極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

父親たちの星条旗 (2006) FLAGS OF OUR FATHERS  132分

2006-10-28 18:41:38 | 外国映画(映画館)
 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を熱狂させた。星条旗を掲げる6名の兵士、マイク、フランクリン、ハンク、レイニー、アイラ、ドクは一躍アメリカの英雄となるのだった。しかし、その後祖国に帰還したのはドク、アイラ、レイニーの3人だけだった。

映画館 ★★★★

 この写真・・・私は子どもの頃から色々な戦争モノの本で見てきましたし、この写真の裏に隠された真実・・・そう、この映画で描かれた「銃後のアメリカ」を勇気付けたって話も知っていましたが、やはり文章で読むのと、こうして映像で見るのとでは印象が全然違いました。

 「銃後」って言葉は近所のお年寄りとのこんな話を思い出します。

「で、おっちゃんは戦争へ行ったん?」
「いや、外地には出てないから戦争へ行ってへんねん」
「でも、兵隊として徴兵されたんやろ?」

 どうやら「現役」の人たちは内地で従軍することは「戦争へ行った」とは言わないみたいです。当たり前っていえば当たり前かもしれませんが、やはり外地で祖国日本のために戦ってきた人のことを思うと、戦争へ行ったとはいえないのかもしれません。私にすれば、徴兵され軍隊に入れば戦争へ行ったって認識なんですが。

 こうして、戦地には出向かなく、味方の銃の後ろに控える・・・すなわち「祖国」のことを銃後といいます。もちろん一般国民もすべて「銃後」なわけですね。

 映画の感想から完全に横道にそれてます(爆)
「プライベート・ライアン」を思い出させる硫黄島上陸からの戦闘シーンはすごい迫力でしたが、あの映画ほど「ムチャ」はしていません(笑)
 で、おかしなもので、日本人である私たちはやっぱこの映画の場合、アメリカ側の眼で見てしまうのよね(笑)日本語で色々な悲鳴が聞こえてきて、初めて「ああ・・・これは日本とアメリカが戦っているんだなぁ」なんて再確認させられるんですが、まあそれは12月9日公開の「硫黄島からの手紙」まで涙はとっておかないとね(笑)

 日本でも・・・たとえば時代は違いますが「爆弾(肉弾)三勇士」とか「木口二等兵はラッパを死ぬまで放しませんでした」とか・・・「銃後」の精神的高揚を促すような「美談」はありました。彼らはもちろん犠牲になったわけですが、この映画では生き残った3人の苦悩がとてもよくわかります。

 日本の戦争映画・・・たとえばつい先日の「出口のない海」でもそうでしたが、軍人にとっては生きて帰ることはとても「恥」だったのかもしれません。勝ったアメリカですらこうだったわけです。

 硫黄島での激しい戦闘シーンと、帰国して「ヒーロー」として全国を国債を買ってもらうための「人寄せパンダ」として行脚するシーン、そしてそれを今現在回顧するシーン・・・3つのシーンに分かれていますが、実はすごく物静かで、優しい映画のような印象を受けます。

 「ミリオンダラーベイビー」の時にも感じたんですが・・・
この映画もイーストウッドは音楽を担当しています。
ひょっとしたら彼は音楽の才能が一番優れているんじゃないかな?
それほど胸に染み入る音楽でした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (21)   トラックバック (63)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虹の女神 Rainbow Song (2... | トップ | 10月11月の公開作品(井戸端... »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (えふ)
2006-10-28 20:25:31
ラストのピアノのエンディングが、

胸にしみました~。

イーストウッドは音楽の才能がありますよね~。
(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2006-10-28 20:38:49
★えふさん

