極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

ALWAYS 三丁目の夕日 (2005) 132分

2005-11-05 23:13:59 | 日本映画(映画館)
 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介。彼はひょんなことから、一杯飲み屋のおかみ・ヒロミのもとに連れてこられた身寄りのない少年・淳之介の世話をすることになるのだが…。

映画館 ★★★★★

 久々に★5つです
この映画の舞台である昭和33年には私はまだ生まれてはいませんし、私は大阪生まれです。しかし、VFXで見事に再現された当時の東京は本当に懐かしいにおいがしました。逆に、セットで再現された町並み(夕日町3丁目)が、あまりにもごちゃごちゃしてたような気もしましたが(^^;

 ただ・・・この映画、話題のVFX映像は本当に「おまけ」であって、やはり出てくる登場人物の演技と、臭い脚本が本当にすばらしかったです

 私は今あえて「臭い」と表現しましたが・・・これはめちゃほめ言葉のつもりね(^^;一つ一つのエピソードが脈略なくつながりますが、そのエピソードを私たちが見ていくうちに、ちゃんと「夕日町3丁目」が生きてきます

 しかし・・・鈴木オート店
めちゃ儲かってるんだね(爆)楽屋落ちとも思えるような薬師丸ひろ子のせりふも笑えました(^^;

 この映画・・・皆さんにお勧めです
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (50)   トラックバック (68)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソウ2 (2005) SAW II  | トップ | ドミノ (2005) DOMINO 127分 »
最近の画像もっと見る

50 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最高でした!! (はむきち)
2005-11-06 00:21:27
本当に最高だったよね~♪

怒りまくるツッツン最高でした\(^o^)/



「冷蔵庫ツッツン」を大きな画面で見れて最高!!

とにかくみんなのキャラがいいよね♪



水曜また見に行きま~す\(^o^)/←またかよ!!(爆)



ヽ(ーー )おぃおぃ・・・ (しんちゃん)
2005-11-06 07:33:25
★はむきっちゃん

今作は・・・また違った顔を見せてくれたもんね



でも・・・やっぱ「おっさん」だよねププ( ̄m ̄( ̄m ̄|壁| ̄m ̄) ̄m ̄)ププ
おぉー! (ふくちゃん)
2005-11-06 11:09:16
しんちゃんも★5つですね!

ほんと、この映画はよかったですよー。



僕もまだ生まれる前の話ですが、なぜか懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

最初の紙ヒコーキのシーンからひきこまれて、最後まで笑いあり、涙ありで・・・。



邦画もいいもんですね♪
見たい (sabu)
2005-11-06 12:05:39
よかったんだ!

見るぞ~。

でも、ちょっと後になりそうだ(T_T)
悩むなぁ。 (じゃすみん)
2005-11-06 13:45:03
「春の雪」「蝉しぐれ」「3丁目の夕日」ってしても やっぱりこれがお薦め?



来週お休みのときに観にいこうかなぁ・・・。

レスれす (しんちゃん)
2005-11-06 18:11:23
★ふくちゃん

私も残念なことに生まれてません(笑)

でもまぁ・・・東京、大阪の違いはあっても、私が育った昭和30年代後半から40年代前半にかけては、同じような雰囲気でした



★sabuちゃん

うん!(^-^)  これはなかなかいいです

特に「吉岡君ファン」のsabuちゃんにはめちゃお勧め!(*^-^)v



★じゃすみんちゃん

やっぱね・・・「グリム」見たときに「蝉しぐれ」「春の雪」を見たらよかったね(^^;

私はやっぱ「三丁目」が一番ですが、あとの二本もお勧めします。
それにしても (しまりす)
2005-11-07 06:55:34
あまりの小雪のスタイルのよさに

いまさらながらにぶっとびましたです。

吉岡秀隆と並んだときの差が・・・(笑



温かい良い映画でしたよね。

そうだよね (しんちゃん)
2005-11-07 07:41:19
★しまりすちゃん

小雪のスタイルのよさだけが・・・昭和33年にはないものだったかもしれないね(笑)



(。_。)ウンウン

ただ一人、小日向ちゃんだけが憎たらしい役どころだったけど・・・彼も精一杯彼なりに優しかったかもしれないね
「おっさん」ちゃうわ~~(爆) (はむきち)
2005-11-07 14:29:17
ツッツンはおっさんちゃいます<`~´>(爆)



まだまだ若いのだ~~~(爆)



パンフ見ながら、デレデレちゃんな私(爆)

だぁかぁらぁ(笑) (しんちゃん)
2005-11-07 18:46:42
★はむきっちゃん

「ツッツン」はおっさんじゃなくても

「鈴木オート」の社長はおっさんやん(笑)

「修理屋のおやじ」やん?



