極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

借りぐらしのアリエッティ (2010) 94分

2010-07-18 18:38:28 | 日本映画(映画館)
 父ポッドと母ホミリーに囲まれ3人で静かな暮らしを営む14歳の少女アリエッティ。彼らは、郊外のある広大な古い屋敷の床下に住み、一家の生活に必要なモノを床上に住むふたりの老婦人に気づかれないようにこっそり借りてきて暮らす、“借りぐらし”の小人たち。彼らの日常には危険がいっぱい。とくに人間は要注意。もし見られたなら、そこから引っ越さなければならない。


 映画館 ★★★☆


 凄く丁寧な書き込みと、メチャリアルな効果音、そして素晴らしい音楽・・・そういったビジュアル的な面では万点をあげたいんですが・・・

 ただ、お話があまりにも「普通」なのでドラマ性が少ないのと、大竹しのぶの声があのキャラクターにあってないのが残念でした。もう少しポチャポチャっとした・・・そうそう、「魔女の宅急便」でのおソノさんみたいなキャラだったらなぁって思いました。

 人間に見られたら、引っ越さなければいけないという「掟」を破ることを期待したんですね・・・私は(笑)ちょっと甘かったのかなぁ・・・

 あと、一番びっくりしたのは、この映画については予告編で観ただけでまったく何の知識もなかった私なんですが、舞台が日本の東京だったってことかも(笑)確かにアリエッティって名前は音的にもすごくいいんですが、日本の名前でもよかったんじゃ?

 で・・・これも単純なイチャモンなんだけど、子ども達は絶対に

「借りてへんやん!どろぼうやん!」って思うんだろうなぁ(笑)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インセプション (2010) INCEPTIO... | トップ | プレデターズ (2010) PREDATORS ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見ました。 (シウ)
2010-07-22 22:36:31
シウもホミリーが
アリエッティのおばあちゃんみたいって思いました。
もう少し可愛いお母さんにしてほしかったかも。
でもそれだと普通で、
あのアンバランスさが良いのかしら。
個人的な好みなのですが(笑) (しんちゃん)
2010-07-23 07:58:17
★シウちゃん
私はぽっちゃりタイプがすきなのね(笑)
なので、やっぱあのキャラはなぁ(笑)

Unknown (Ageha)
2010-07-24 00:54:40
確かにホミリーはオカンていうよりおばあちゃんぽかったな~。
もう少し若さがあっても(わわわわわ)

小人の靴屋じゃないけど
人の知らないとこでこういうことが起きてるんだよって、いるんだよって、
そういう夢とかファンタジーの部分で
もうむっちゃ好きな世界なんで
かなり甘い評価だったかもしれませんが
どうもみなさんみてると辛口だな。

期待度の高さにずっと答えてきたし
そのプレッシャーと戦いながら作ってるわけです。
他のアニメにくらべてどうしても
人のハードルがむっちゃ高い。
実際しんどいでしょうね。原作があってもなくても。

ひさびさトトロ見てた。
ナウシカにしてもラピュタにしても
スピード感だけじゃなくて
ドラマの抑揚というか気持ちがもっと揺れた。
その気持ちの上下がほとんどないってのが
若干不満なとこなんでしょうね。
難しいよね (しんちゃん)
2010-07-24 08:31:43
★Agehaちゃん
私は「もののけ姫」「千と千尋」「ゲド」「ハウル」などよりも、ポニョやこのアリエッティの方がすきなのね。
たとえば初期の「ナウシカ」「ラピュタ」よりも「トトロ」「魔女宅」の方がすき(笑)

 もっとも一番すきなのは「パンダコパンダ」だったりするんだけど(笑)

 子ども向けで、大人も楽しめるほうがいいと思うわけで、小学校低学年で理解できないようなアニメはもひとつだなぁ・・・

 なのでこの作品は確かにこどもが観てもめちゃよくわかる。よくわかるからこそ、もう少しドキドキしたかったかも(笑)
こんにちは~♪ (由香)
2010-07-26 16:15:53
お邪魔します♪

一緒に観た息子が、「あれはただの泥棒だよね」と言っていました(笑)

大竹さんの声が合わないと思いましたよ~
あと樹木さんもなぁ~イマイチだったような。

でも、何となく癒される感じが好きでした♪
(⌒▽⌒)アハハ (しんちゃん)
2010-07-26 22:03:34
★由香ちゃん
昔の日本なら、ご近所でちょっと調味料を借りるなんてあったやん?
もちろん泥棒じゃないんだけど、その借りたものは返さずに、他の形で返してたなぁ・・・