エンディングがめちゃ優しかったので、印象が随分変わりますよね。

音楽がすごくよかったです。
いい映画だったね・・・ (しぃちゃん)
2006-10-28 22:17:02
最後のエンディングまでが物語でしたものね・・・

押し付けがましくなくて淡々としていましたね。



やさしくてそれでいて重みのある映画でした。

さてさて・・・

”硫黄島からの手紙”はやっぱり日本の戦争映画なんだろうなぁ・・・(^▽^;)
そうだなぁ (しんちゃん)
2006-10-28 22:40:35
★しぃちゃん

ただ・・・イーストウッドの監督作品だから、メチャ興味はあるよ

戦勝国が敗戦国の戦争の映画を撮るの・・・

どんな感じになるかめちゃ楽しみ
音楽がいい♪ (kossy)
2006-10-29 08:59:47
音楽はよかったですね~

ミリオンダラーと似たような曲調でしたが、

イーストウッドの優しさ溢れる音楽。

しみじみ・・・

こんにちは (ぷちてん)
2006-10-29 12:22:00


骨太なんだけど、監督のやさしさも感じさせる映画ですね。



あの情報操作されるというのは、どこの国でもあるのでしょうが、恐ろしさを感じました。

それを全く疑うことなく、一種異様な雰囲気で国民が熱狂していくのも。



TBいただいていきます。
観れないなあ・・・ (しまりす)
2006-10-29 17:43:53
つい最近も祖父を囲んでのランチをしてきて

祖父が戦争のことをたくさん話すのね。最近。

やっぱり戦争の話はどんどん見るのがつらくなってきて

ちょっともう観れないなあ、って思います。



戦争っていいことないもんね。

どっちが正しいってことなんてないし。

結局は人殺しだからさ。

こういう映画が本当に無益な殺し合いへの抑止力に少しでもなってくれればいいのですが。
ですよね(=^_^=) (しんちゃん)
2006-10-29 17:47:12
★kossyさん

老いてなお盛ん・・・っていっちゃ失礼だけど、「いぶし銀」って言葉では表現できない何かがありますよね。顔は相変わらず怖いけど(笑)

彼の撮った普通の恋愛映画も見て見たいな



★ぷちてんさん

国家の高揚のためには「大本営発表」も致し方ないと思います。

今もなおそういうのがあるんでしょうね。



「硫黄島からの手紙」も楽しみですよね
難しいよね (しんちゃん)
2006-10-29 17:55:41
★しまりすちゃん

私たちの先輩たちが頑張って戦ってくれたわけだし、今の日本があるのも、先輩たちのおかげ

もちろん今の世の中が悪いって意見もあるのも事実。

私は過去の戦争が「無益」とは言いたくないのよね。



もちろんアメリカの最近の戦争映画はどれもこれも「反対」の立場をとってるんだけど、こういう運動がアメリカ国家を変えてくれれば良いんだけど。



でも、「戦争」の雰囲気を持つ「SF映画」などで、徹底的な好戦映画もあるしね(^^;
音楽 (にら)
2006-10-31 19:45:47
『許されざる者』のテーマ曲にも似た、センチメンタルなギターソロがいいですよね。

てなわけで、TBありがとうございました。
ひょっとしたら・・・ (しんちゃん)
2006-10-31 21:18:48
★にらさん
曲調はワンパターンかもしれないね(笑)

でもね・・・なかなか泣かせる音楽だと思います。
Unknown (ケント)
2006-11-05 22:06:34
こんにちはケントです。TBお邪魔します。
この映画は、テーマとしては素晴らしいし、二部作として日米それぞれの言い分を、公平に描こうとしている姿勢はりっぱだと思いました。ただレベルの低い自分には、いまいちドラマ性が感じられず、感情移入出来なかったのが残念です。
言い分? (しんちゃん)
2006-11-05 23:26:40
★ケントさん
それぞれの立場で戦争を見つめなおすってことじゃないかな?もちろんアメリカの人に日本人の言い分なんてわからないはずだし。

少なくともこの作品は「敵」に対しての憎しみ等は描かれていませんでしたね
音楽 (shoegirl)
2006-11-17 23:14:09
クリントなんですね。
良かったです。

クリントが戦争に行った人々へ
優しい心で作った映画だということがよく伝わりました。
人々は善悪を分けたがるけど
何が善で何が悪なのか・・・。
今も新たに同じ悲しみを背負う人々がアメリカにはいるのですよね。
自分が信じるもの (しんちゃん)
2006-11-17 23:40:38
★shoeちゃん
戦争という状況の下では、祖国であり、宗教であり、家族であり、友であり・・・これが「善」だと思います。これらを守るために戦うわけですよね。

簡単に言ってしまえば「経済」の戦いなわけで・・・
お金のために戦うわけです。

そしてまた自らが決めた「正義」という大義名分のためにアメリカは戦い続けるんでしょうね。
*こんばんは (ダーリン/Oh-Well)
2006-11-19 20:37:02
☆しんちゃん、こんばんは!
エントリー、拝読しました。

