gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-06-10 13:17:06 | 日記

【番外編】 他のヘビとは違う逃げない猛毒「マムシ」は怖い!!
俎石山・大福山は マムシの天国
                             リンクコ-ナ-
★前へ戻る ●俎 石 山 ■マムシとは! ■咬まれたら!

【 概 略 】  一昨年までは、何年も「マムシ」を意識せずに山歩きを楽しんでいました。「マムシ出没!」の張り紙があるにもかかわらず、意識しませんでした。咬まれることは無いと思い込んでいたのです。今から思えば非常に怖い行動でした。
 しかし去年、「山友」の方と同行で歩いているときに、山道でどくろを巻いていた「マムシ」をあと5㎝のところで踏みそうになったんです。その時からです。「マムシ」を非常に意識しだしたのは。
 家に帰ってネットでマムシのことをいろいろと調べました。非常に怖い、猛毒をもっていて、咬まれたら最悪、6時間以内に血清を打たなければ、命に係わると書いてありました。       
 しかし山奥で咬まれた場合、6時間というのは無理ということもありうるので、意識し始めたというのが本当の所です。他の人はあまり「マムシ」を意識していません。非常に怖いことだと思います。 真夏、暑いということで半ズボンで山に入ってくる方も多いのでビックリします。
 そういう意識で山を歩くと不思議に「マムシ」が見えてきます。去年(2013年)は7匹見かけ、5匹殺しました。何故なら、不用心な登山者に危害を加えないようにとの思いです。何人かには注意をさせてもらいました。
 今年(2014年)は8月20日現在で既に、8匹も見かけているのです。異常な状態です。多すぎです。出なくなる秋のころまでには、多分最低20匹はお目にかかる可能性は大きい。
 今年は6月くらいまでに見つけたマムシは発見と同時に殺していましたが、それ以降にお見かけした「マムシさん」は一切殺していません。もう殺すのは止めたんです。彼らにもこの山で「生きる権利」があるからです。もし人が咬まれたら、その人が無防備で意識が低いからで、完全に【自己責任】でしかありません。
 と言いながらも、無防備な登山者には今迄通り、「マムシ」についての啓蒙は継続していくつもりです。  このHPを書いたのも、たまたまこの記事を読んでいただいた低山愛好家や、ハイキングが好きな方々への「警鐘」と「啓蒙」と「姿・形・色合い」などを知ってもらうのが目的です。
 ◆猛毒を持った「マムシ」のありのままの姿を堪能してください◆
〇写真は日付入りが「デジカメ」で、日付なしが「携帯カメラ」です〇 
★これ以降も、また出くわせば、追加写真をUPしていきます。★


1; 2014年5月22日

1匹目は写真に撮らずでした。この写真(2匹目)からは全て撮って行こうと決めました。

今月に入って2回目の「マムシ」発見。 今年は目に見えるところに出てくるのが少し早い感がある。 いつも定番にしている「山」である。 今日は駐車場から登山口までの舗装道で出くわした。 朝の6時45分だったので、体温を上げるために、太陽の日差しのあるところに出てきてたのだ。 この独特の模様に太くて短い体形は恐怖心を煽るには十分すぎる。 夏場は「マムシ」が出るから「山」にはいかないという人も多いが、それなりに準備をしてれば大丈夫である。

2; 2014年5月31日

 こtれで5月だけでもうこの山で、3回も出くわした。 今年はチョッと出てくるのが早すぎるのでは?! 他の普通のヘビは人間が近づくと勝手に逃げてくれるのだが、この 「マムシさん」 は全く動こうとはしてくれないし、猛毒を持っているので危険極まりないのである。 景色を見ながら歩いていて、尻尾でも踏んだら、必ず咬まれる。 しかし今回のこの「マムシ」は色鮮やかなオレンジ色だったのですぐ目に付いた。

3; 2014年6月9日

 何と! これで5月以降でもう、4匹目の「マムシ」との出会い。 今回のはまだ子供で30㎝の長さだったので、殺さずに見逃してやった。 しかし今の状態でこの時期で4匹も出くわすとなると、冬眠に入るまでの10月位までには相当数の「マムシに出くわすことになる。  危険極まりない!! 皆さん!山歩きの時は、絶対要注意ですよ。咬まれてからでは遅すぎです。

