satomu's飛鍛練

オフロードバイク

2016林道男子会 走り納め

2016-12-31 13:07:15 | Weblog

さあさあ,温暖な山口の東部地区で5台がマッタリと走りetcを楽しみました。↑1本目はこの辺りでは比較的長くおススメ的な林道で体を温めました。

↑2本目のここは以前の荒れ加減から改善され,走りやすくなっております。(海造さん談)

↑3本目は皆さん未走行場所らしく,繋ぎの道としては評価〇でしたが,大きな陥没箇所があり,一同で年末に落ちたくないよねと言ったとか・・・。(速度控えめ,前方注意ヨシッ!)

↑4本目は久しぶりに来ましたが,支線が幾らか出来ており,やや迷いましたね。(トリッキーな登りがあって楽しめます)←2台のセローは余裕そうでした・・・。

↑5本目のここも初紹介かな~。ここでは後方2台が見えなくなり,3台がどうしたんじゃろーと心配な眼差し・・・。(分岐では待っとたし,基本1本道じゃけー,迷わんはずじゃけど)

その後,笑顔で2台が合流。ハツカイチセローさんが木に接触し,転倒したらしいです。この状況は海造さんのスクープ写真を期待しましょー。

↑6本目では正真正銘,絶対やらせ無しの衝撃的瞬間の写真です! 真後ろで見ていたので状況説明しますと,DR400が丸太越えのためアクセルON→後輪が丸太に沿って空転し,左へスライド→その後輪がWR250Rの前輪をグイッと押し出しバランスを崩して転倒→そして何を思ったのかDR400の後ろへ近づいた(おそらく押そうとしたのかな?)ハツカイチセローさんがマフラーからの爆風で吹っ飛んだ。(こんな感じでしょー♪) ちなみに,この飛び方はややオーバーアクションの疑いがありますが,その瞬間はジャストタイミングのシャッターチャンスでした。

掴みはOKな出来事の次は↑7本目でありまして,爽やかに何事もなく通過します・・・。(休憩時,この地域は暖かいよね~と談笑しながら) サスが甦ったRMXはクネクネと曲がる道(この辺り特有の)もスイスイと駆け抜けた気がします♪

↑今回ラストとなってしまった8本目の本線の行止りですが,直ぐ近くの迂回ルートへ向かおうとしているところです。(皆さん,引き返すべぇ~) 実はここの道までも15年ぶり(それ以上かも)くらいの開通なんです。(密かに大収穫♪)←当然,今回もピストンだよと説明していたし・・・。

終盤の林道へ向かっていましたが,セローのパンク事件発生! 1回目は↑ハツカイチセロー先生が中心となって手際よく修復。ここで一旦,タイヤ装着しましたが,まだ空気が抜けているぞ。 2回目は↓海造師匠が担当。何やらトタン板用みたいな特殊クギがチューブを貫通していたと聞きました。(だから近接箇所に2個の穴が空いていた) それにしても今日は貴重シーンとして,先生と師匠のパンク修理作業が見れました。

ここで冬の夕暮れは早く訪れる訳でありまして,帰路につきました。今年の走り納め,ありがとうございましたー。

それから,2016年,色々なツーリングで一緒に御同行していただきました皆様,来年もよろしくお願いします。(よいお年を♪)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RMX サスセッティング試走編 | トップ | 酷道439号線他 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (海造chan)
2016-12-31 15:20:23
あれーセローさんの二回目転倒はそんなハプニングが有ったのですね🎵
やっぱり寒い時は柳井方面ですね🎵
Unknown (satoru )
2016-12-31 23:59:22
あれが計算されたアクションであればスゴいです♪
色々な事があって楽しかったですねー。
2016ラストラン (酒セロー)
2017-01-01 23:24:42
終盤のパンクで予定を消化できなくなってゴメンなさい。2016は10月から3回同行させていただいており2017もご一緒の機会がありそうな予感です。その時はまたよろしくお願い致します。
Unknown (satoru )
2017-01-02 08:16:33
誰にでも起こる事ですから気になさらないで下さい。
走ったメンバーが無事、帰路につければヨシと思ってます。(最後の写真は、そんな思いもあるんです)
また、みんなでワイワイ言いながら走りましょう~♪

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。