最初に書かれていた「銃後」という言葉ですが、喋り言葉の中では殆ど機能しないものと為っているものかもしれない…、ある年代以下の人たちには、戦争という文脈でお喋りをしている中で「銃後」と言っても理解されなかったりするのでは…などと不図思ったりしました。

***

さて、『父親たちの星条旗』ですが、一つには、本作に於ける主人公の「硫黄島」従軍、参戦から最晩年までの描写法と云うもの自体が僕に取っては目を見張るものでした。最早今を生きる殆どの人が当時の硫黄島の戦場など知り得ないとも言えるわけですし、当時の兵士たちですら、今、殆どが80才以上であって、増して記憶は薄れて行く一方でしょうから、最晩年にある主人公の悪夢として甦るもの、主人公の息子が当時を知る老人たちに取材する中に重ねられて行く回想映像、その中にある父親、アイラたちから更にフラッシュバックするものなどによって徐々に当時の戦場や戦時下のアメリカが観客に垣間見えてくるというこの描き方は、僕に取っては納得の行くものでした。

僕は、『硫黄島からの手紙』が公開される前に、もう一度、スクリーンで本作を観ておこうと思っています。

それではまた~!
そうですよね(^^; (しんちゃん)
2006-11-19 20:54:23
★ダーリン/Oh-Wellさん
戦争のことは「忘れたい過去」でもあり「伝えたい過去」でもあるのはアメリカも日本も同じなんでしょうね?
ただ・・・我々にとっては「太平洋戦争」が戦争であるけれど、アメリカにとっては「戦争」って言えば何になるんでしょう。
「WAR」って大文字で書いたら南北戦争でしたね(^^;
観たよ~ん・・ (はむきち)
2006-11-21 15:38:45
しんちゃん・・観たよ~ん。。
こんな感じの戦争映画を観たのは初めてで・・
流石はイーストウッド!!凄いなぁ~と思いました!!
いつものしんどさがなくて、よかったです。。
本当・・音楽♪よかったね~。。!!
硫黄島での・・・ (しんちゃん)
2006-11-21 19:26:53
★はむきっちゃん
戦闘シーンとアメリカを国債買ってちょうだいなツアーとの温度差が面白かったよね
たぶん、戦闘シーンはスピルバーグの意向が随分取り入れられてると思います。
そのほかの部分がイーストウッドって感じでした。

「硫黄島からの手紙」は・・・やっぱ泣けちゃうんだろうなぁ(^^;
Unknown (exp#21)
2007-09-12 15:06:29
イーストウッドの思いが伝わる、いい映画でした。日本人にも覚悟をもって戦争映画作る人出てこないかな~。
私は・・・ (しんちゃん)
2007-09-12 23:15:56
★exp#21さん
「硫黄島」よりもこちらのほうが好きです。
映画としてみても面白いしね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