ま、41歳の人を世間は「おっさん」というかどうか・・・そういうことよ(笑)納得してね(笑)

コメントを投稿

日本映画(映画館)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

68 トラックバック

ALWAYS 三丁目の夕日 (はむきちのいろいろ日記)
昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶
ふくちゃんの映画日記 その17 (ふくちゃんの懸賞日記)
「ALWAYS 三丁目の夕日」 {/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}   試写会鑑賞 {/book/}ストーリー  製作:2005年  出演:吉岡秀隆、小雪、堤真一、薬師丸ひろ子、掘北真希 他 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文(堤真一)が営む鈴木オートに、
ALWAYS 三丁目の夕日 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
続いて日劇東宝で「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て来ました。 西岸良平の人気コミック「三丁目の夕日」を映画化した作品で、 昭和33年の東京を舞台に、 家族や近所の人々の触れ合いや人情を描いた作品。 出演は小説家兼駄菓子屋で生計を立てている芥川竜之介に(吉岡秀隆).
ALWAYS 三丁目の夕日 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
2005年の最高傑作。この作品に出会えたことを誇りに思い、涙できることに幸せを感じます。
「ALWAYS-三丁目の夕日-」を観て来ました (しまりすのひとりごと)
ああ・・・覚悟していったのですが泣きまくり(笑 やっぱり皆様に迷惑をかけないように息を止めていたので 死ぬほど苦しかったです。 暖かいお話でしたね。 誰もが誰かのことを他人事と思えなかったり 必死に生きていこうとする、そういう暖かい思いがたくさんつまってまし
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (ラムの大通り)
----うわあ、なにこれ?東京タワーが壊れている。 しかもその前を路面電車が走っている? 「(笑)これはね。いまだに根強い人気を持つコミック 『三丁目の夕日』を実写映画化したものなんだ。 舞台が昭和33年。というわけでこれは建設中の東京タワー」 ----それって撮影が難
映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...
日本人の原体験(映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て) (とりあえず俺って何様?)
僕は学生の頃に、西岸良平のマンガ「三丁目の夕日」(小学館)を愛読していた。 夕日に照らされて描かれる登場人物たちが、読み手の心を暖かくしてくれるマンガだ。 今でも連載されているそのマンガが映画化された。 *  *  *  *  *  *  * 昭和33年、
極楽浄土「ALWAYS 三丁目の夕日」 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
昭和33年かあ・・・。 私は、まだ生まれておりません。 ウチの親が、ちょうどこの映画に出てくる子供ぐらいだったはずです。 「わたすは嘘吐きでねえだっ!{/ase/}」 いやあ、ポスター見て、「堤真一、小川直也みたいだよ・・・{/namida/}」 と思っていたんですけど、あれは
ALWAYS 三丁目の夕日 (ようこそ劇場へ!)
携帯もPCもコンビニも、TVはじめ家電も、もちろん高層ビルも無かった、昭和33年の東京下町・夕日町三丁目が舞台である。 町からは建設中の東京タワーが眺められ、映画の進行とともに段々と高くそびえてゆく様や、東北からの集団就職が到着する上野駅など、見事なVFX
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAY
ALWAYS 三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継い
ALWAYS 三丁目の夕日 (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。 年配の方がたくさん観に来ていました。 映画ですが・・・よかったです{/face_yoka/} ほんわかあたたかい気持ちになる、心地いい映画でした。 「消しゴム」で泣かなかったのに、涙・鼻水が止まりませんでした{/namida/} 昭和33年春から冬までの、鈴
物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと
ALWAYS 三丁目の夕日 (うぞきあ の場)
私の世代よりもひと世代前の物語。 ゆえに観客もその世代が多かった。 いわゆる“懐かしさ”は感じなかったが、 自分の世代にも、“あったあった”はあった(爆)。 駄菓子屋(ババァはいなかったが)・舗装されていない道・氷屋・・・・。 見所キャスト 鈴木オート(堤
「ALWAYS~三丁目の夕日~」を見た (映像職人\'舞\'録゛)
現在劇場上映中の「ALWAYS~三丁目の夕日~」を淡路東宝で見てきた。  そしたら、貸し切り状態だった。観客は私ひとり。 淡路をご存じない方のために。 大阪市の一番北に位置する下町で、私の住んでいる吹田市に隣接している。私の家からは二駅、約十分。 い.
ALWAYS三丁目の夕日 (のんびりぐ~)
作品:ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 主演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、もたいまさこ 制作:2005年 日本 映画館 ALWAYS三丁目の夕日 携帯もパソコンもTVもなかったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。 今年ももう
