山がいい感じなんです。 今回の燃費は最高で24k/l。過去の中でも一番良いですねー。

↓初日の収穫はここ。(眺めも良かった)  程よく長さもあって、走り良い雰囲気の初林道でした。しかし、今回はコマ図ラリーの一団とすれ違い,超キープレフトの走行を強いられヒヤヒヤでした。

そして今日のメインである剣山スーパー林道です。↓ファガスの森側から行けるところまで走ろうと目論んでいましたが・・・。(真ん中は他のライダーです)
 
 
↓徳島のヘソで少し風があり,見えてもこんな感じ。(パーフェクトな超濃霧でありまして視界は5メートルがいいとこ)

そんな中を突然、対向するオフバイクのヘッドライトが目前に現れビックリするわけです。(相手もスロー走行ですが)

しかも崖側の真っ白な世界に圧倒され,視野を支配する様に迫ってくる感覚となり,吸い込まれそうな恐怖感で一杯でした。向いてはいけない方を見てしまいバイクがそっちに行こうとする例の現象・・・

↑あまりの寒さと恐怖心で川成峠から下界に降りようと提案があり、すぐに同意しました。(先は通行止めだし・・・)

↑下に降りて遅めの昼食タイム。(こんな天気を予想していたのに・・・) ここから松山まで一般道を150㎞のノンビリ走行。4時間ちょっと掛かったなー。

帰りは↑三津浜港から乗船。(柳井港行きなのだ)←19時台の松山観光港発の宇品港行きの便が無くなっているから・・・。 それにしても,色々あって久しぶりの四国を楽しめました♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜間ライト点灯テスト RMX | トップ | RMX 四国ツーリング後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。