63 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
父親たちの星条旗 (Lovely Cinema)
2006/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:ライアン・フィリップ(ドク)    ジェシー・ブラッドフォード(レイニー・ギャグノン)    アダム・ビーチ(アイラ・ヘイズ)    バリー・ペッパー(マイク・ストランク)    ポール・ウォ ...
父親たちの星条旗 (Lovely Cinema)
2006/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:ライアン・フィリップ(ドク)    ジェシー・ブラッドフォード(レイニー・ギャグノン)    アダム・ビーチ(アイラ・ヘイズ)    バリー・ペッパー(マイク・ストランク)    ポール・ウォ ...
■週末の学び10/27「硫黄島」~父親たちの星条旗-硫黄島からの手紙~ (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
超話題作です! いよいよ封切りです。
父親たちの星条旗 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ&戦争  監督:クリント・イーストウッド  出演:ライアン・フィリップ      ジェシー・ブラッドフォード      アダム・ビーチ      ジョン・ベンジャミン・ヒッキー 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本 ...
父親たちの星条旗 国際映画祭 (メルブロ)
父親たちの星条旗 上映時間 2時間12分 監督 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード アダム・ビーチ ジェイミー・ベル 、バリー・ペッパー 評価 7点(10点満点)  東京国際映画祭のオープニングで鑑賞。 ...
『父親たちの星条旗』 (**Sweet Days**)
監督:クリント・イーストウッド CAST:ライアン・フィリップ 他 STORY:太平洋戦争以来、最も多くのアメリカ軍の犠牲者が出ていた硫黄島の戦い。その壮絶な戦いの末、兵士達が摺鉢山に星条旗を掲げる写真が話題になる。そして、その写真に写っている、ジ ...
父親たちの星条旗 (ネタバレ映画館)
 迫力ある硫黄島上陸シーン。血圧が上がって倒れるかと心配したけど、正常値だったようだ。
「父親たちの星条旗」 Flags of Our Fathers (俺の明日はどっちだ)
残酷なまでにリアルでスケール感のある戦闘シーンがたびたび描かれながら、そこから伝わってくるのはとても静かでクールにすら感じられる問いかけ。「戦争とは」「英雄とは」そして「誰のために戦い、死ぬのか」。 太平洋戦争における最も象徴的な写真のひとつと ...
父親たちの星条旗 (ぷち てんてん)
見てきました。硫黄島の戦いをアメリカ側から描いたこの映画。日本側から描いた「硫黄島からの手紙」も見なくてはと思います。同じ戦いを双方からの視点で描くという事で、やはりどちらも見なくてはと思いますよね。☆父親たちの星条旗☆クリント・イーストウッド ...
父親たちの星条旗 (★試写会中毒★)
満 足 度:★★★★★★★       (★×10=満点) 監  督:クリント・イーストウッド キャスト:ライアン・フィリップ       ジェシー・ブラッドフォード       アダム・ビーチ       ジェイミー・ベル       バリ ...
父親たちの星条旗 (Good job M)
公開日 2006/10/28監督:クリント・イーストウッド 「ミリオンダラー・ベイビー」、「マディソン郡の橋」出演:ライアン・フィリップ/ジェシー・ブラッドフォード/アダム・ビーチ 他【あらすじ】太平洋戦争末期、連合国軍に対する日本の最後の砦となった硫黄島 ...
父親達の星条旗 (そーれりぽーと)
映画監督クリント・イーストウッドが、名作『ミリオンダラー・ベイビー』の次に撮る映画はアメリカ目線の太平洋戦争映画。と、当初聞いていたのですが、蓋を開けてみると日本目線の映画と同時に撮影をしていたらしい。 そこはかとなくガッカリしていたのに、なんだ ...
父親たちの星条旗 (Diarydiary!)
《父親たちの星条旗》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - FLAGS OF
「父親たちの星条旗」英雄の存在しない戦争で英雄に祭り上げられた兵士の苦悩 (オールマイティにコメンテート)
「父親たちの星条旗」は太平洋戦争末期の1945年2月の硫黄島攻防戦をアメリカ、日本双方から描かれる事で注目の作品で、第1部はアメリカ側から描かれた作品となっている。攻防戦になると当然攻める側と守る側に分かれるが、今回は攻めて勝利したアメリカ側か ...
父親たちの星条旗 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
                評価:★9点(満点10点) 2006年 132min 監督:クリント・イーストウッド 主演:ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード     アダム・ビーチ ポール・ウ ...
「父親たちの星条旗」に「ゲームの規則」を見た (映画と出会う・世界が変わる)
「父親たちの星条旗」を見たのが、ジャン・ルノアールの「ピクニック」を見て約2時間後であったからだろうか、この映画はイーストウッド版「ゲームの規則」ではなかろうかと思った。「この世界には恐ろしいことがひとつある。それはすべての人間の言い分が正しい ...