 そういう感覚の「借りぐらし」なんだろうか?
彼らが住む事によって、その家は守られるみたいな(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画『借りぐらしのアリエッティ』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、米林宏昌。企画、宮崎駿。脚本、宮崎駿、丹羽圭子。プロデューサー、鈴木敏夫。
「借りぐらしのアリエッティ 」生存競争の先にみたアリエッティとの共存に理解した少年と理解なきおばさん (オールマイティにコメンテート)
7月17日公開の映画「借りぐらしのアリエッティ 」を鑑賞した。 この映画はスタジオジブリ最新作品で、 家の下に暮らす小人たちが人間に見つからないように 食料などを借りながら暮らしていたが ある日少年にみつかり引っ越さなければならなくなり 生存を掛けて生...
「借りぐらしのアリエッティ」 小さな小さなアリエッティが持つ大きな大きな生命力 (はらやんの映画徒然草)
スタジオの名前自体がブランドと化しているアニメーションスタジオが日米にそれぞれあ
劇場鑑賞「借りぐらしのアリエッティ」 (日々“是”精進!)
「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞してきましたとある古い家の床下に暮らす小人一家と人間の交流を描いたスタジオジブリ製作のファンタジー・アニメ。原作は1952年にイギリス...
借りぐらしのアリエッティ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
いつも注目してしまうジブリ作品を鑑賞―【story】古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家のアリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよ...
『借りぐらしのアリエッティ』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
スタジオジブリの最新作で、原作はメアリー・ノートンの『床下の小人たち』。 初日初回での鑑賞となったが、客の入りは小さなスクリーンなら6割程度というところ。実際は一番大きなスクリーンを宛がわれていたので、ガラガラという方が近い。 絵が綺麗で、音楽も美し...
スタジオジブリ 最新作【借り暮らしのアリエッティ】を観て♪♪♪ (MY ALL)
当ブログにご訪問の皆様、こんばんは!!三連休の2日目日曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。今日も昨日に引き続き朝っぱらから爽快な青空と強い陽射しの太陽が照りつける程の真夏...
『借りぐらしのアリエッティ』 なぜベンツに乗っているのか? (映画のブログ)
 ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと...
借りぐらしのアリエッティ (だらだら無気力ブログ)
メアリー・ノートンの小説『床下の小人たち』を原作に、スタジオ・ジブリ の宮崎駿が脚本を書き、長らくジブリ作品に関わってきた米林宏昌を初監督に 抜擢し、舞台をイギリスから日本に設定移し、人間の少年と小人の少女・ アリエッティとのある夏の数日間の出会いと別...
借りぐらしのアリエッティ (Akira's VOICE)
飽きのこない「あっさり爽やか味」  
映画「借りぐらしのアリエッティ」 (FREE TIME)
話題の映画「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞。
『借りぐらしのアリエッティ』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌 □脚本 宮崎 駿 □原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林■鑑賞日 7...
借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers) (yanajun)
アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なアニメーターとして評判の米林宏昌さんが務めました。 先日、劇...
『借りぐらしのアリエッティ』 (★we were on a break★)
“アリエッティ”という響が気に入っていたという宮崎監督。
映画:借りぐらしのアリエッティ 今、この物語を映画化する「意味」とは。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログでは、通常ネタバレしないように最大の配慮をしているつもり。 なのだが、今回に限ってはラストにふれることで、この映画の価値について論述したいので、あらかじめ。 【以下、ネタバレ】 ラスト、主人公アリエッテイは、生まれた時から住み続けた借りぐらしし...
角砂糖で捕まえてはいけない。(違)~「借りぐらしのアリエッティ」~ (ペパーミントの魔術師)
人間に見られてはいけない・・・って いきなり見られとるやんけ。(笑) Agehaはもう妖精とか小人とかこういうファンタジーは むっちゃ大好きなんで もうこの世界観からしてメロメロなんですね。 トトロを思い出すかのような自然にかこまれた空気のええとこで 美しいガ...
[映画『借りぐらしのアリエッティ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆宮崎監督ではないジブリ作品だ。  実は、あまり興味がなく、文句をつけようとして観に行った。  翻って、昨今のジブリ作品の低評価の原因とされる、最近の宮崎駿の支離滅裂さが、実は、どんなに素晴らしいものであるかを私は語ろうと思っていたのだ。 「ポニョを出...
ジブリらしいヒロインが帰ってきた!『借りぐらしのアリエッティ』 (水曜日のシネマ日記)
スタジオ・ジブリの最新アニメ映画。古い家の床下に暮らす小人一家と人間との関係を描いた作品です。
『借りぐらしのアリエッティ』完成披露試写会@東京国際フォーラムホールC (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
こちらも行きました『借りぐらしのアリエッティ』舞台挨拶×2@TOHOシネマズスカラ座&「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」企画・脚本:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」東京国際フォーラムホールCで行われたスタジオジブリ最新作『...
床下の小人たち~『借りぐらしのアリエッティ』 (真紅のthinkingdays)
 心臓病を患う少年・翔は、田舎にある母親の実家へ避暑にやって来る。広大な 敷地に建つ屋敷の床下には、小人の一家が住んでいた。翔は偶...
「借りぐらしのアリエッティ」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 スタジオジブリ待望の最新作は、ロンドン出身の女流作家メアリー・ノートン「床下の小人たち」原作。心臓に病を持つ12歳の少年・翔が、病気療養のために訪れた母の育った屋敷で...
借りぐらしのアリエッティ レビュー(ネタバレあり) (無限回廊幻想記譚 別宅)
 【ストーリー】 心臓病を抱えた少年・翔(声:神木隆之介)は、手術までの療養の期
借りぐらしのアリエッティ (映画的・絵画的・音楽的)
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。 ...
借りぐらしのアリエッティ 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
借りぐらしのアリエッティ (単館系)
メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原作 アニメ制作はご存知スタジオジブリ 主演ふたりはドラマ探偵学園Q以来の共...
★「借りぐらしのアリエッティ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 ジブリ作品だけど、宮崎駿は企画・脚本。 鈴木敏夫はプロデューサー。
『借りぐらしのアリエッティ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 借りぐらしのアリエッティ 』 (2010)監  督 :米林宏昌キャスト :志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、 樹木希林 メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原...
借りぐらしのアリエッティ (銀幕大帝α)
10年/日本/94分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開 監督:米林宏昌 プロデューサー:鈴木敏夫 企画:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン『床下の小人たち』 脚本:宮崎駿 主題歌:セシル・コルベル『Arrietty's Song』 声の出演:志田未来、神木隆之介、大竹...