子どもたちに和楽器を伝える。 群馬邦楽教育振興会

「邦楽に親しむ会」の邦楽鑑賞会は何人でも大丈夫、学校の体育館が演奏会ホールとなります。実技指導も行っています。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-03-20 23:27:29 | 八千代獅子をお箏独奏
群馬邦楽教育振興会では、新年度会員を募集しております。

教育現場では、お琴の指導できる方を募集中です。
教育現場の指導員を養成いたします。未経験者でもお琴や三味線に興味のある方ならどなたでもご指導いたします。個人指導・グループ指導も選べます。
8月には音楽就任を対象に講座を開きます。一日午前10時から午後4時まで実技体験を実施する予定です。いま日本の伝統音楽を学んでください。
ジャンル:
芸能
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前橋市文化協会主催  大胡... | トップ | 第十回初心者和楽器実技講習... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本の伝統音楽とは (佐藤美弥井)
2017-04-06 21:32:09
季節の節目になりますと、神々にお乗りをささげ心の安定を祈ります。健やかなこと・良いことが起こりますように・など和の文化の中で神事に関する音は和楽器が受け持っております。箏・三味線・篠笛・尺八など幽玄の世界に人々をいざないます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。