「父親たちの星条旗」から「肉弾三勇士」を思い出す (映画と出会う・世界が変わる)
帰国した硫黄島の英雄たちが駆りだされたのは「戦時国債販売キャンペーン」であった。この「国債販売キャンペーン」といえば、キャロル・ロンバートを思い出す。当時はハリウッドスターたちも多くこのキャンペーンに駆りだされて、彼女もその1人であった。そのイ ...
映画「父親たちの星条旗」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年60本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメリカ側、日本側それぞれの視点から描く2部作の第1弾。 ...
父親たちの星条旗 2006-59 (観たよ~ん~)
「父親たちの星条旗」を観てきました~♪ 太平洋戦争の末期、硫黄島へ向かうアメリカ海兵隊。5日で終わるはずの戦闘が、攻略するんに5倍以上の日数を要するほどの徹底抵抗にあった。ちょうどアメリカ本国内では、長引く戦争に対する嫌悪感が噴出し始めていた ...
超ド級の戦争ドラマ『父親たちの星条旗』★★★★★ (The MouvieBuff Diaries)
(c)2006 Warner Bros. Entertainment Inc. and DreamWorks L.L.C.  アメリカ軍が日本とサイパンを結ぶ中間点にある外周わずか22kmの硫黄島に上陸したのは1945年2月19日。上陸作戦の主力だった海兵隊は、栗林忠道中将率いる日本陸軍兵22,000人の決死の猛反撃に ...
「 父親たちの星条旗 / Flags of Our Fathers (2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド  / 製作 : スティーヴン・スピルバーグ
父親たちの星条旗 (Akira's VOICE)
やりきれない悲しみと苦しさの後ろから, 人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。
『父親たちの星条旗』 (ねこのひたい~絵日記室)
今回、旗を立てるのは、硫黄臭漂うハートブレイクリッジか。3度目のオスカーか。
父親たちの星条旗 (悠雅的生活)
戦争を語るのは、戦争を知らない者たちだ
「父親たちの星条旗」 (しんのすけの イッツマイライフ)
映画のジャンルに、 記録映画とドキュメンタリーと、 フェクションとノンフェクションがあるならば、 この「父親たちの星条旗」は、 限りなく記録映画を見ている気持ちになる、 ドキュメンタリーに見えるノンフェクション映画。
父親たちの星条旗 (欧風)
28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目に観たのは「虹の女神」。 そして2本目に観たのが
【劇場映画】 父親たちの星条旗 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 第二次世界大戦末期、後に硫黄島陥落のモニュメントとなった、“摺鉢山にアメリカ国旗を掲げる5人の海兵隊員と1人の海軍兵士の写真”のエピソードを基に、アメリカ側の視点で描く。その写真は、長引く戦争に疲弊したアメリカ国民の士気を上げるた ...
「父親たちの星条旗」:上野広小路バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あのアメリカの旗をデザインした看板は何? {/kaeru_en4/}アメリカ屋。いろんなアメリカ製品を売ってる。 {/hiyo_en2/}旗とかも売ってるのかしら。 {/kaeru_en4/}硫黄島で最初に立てたほうの旗も売ってたりしてな。 {/hiyo_en2/}まさか。 {/kaeru_en4 ...
父親たちの星条旗 (とにかく、映画好きなもので。)
   硫黄島をアメリカと日本、両方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督のアメリカ側視点の作品。  あの写真はあまりにも、鮮烈すぎた。  スクリーンに現れるだけで、ハッとしてしまう写真。冒頭から一葉の写真が披露される。これは ...
父親たちの星条旗 (とにかく、映画好きなもので。)
   硫黄島をアメリカと日本、両方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督のアメリカ側視点の作品。  あの写真はあまりにも、鮮烈すぎた。  スクリーンに現れるだけで、ハッとしてしまう写真。冒頭から一葉の写真が披露される。これは ...
真・映画日記(5)『父親たちの星条旗』 (CHEAP THRILL)
(4から) シネ・アミューズを出て渋谷駅へ。 人混みでまいる。 なんとかかきわけながらJR山手線で新宿に移動。歌舞伎町のコマ劇場前の映画街へ。 『父親たちの星条旗』はミラノ座で上映。 スクリーンがでかくていい。 『父親たちの星条旗』は悪くはな ...
人間の愚かさを痛感する 【父親たちの星条旗】 (犬も歩けばBohにあたる!)
この映画を見るまで、硫黄島のことを全く知りませんでした。 名前ぐらいは聞いたこと
FLAGS OF OUR FATHERS 『父親たちの星条旗』 (銅版画制作の日々)
この一枚の写真が戦争を終わらせた。その真実とは・・・。2006年8月、ひとりの写真家がこの世を去った。ジョー・ローゼンタール、享年94歳。61年前彼が撮影した一枚の写真が、太平洋戦争の運命を変えた・・・・・。 その写真は1945年2月23日、日 ...
【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。
勝っても負けても戦争に英雄などいない!【父親たちの星条旗】(2006年15本目) (ON THE ROAD)