ALWAYS 三丁目の夕日(gooブログ専用) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、居酒屋のヒロミさんが大好き♪ これは、僕ん家と夕日町三丁目に住む人のお話。 http://yoyupon.livedoor.biz/a
ALWAYS 三丁目の夕日 (海外ドラマが好き♪)
朝一番観てきたよん。 また後で感想追記するね! やっと感想追記。これはタンタンと観てきたの。なぜか観たい!ってすごく言うので。なんで?ってずっと不思議だったんだけど 「まさかのミステリー」とかいう番組に須賀健太が出てて その子が出演するから観たかったとか。
『 ALWAYS 三丁目の夕日 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:山崎 貴 VFX:   〃 脚 本:山崎 貴、古沢良太 原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」     (小学館 ビックコミ
「ALWAYS三丁目の夕日」観賞 (Cafeアリス)
ALWAYS三丁目の夕日観賞しました~。 昭和33年の東京の下町を舞台に描かれたコミックを、映画化された作品。 建設途中の東京タワーは、どんどん出来上がっていき、最後には完成してましたね。 東京タワーが出来てから、47年経っていたんですね。 このコミ...
泣いてしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも観なさいよ! (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
楽しみにしていた映画を観た。「三丁目の夕日」。 泣いた。 一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。 それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな.
ALWAYS 三丁目の夕日 (future world)
昭和33年、東京下町を舞台に繰り広げられる人情味溢れた物語~~ 邦画では久々に‘イイモン’観たって感じがする。 この時代はさすがにまだ生まれていなかったので「懐かしさ」こそあまり感じなかったが、あの‘東京タワー’が建設されるころ~~終戦から10年以上経て「.
ALWAYS 三丁目の夕日 (sabuのつれづれ)
           昭和33年。まだ建設中の東京タワーを望む下町に、集団就職でやってきた六子。 小さな自動車修理工場「鈴木オート」で、短気な社長と働き者の奥さん、そして彼らの息子、一平との生活が始まります。 鈴木オートの向かいに住むのは、つぶれかけた駄菓
『ALWAYS 3丁目の夕日』 (Simply Wonderful ~Diary & Hobby etc...~)
♪タタタッタタ! タタタッタタ! タタタタタタッタ~ タタタタタタッタ~♪ (変な鼻歌でゴメンナサイ。m(_ _)m) 何故かサザエさんを思い出しちゃった。(笑)それよりちょっと前の話なのだけど…。 でもこのほんわか幸せな気持ちは、サザエさんに通じるものがる!? 『ALW
ALWAYS 三丁目の夕日 (ハイジのシネマパラダイス)
ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴        原作:西岸良平 出演:吉岡秀隆 堤真一 薬師丸ひろ子 小雪 掘北真希 三浦友和 ストーリー 昭和33年の東京下町。東京タワーが着々と建築されるのを眺める町、夕日3丁目。 「鈴木オート」を営む鈴木家に、
ALWAYS 三丁目の夕日 (ア・ラ・Mondo)
やっと観ました。 あらすじ: 昭和33年の東京。 短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。 小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。 鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、
涙で夕日が・・・ (ON THE ROAD)
    うっ! ピンポイントで心の奥の一番柔らかい場所に突き刺さる! ん? 暗闇のあちこちから鼻をすする音。 おぉっ! オレだけじゃない!みんなそうなんだ。 そう思ったら、よけいに涙があふれてくる。 絶対いいっす !! ALWAYS 三丁目の夕日 このマンガが実写
映画『ALWAYS三丁目の夕日』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?     ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                       0点□□□□□□□□□□10点     ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
ALWAYS 三丁目の夕日 (cinema capsule)
戦後の高度成長期を背景に繰り広げられる人情劇。 人間っていいね、とウェルメイドに浸れる。 ★「ALWAYS 三丁目の夕日」  2005年日本、132分  監督:山崎貴  出演:吉岡秀隆     堤真一     小雪     薬師丸ひろ子     堀北真希 ★Story 昭和
『ALWAYS~三丁目の夕日』 (ねこのひたい~絵日記室)
新聞の映画上映時間案内欄は、映画のタイトルが縮められて表記されていることが多いんですけど、今作の場合「オールウェイズ」なんて略されてるもんだから、判りにくくてしようがない
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (Whaddya say?)
ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t 佐藤直紀, サントラ ALWAYS 三丁目の夕日 オフィシャル・フォト・ブック 2005『ALWAYS 三丁目の夕日』製作委員会 三丁目の夕日 特別編 西岸 良平 公式サイトはコチラ 周りのあまりの評判の良さに、これは是非とも見ておかなけれ
