極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

白鯨との闘い(2015) IN THE HEART OF THE SEA 122分

2017-01-24 19:08:42 | 外国映画(DVD・TV)
白鯨との闘い [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント



 1850年、次回作の構想を練る新進作家ハーマン・メルヴィルは、30年前にある捕鯨船を襲った悲劇を取材すべく、その最後の生き残りであるニカーソンを訪ねる。最初は渋っていたニカーソンだったが、やがてその重い口を開き始める――。1819年、新米船員ニカーソンを乗せた捕鯨船エセックス号は、アメリカのナンタケット島を出港する。船長になれると思っていた一等航海士のオーウェンは、経験の浅い名家の息子ジョージにその座を奪われ苛立ちを隠せずにいた。そんな彼らの航海はトラブル続きで、肝心の鯨は一向に捕らえることができず、焦りばかりが募っていく。そんな中、寄港地で有力な情報を聞きつけた一行は、鯨の群れを追って太平洋へと向かうのだったが…。


 WOWOW ★★★


 メルヴィルがこの事実を元に「白鯨」を書いたというお話です。
確かに物語の半ばまではとても迫力のある映像で面白いのですが。。。

 すごく真面目に正直に映画は作られている気はしますが、やはりタイトル通り「白鯨」との戦いをもっと見たかったです。物語の後半は見る者に倫理観、哲学観を問いかけてきます。なのであまり点数はあげられないんです(笑)

 それよりもなによりも一番驚いたのは、「石油」が人の手によって意識的に大量採掘され、利用され始めたのはこの映画のお話よりも随分後だったということです。それほど鯨油は貴重品で高価なものだったわけです。その辺りがわからないと、この映画をちゃんと楽しめないかもしれませんね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 色々なニュースがあった日 | トップ | 買っちゃった(笑) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
白鯨との闘い  監督/ロン・ハワード (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・ヘムズワース  ベンジャミン・ウォーカー  キリアン・マーフィー  トム・ホランド  【ストーリー】 1819年、エセックス号のクルーたちは鯨油を入手するため......