映像技術の進化とともに映画が変わりつつあるような気がする。 いや新しい力が生まれつつあるというべきかも。 この前観た『ワールド・トレードセンタービル』に続き、 今回も観終わった後にそんな印象を受けた。 あらすじなどは、 こちらの『父親たちの星条旗 ...
父親たちの星条旗 (琴線~心のメロディ)
【2006年10月28日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】※ノン・フィクション系 【観た場所:T-JOY東広島】 面白かった度:★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★ くそっ! がんばってナイトショー観に行ったのに今日は1,800円かよ! しかも、ケ ...
父親たちの星条旗 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  三連休の初日というせいか、588座席を誇る「新宿ミラノ2」が、ほぼ満席状況であった。どうやらクリント・イーストウッド監督は、名監督の仲間入りというか、ブランド名となったようである。  イギオロギー色が強過ぎるためか、物語自体は非常に退 ...
父親たちの星条旗(2006/アメリカ/クリント・イーストウッド) (CINEMANIAX!)
【新宿ミラノ座】 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国 ...
★「父親たちの星条旗」 (ひらりん的映画ブログ)
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。 日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。
『父親たちの星条旗』in箕面 (☆えみたんの日記帳☆)
だいぶ書くのが遅れてしまった!! 先週映画「父親たちの星条旗」を観てきたよ♪ ストーリー 太平洋戦争の末期、硫黄島では日米軍による戦闘が開始されようとしていた。 アメリカ軍は当初、5日もあれば硫黄島は落ちると目していたのだが、その予想は外れ、日本 ...
『父親たちの星条旗』この映画を見て! (オン・ザ・ブリッジ)
第125回『父親たちの星条旗』「戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。」  今回紹介する映画は太平洋戦争においてアメリカにとって最大の激戦地だった硫黄島の戦いを描いた『父親たちの星条旗』です。この映画はハリウッドの戦争映画にはしては珍しく日米双方の ...
【映画】「父親たちの星条旗」評 (われおもふこと)
今話題の日米双方の視点から描いた「硫黄島二部作」の第一作目である「父親たちの星条旗」http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/―――を、見てきた。先ずは、米国側から見た硫黄島の戦いである。硫黄島の戦いhttp://blog.livedoor.jp/yamato26840/archive ...
父親たちの星条旗by高村英次さん (試写室だより ただいま編集中!)
メールマガジン「試写室だより封切はこれからだ!」最新号(第七号)から、『父親たちの星条旗』のコメントを続けます。札幌の映画ライター高村英次さんは、裏ベストにご選出でした。当然ベストに入れるべきですが、公開中なので裏ベストに。複雑な原作をさらに複 ...
映画鑑賞記「父親たちの星条旗」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.11.3 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  オスカーを2度受賞している巨匠、イーストウッド監督が描く「硫黄島」2部作の1作目。 太平洋戦争の激戦で散った兵士たちを日米双方の視点から描き出す。 戦場を間近で見た兵士たちの思いとは ...
『父親たちの星条旗/Flags of Our Fathers』 クリント・イーストウッド監督 (物語三昧~できればより深く物語を楽しむために)
? 評価:★★★★★星5つ (僕的主観:★★★★星4つ半) ■作品を俯瞰して~職人的映画人のクリント・イーストウッド監督 素晴らしい映画だった。1945年から半世紀以上を経て、しかもイラク戦争遂行中の米国のにおいて、これほど現 ...
いつの時代も変わらない情けない出来事。『父親たちの星条旗』 (水曜日のシネマ日記)
第二次世界大戦時の硫黄島での戦いをアメリカ側の目線で描いた作品です。
「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る (はらやんの映画徒然草)
イーストウッド監督の硫黄島二部作の第一作です。 「必要が”英雄”を作るのだ」とい
「父親たちの星条旗」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
***************************** 太平洋戦争の末期、アメリカ軍は日本攻略の為に、首都・東京から南に約1,200km離れた或る島の制圧が不可欠との結論に達する。東西8km、南北4kmのこの島は、到る所で地熱が発生し、温泉も ...
父親たちの星条旗(2006年) (勝手に映画評)
タイトル 父親たちの星条旗 ---感想--- 第二次世界大戦末期の硫黄島の攻防戦が舞台。その中でも、有名な擂鉢山に星条旗を掲げた5人のアメリカ兵に関しての、アメリカ側の視点でのその後のエピソードです。日本側の視点から描かれる『硫黄島からの手紙』が年末に ...