ALWAYS 三丁目の夕日 (toe@cinematiclife)
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉
ALWAYS 三丁目の夕日 (my life of my life)
公式サイト…ALWAYS 三丁目の夕日 携帯もパソコンもTVも無かったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。 昭和33年… 豊かではなかったけれど 明日への夢があった あなたの心の いちばん暖かい場所へ まず、堤真一のキャラが面白かった!堀
★「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・鈴木
ALWAYS 三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。 実はこの映画まったく観る予定じゃなかった
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は
ALWAYS 三丁目の夕日 (DEKO-BLOG)
昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやって
「ALWAYS 三丁目の夕日」 “スカ”を作ってました。すんません。 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
同じ特撮マンでありながら、“特技監督”という日本の映画界ではこだわっている呼称とその精神を引き継いだ樋口真嗣監督とは対照的に、デビュー以来“VFX”という呼称で通した山崎貴監督は、この映画の大ヒットでこの先何年か、ある程度の予算で、東宝で映画を作らせても
ALWAYS  三丁目の夕日 (かりめろ日記)
■観覧場所 TOHOシネマ ベイシティ■ ■原作 西岸良平『三丁目の夕日』■ ■脚本 山崎貴 古沢良太■ ■監督・脚本・VFX 山崎貴■ ■CAST 吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 薬師丸ひろ子ほか■ ■あらすじ■ 昭和33年―東京タワーが完成するこの年.
ALWAYS(当たり前じゃないから夢と未来と希望を持てる) (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS-三丁目の夕日-」を鑑賞して来ました。この映画を見ていると今当たり前な事が当たり前じゃない時代、しかしそれが今忘れられがちな夢と未来と希望を思い出させてくれる作品だったと思う。
always 三丁目の夕日 (日々好日)
 小学館 ビックコミック、1975年~2004年までの49冊、2000年~2004年53冊と長期に渡って圧倒的な人気を得てきた西岸良平の原作マンガを映像化した映画だそうです。 高校生以降、コミック系の単行本や、雑誌を買って読んだ記憶がありませんが、
ALWAYS―三丁目の夕日― (明日もい~天気♪)
(C)2005「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会 12月8日(木) MOVIX川口にて『ALWAYS-三丁目の夕日-』を観る。 母が、会社の人から薦められたらしく観たいと言い出したのでレイトショーで行く事に。 珍しく、父と妹も一緒に家族4人で。何年ぶりだ? もとも.
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (雑板屋)
氷屋の親父の悲しそうな表情ったら・・・。 冷蔵庫を購入した鈴木家に捨てられた粗大ゴミを眺める氷屋の親父の姿・・・。ああいうの、弱いなぁ~ ということで・・・。 高評価されている邦画なので、期待が高過ぎたのか物語の始まりは退屈で正直「はずしたか・・」と思.
*Cinema* ALWAYS 3丁目の夕日 (猫と映画ときまぐれおんな)
-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子 2005年 日本映画 133分 カラー (MOVIX清水) ★★★★  うん、いい映画です。家族が「見たい!」というので一緒に見に行きました。昭和33年、東京タワーが出来
【映画】 ALWAYS 三丁目の夕日 ★★★☆ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: 昭和33年の東京。 短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、 集団就職で六子がやってきた。 小さな町工場にがっかりした六子を、 一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。 鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、 芥川賞の選考に
ALWAYS 三丁目の夕日 (時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド)
ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/} 思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/} 感動させられたなぁ 薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってました そして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/} あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/} テレビが家にや
温 ~「ALWAYS 三丁目の夕日」~ (サナダ虫 ~解体中~)