4; 2014年7月20日

今年これで何匹目なのか? 今年は特にお目にかかる機会が多い。 山に来る他の人を咬んで猛毒にやられるのは具合悪いので、山に慣れた我々が、申し訳ないけど殺処分をしてますが、今回は走って逃げられました。 新規に山に来れれる方は、不用心なのでくれぐれも注意をして、せめて長ズボンをはいてきてくださいよね。 

5; 2014年8月7日

映りは悪いいですが、またまた「マムシ」さんです。 今回のは色が黒くて、まだ子供、40㎝位です。 カメラを構えようとしてるうちに、逃げ出して慌ててシャッタ-を切りました。 これで今年6匹目になる? 多い!! 今日も「山」は湿気が多く、かいた汗が目に入り往生しました。 

6; 2014年8月15日

今年7匹目の登場。しかし多く見かけるが、ここ2年は特に多く、山道のど真ん中でどくろを巻いてる姿が多い。 今回のこの「マムシさん」は同じように山道の中央でいたが、私が近づくと草むらに逃げた。 そのあと、頭を少し外に向け、様子をうかがうような感じでジ-ッとして動くことは無かった。 すかさずデジカメを準備して、ズ-ムUP。 今までにない迫力の頭部のUP写真が撮れました。 やっぱり気持ちのいいものではありません。 この目「キショイ!」の一言です!! 

7; 2014年8月19日

何とこれで今年お見かけするのは、 8匹目ですよ、ほんまに!! もうええ加減にしてほしわ!! 最近お見かけする機会が激増してます。 春先から11月位までは、我々低山愛好家の山歩きを恐怖に陥れるのは、この「マムシさん」だけです。 このマムシさんを見ると一瞬ですが、楽しい気持ちが途端に恐怖心に移行します。 今日も逃げられないように、そ~っと近づいて極太の胴体の撮影に成功!! 日付の下辺りに頭が映っているのが解りますか? かなりデカい大物です。 ちょっと前までは、他の人の為にも殺処分してきましたが、最近は殺してません。彼らにも生きる権利があるからです。 

8; 2014年8月20日

何とマ-、これで9匹目やおまへんか! 怖いことでおまっせ!!今日の朝9;30ころでおました。 いつも休憩するところのベンチの横にある日当たりのええ場所でこの暑いのに日向ぼっこしてはりました。 椅子に座ろうとして前を見たら、身体を巻いて鎮座しておられましたので、驚かせることなくソ-ッと近づいてシャッタ-。 最近、山に来ると必ず「マムシさん」と出くわすのは、何ででっしゃろ!! 今迄恐れてた「マムシさん」やけど、徐々に恐怖心が薄れてきてる今日この頃・・・・・。 

9; 2014年9月6日

これで今年10匹目の「マムシ」になる。少し小ぶりであるが、色が黒くて迫力がある。同行の「Uさん」が今回殺処分してくれたが、やっぱり何回見ても、何回殺処分してもエグさは絶頂を極める。他の登山者を咬まないように見つけた常連者が、やるというのが暗黙のル-ルになっている。

10; 2014年9月11日

まだまだはびこる「マムシ」はしたたかに生きている。今回は逃げられそうになったので、慌ててデジカメを出して、その姿を撮ろうとしたが、残念ながら尻尾の部分だけになってしまった。 

11; 2014年9月15日

何と!これで今年11匹目になる「マムシ」発見。 やっぱり他のヘビと違うのは、逃げないことである。このときもかなり近づいての撮影なのに、微動だにしない。猛毒を持っているという自信から来てるのか?!このとき11時頃で、気温も高く、日向ぼっこということでもあるまいに!目立つところに鎮座しておわした。 これでもう10匹目となるのだ。

12; 2014年9月17日

今日はデジカメを持っていくのを忘れたので、携帯で撮りました。AM11;00ころです。「マムシさん」は早くいなくなってほしいものですが、なかなかそういうわけにはいかないようです。もうええ加減にしてほしいものですが、マムシを意識してると不思議とよく目につきます。     注意、注意です。

13; 2014年10月25日

ええっ!「マムシ!」 こんな時期に何故? ビックリですよ、もう出てこないと思って安心してたのに、まだまだ油断は出来ませんね! しかし気温が下がってきてるので、杖でつついても動きは非常に鈍く、真夏のあの俊敏なとびかかりは全くなく、精彩を欠いた動作でした。 気温が下がると動きが鈍くなるという「変温動物」の特徴です。 大きさは30㎝位のまだ子供でしたので、逃がしてやりました。

14; 2015年7月27日



15; 2015年8月7日



16; 2015年8月21日



17; 2015年9月12日


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。