■〔映画鑑賞メモVol.14〕『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)& more... (太陽がくれた季節)
1.『サラバンド』(2003/ベルイマン)鑑賞プチ・メモ≪→こちら≫ 2.『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)鑑賞メモ≪→こちら≫ 3.『百年恋歌』(2005/ホウ・シャオシェン)鑑賞前メモ≪→こちら≫ おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです。 ...
父親たちの星条旗 (はむきちのいろいろ日記)
太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を熱狂させた。星 ...
TEPPY的映画感想「父親たちの星条旗」 (エンタメ狂の詩っ!!)
ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人が、長い人生に別れを告げ、最期の時を迎えようとしている。彼の名前は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。 1945年、海軍の衛生兵として硫黄島の戦いに赴き、そこで撮られた1枚の写真によってアメリカ中から“英雄”と ...
映画『父親たちの星条旗』を観て (KINTYRE’SDIARY)
原題:FlagsOfOurFathers(アメリカ)公式HP上映時間:132分鑑賞日:11月11日 新宿ミラノ(歌舞伎町)監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド出演:ライアン・フィリップ(ジョン・”ドク”・ブラッドリー)、ジェシー・ブラッドフォード(レイニー・ギ ...
父親たちの星条旗 (ちわわぱらだいす)
見てきました~v(*'-^*)bぶいっ♪ 戦争映画は見ることは無いと思っていたんだけど。。。 他に見るのが無い!(by キャナルシティ) 蛇の飛行機が見たかったんだけどすでに夜しかない。 あとはほとんど邦画怜 てことでこれ。 う~ん。戦争の描写がす ...
父親たちの星条旗 (利用価値のない日々の雑学)
「ミリオンダラー・ベイビー」で、本当は凄い人なのじゃないかと自己の考え方を大きく変えたこのクリント・イースト・ウッド監督作品は、その筆者の「思い入れ」を更に強いものにしてくれた。この作品、「ミリオン~」のイーストウッド(敢えて「ミリオン~」のと言 ...
父親たちの星条旗 (お日柄もよく映画日和♪)
更新サボリ気味のため、タイムリーなレビューにはならないけれど、 今日は「父親たちの星条旗 」について書こうと思います。 私は「ミスティック・リバー」以来、イーストウッド監督に心酔してしまっているのですが、今回の「父親たちの星条旗」も、期待を裏 ...
父親たちの星条旗(映画館) (ひるめし。)
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。
『父親たちの星条旗』’06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじアメリカ、ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人。今、彼には最期の時が迫っていた。彼の名は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。彼は1945年、太平洋戦争の激戦地として名高い硫黄島に海軍の衛生兵として出兵していた。その時撮られた1枚の写真によっ...
父親達の星条旗 (CinemA*s Cafe)
公式サイト 星条旗を掲げるあの写真の存在は知っていたのだけど、それが硫黄島での写真だったと言うことをこの映画を観て知った私。 ヒーローとしてアメリカに凱旋帰国することになった写真に写っているとさ
B.ペッパーの「グリーンマイル」+「父親たちの星条旗」 (時評親爺)
今日はネタがなく、なおかつ黄金週間でも行くところもすることもない「暇アリ金ナシ親爺」なので(笑)、うだうだしながら今週観た映画のDVD2題にした。今日は趣を変えて、ケチつけ評論にしたいと思う(苦笑)。 まずはトム・ハンクス主演の「グリーン・マイル」。...
CINEMA●STARR「父親たちの星条旗」 (しっかりエンターテイメント!)
父親たちの星条旗 監督 クリントン・イーストウッド 出演 ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、他 太平洋戦争最大の激戦地となった硫黄島の闘いを、アメリカ、日本の両側から描いた2部作の第一作。アメリカ側から見た戦争を反戦のテーマで描く。  &...
父親たちの星条旗 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『アメリカから見た硫黄島 戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。』  コチラの「父親たちの星条旗」は、硫黄島の戦いをアメリカ側の視点で描いたクリント・イーストウッド監督作品なんですが、10/28公開になったので、観てきちゃいましたぁ~♪  確か教科書に...
【映画】父親たちの星条旗…俄かイーストウッドファンなピロEK(その1) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「ハッピーフライト」の記事で予告したとおり、本日もう一個の投稿です{/face_yaho/} 今日の午前中の行動です。 モンスターハンターのイベントがあると聞き付け、友人宅に宿泊した息子を回収後、西日本総合展示場まで行ってみました{/cars_red/}{/dododo/} 結構な入場者...