山崎貴監督作品、吉岡秀隆主演の、 映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」を観た。 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目に住む人々の話。 感想。 ①郵便屋さんはもう少し大切に扱いましょう。 ②オラ、東京さ何遍が行っだげど、東京タワーはまだ見だごどねぇ~。 ③
「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
ALWAYS 三丁目の夕日 (泥海ニ爆ゼル)
「ALWAYS 三丁目の夕日」 今年映画館1本目の作品。誰かが観客の8割以上が最高点の評価を付けていたとか言ってた。何かの罠だろうと思っていたけど、多分大手の映画情報ページでも見たんだろう。Moviewalkerのレヴューなら大抵平均が高いからあまり当てにもならなさそうだし
ALWAYS 三丁目の夕日 (八ちゃんの日常空間)
これから高度成長期に入ろうとする昭和33年。東京タワーの建造が始められ、戦争後の貧困・混乱から脱した時代だ。モノがあふれている現代より「心の豊かさ」「幸せ」があふれている時代。 そんな時代でのある町内のドラマ。
昭和な日本 『ALWAYS 三丁目の夕日』 (VIVA!ちどりあし)
余りの高評価に、昨年からずっと見たかった「ALWAYS 三丁目の夕日」。
【劇場映画】 ALWAYS 三丁目の夕日 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に残
ALWAYS 三丁目の夕日 (Extremelife)
西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジュブナイル」「Returner リターナー」の山崎貴 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (東京ミュービー日記)
ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ ほか? 毎日、雨続き。 梅雨ですかね? うっとうしいなぁ・・・。 なんとかならんですかね。 今週末に広島出張を控え、バタバタです。 ? さて ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (土曜の夜は・・・)
story 西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジ
ALWAYS 三丁目の夕日 (土曜の夜は・・・)
story 西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジ
CINEMA●STARR「ALWAYS三丁目の夕日」 (しっかりエンターテイメント!)
監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、堀北真希 ALWAYS 三丁目の夕日 通常版  昭和33年、東京タワーが完成したこの年、夕日町三丁目の個性的な面々が巻き起こす、笑いあり、涙あり、心温まるストーリー。     心温まるエピソードの ...
■ALWAYS/三丁目の夕日 (ルーピーQの活動日記)
これは昭和33年、建設中の東京タワーを望む下町・夕日町三丁目の物語。六子(堀北真紀)は集団就職で上京して来たが、就職先は小さな自動車修理工場“鈴木オート"。立派な会社を想像していた六子は失望してしまう。一方で、鈴木オートの向かいで駄菓子屋を営 ...
【邦画】ALWAYS 三丁目の夕日 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力3/テンポ3/合計40) 『評論』 あれ
ALWAYS 三丁目の夕日 (Yuhiの読書日記+α)
 実はこの映画、今年の夏休みにスイスへ旅行に行った帰りの飛行機の中で見ていたのです。邦画には特に興味もなかったし、ましてや昭和30年代の日本なんて、古臭そうで全然興味なかったのですが、日本語で見ることのできる映画というのが、これかアニメくらいし ...
だって主演が嫌いなんだもん『ALWAYS 三丁目の夕日』 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
『ALWAYS 三丁目の夕日』芥川龍之介ならぬ茶川竜之介なる主演のY氏が嫌いなので、テレビ放送まで待っていた(爆)まぁ『椿山課長の七日間』で泣かせてくれた須賀健太くんが見たかったんだけどさぁ、やっぱ巧いさすがROBOT CGと模型を上手く組み合わせてる~本物 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (kasumidokiの日記)
always 三丁目の夕日 発言者:→宵里、
50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
昭和33年、東京の下町。ある日、町工場の鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきた。大きな自動車会社を想像していた六子はイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (2005年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★★☆☆ 昭和33年。私にとっては知らない時代の話。だ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アートの片隅で)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...
ALWAYS 三丁目の夕日 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『携帯もパソコンもTVもなかったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。』  コチラの「ALWAYS 三丁目の夕日」は、去年大ヒットして日本アカデミー賞をほぼ独占しちゃったノスタルジックな人情モノなんですが、早くもTV放映されていましたので、観ちゃいまし...